So-net無料ブログ作成
検索選択

出世開運の神と言われる 高麗神社に行ってきました。 [関東]

川越のそばにある日高市の高麗神社に行ってきました。
4年後の2016年は高句麗からの移民がこの地に住んでちょうど1,300年になるそうです。高句麗からの移民たちは、関東の駿河(静岡県)、甲斐(山梨県)、相模(神奈川県)、上総・下総(千葉県)、常陸(茨城県)、下野(栃木県)の7カ国に住んでいたそうですが、716年に武蔵国に移されたとのことです。

その当時の日本と言えば、710年に奈良の平城京に遷都して奈良時代が始まった頃です。高句麗は、今の北朝鮮から南満州辺りまでの地域ですので、その頃から日本と朝鮮半島の繋がりは強かったのですね。
その高麗神社の由来を紹介します。
<高麗神社>
高麗神社は、高句麗国の王族高麗王若光を祀る社である。
高句麗人は中国大陸の松花江流域に住んだ騎馬民族で、朝鮮半島に進出して中国大陸東北部から朝鮮半島の北部を領有し、約700年君臨していた。その後、唐と新羅の連合軍の攻撃にあい668年に滅亡した。この時の乱を逃れた高句麗国の貴族や僧侶などが多数日本に渡り、主に東国に住んだが霊亀2年(716年)そのうちの1,799人が武蔵国にうつされ、新しく高麗群が設置された。
高麗王若光は、高麗郡の郡司に任命され、武蔵野の開発に尽くし、再び故国の土を踏むことなくこの地で没した。郡民はその遺徳をしのび、霊を祀って高麗明神とあがめ、以来現在に至るまで高麗王若光の直系によって社が護られており、今でも多勢の参拝者が訪れている。(日高市)

高麗神社の入り口です。
koma1.JPG



















入り口の一の鳥居です。
koma2.JPG



















参道にある二の鳥居です。
koma3.JPG



















本殿に行く参道です。周りには参拝者の献木が多かったです。
koma4.JPG



















本殿への入り口です。
koma5.JPG



















本殿です。歴史を感じる建物ですね。主祭神は、高麗王若光(こまのこきしじゃっこう)(主祭神)
猿田彦命(さるたひこのみこと)、 武内宿禰命(たけのうちのすくねのみこと)だそうです。
koma6.JPG



















この日もたくさんの参拝者がいました。
koma7.JPG



















いたるところに有名人の献木がされています。この神社は水野錬太郎、若槻禮白次郎、浜口雄幸、斉藤実、鳩山一郎など著名な政治家が参拝し、その後、総理大臣に就任したことから”出世開運の神”として信仰されたそうです。ここには尾崎紅葉と浜口雄幸が献木しています。
koma8.JPG



















2016年には高麗郡1300年祭があるそうです。その頃には日韓関係が改善されていればいいですが...。
koma9.JPG



















これは朝鮮半島の将軍標(チャンスン)というそうです。
koma10.JPG



















高麗神社の高麗家の住居だそうです。江戸時代初期の建物で、国の重要文化財とのこと。
koma11.JPG



















この神社が”出世開運の神”とは知りませんでした。
私もここのご利益で出世するでしょうか?(笑)
前回紹介した「巾着田」とペアで来ると効率的だと思います。

近くにある巾着田の「曼珠沙華」に関しては、こちらをどうぞ。(http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2012-10-08

ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 2

krause

はじめまして。私も時々、高麗神社へ立ち寄りますが、出世海運の神様とは、知りませんでした。
by krause (2012-11-16 17:06) 

Simple

krause さん

コメントありがとうございます。
出世開運に関しては私も知りませんでした。
交通の便が悪いこの神社に多くの有名人が訪れていることにはかなり驚きました。
by Simple (2012-11-17 16:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る