So-net無料ブログ作成

日本人はものを考えなくなったのではないか? 「知の衰退」からいかに脱出するか? 大前研一著 を読む [社会]

大前研一氏の本です。

「知の衰退」からいかに脱出するか?
お恥ずかしい話ですが、私は氏の本をほとんど読んだことがなかったため、この本にはかなりの衝撃を受けました。(これはまずいと思い、すぐに氏の本を10冊くらい買い込んできて一気に読みましたが...(笑))
この本は、現在日本でおこっているさまざまな事を「集団知」という切り口で読みといているもので、多くの示唆を受けました。



ポイントは、「日本人はものを考えなくなったのではないか?」ということです。
●集団としての日本人の知能は著しく低下している ⇒ 「知の衰退」が見られる
・分数ができない大学生の増加、小中学生の学力低下
⇒ 世界最高水準と信じられた日本の初等、中等教育の崩壊
・「下流社会」の拡大
⇒ 若者が仕事や勉強に意欲を欠いている、自分の身の回り半径3m以内のことしか興味がない
・大人たちも同様に考えていない
⇒ 中国製冷凍ギョーザから農薬が検出されると検証もせずに中国食材が食卓やスーパーから消える
・政治の停滞は集団知の衰退を象徴している
⇒ 小泉自民を大勝させた同じ人たちが民主党を大勝させている

大前氏は、今の日本はバブル崩壊以降、世界の誰からも尊敬されない代わりに文句も言われない「無風状態の国」になった、今の日本の経済は一流ではないと喝破します。
●武器は頭脳
・現代の日本には緊張感がまったくない
⇒ 政府も地方自治体も個人もたるみきっている
⇒ バブル経済崩壊からぬるま湯につかっていたため
・バブルの後、世界の誰からも尊敬されない代わりに文句も言われない「無風状態の国」になった
⇒ バブル崩壊前は日本社会は考える人間の集団であり活力があった
⇒ 今の日本の経済は一流ではない

現状、日本の集団としてのIQは最低であると主張します。逆に集団IQが高い国としてシンガポールをあげています。私は知らなかったのですが、シンガポールの一人あたりのGDPは2008年に日本を抜いたそうです。日本は人口が多い分だけ全体のGDPが高いだけということになりますね。
●日本は「集団IQ」が世界でも最低な国
・バブル経済以降日本人の集団IQは低下している
・シンガポールは集団IQが抜群に高い
2008年に一人あたりGDPで日本を抜いた
・サイバー化したグローバル世界では「勝ち組」が国境を超えて「負け組」から富を奪いとる

・耐震偽装、食品偽装、外資の日本企業買収などを規制強化することが不況の原因になっています。確かに偽装は問題ですが、それによって建築費が上がる、建物が建たなくなる、食品のコストが上がるなどの不況の原因になったということです。これを大前氏は「官製不況」と名づけています。要は問題に対する施策の得失をきちんと自分の頭で考えて対応すべきだということです。例えば食品の産地偽装など昔から役人たちも加担してルールを変えていたそうです。

・マレーシア産うなぎを浜名湖で1週間泳がせたら浜名湖産のウナギになる
・北朝鮮のアサリが日本の砂浜で1ヶ月眠ったら国産アサリになる


これなどは、家庭の主婦たちが国産品にこだわるためにされていることです。国産品と輸入品の違いを本当に分かる人がいるのか? それによって価格が上げられていても良いのか?
「産地地球」と考えるくらいでちょうど良い。
官製不況
①耐震偽装 ⇒ 規制強化 ⇒ 建物の建築が遅延 ⇒ 倒産する会社が増える
②日本企業の買収を官僚が規制する ⇒ 外国人投資家が日本企業に投資しなくなる ⇒ 株価が下がる
③食品偽装 ⇒ 規制強化 ⇒ 食品のコストが上がる

さらに株価の低迷に関しても、日本企業は多くの外国企業を買収したりしているにも関わらず、日本企業が買収されそうになると制約を加えるような日本市場の閉鎖性が外国人投資家が日本から離れる原因になっていると指摘します。大前氏は、日本企業の株価は、外国人投資家が居なくなれば上限12,000円程度だろうと言います。
●日本株一人負け
・世界を見渡すと世界中の株が下がっているわけではない
・これまで外国人投資家が日本の株価を上げていた
・政治家や役人はそれを日本の実力と勘違いした
・日本人だけであれば12,000円が上限

最後に、大前氏は日本人の投資マインドのなさを指摘します。なぜ、何の疑問もなく金利の低い銀行預金や郵便局に自分の資産を預けているのか? 「もしもの時のために」と考えてせっせと貯金して平均3,500万円の金を持って死んでいくのが日本人だということは初めて知りました。
また、ゼロ金利というは私たちの利子所得を金融機関や企業の不良債権の処理のために使われたということも知りませんでした。もしゼロ金利にせずに増税して不良債権処理のために税金で対応しますと言えば当然大反対するでしょうが、ゼロ金利政策はそれを国民が気付かないように行ったということです。
このように自分がたちが自分の頭で考えないと頭の良い人たちに自分たちの資産を持って行かれることになるのですね。恥ずかしい話ですが、本当に「目から鱗」が落ちたような気持ちです。
●ゼロ金利でも銀行に預け続ける国民
・あなたは金利が0.1%の銀行と5%の銀行のどちらに預金しますか?
⇒ 世界中でただ一国0.1%の銀行に預ける国民がいる
・1991年の金利水準が今も続いていたとしたら、家計から失われた利子所得は283兆円
ゼロ金利は私たちがもらうべきお金で金融機関、企業にの不良債権処理がされただけ
・日本人は死ぬまで貯蓄を行い平均3,500万円残して死ぬ
⇒ 死ぬ前が一番金持ちであるが、相続税があるので子孫には残せない

皆さんもぜひ、ご一読することをお勧めします!!



ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る