So-net無料ブログ作成

関東三大梅林 水戸偕楽園の梅林を楽しむ (2016年) [関東]

水戸の偕楽園の梅林を見てきました。
水戸の偕楽園は、関東三大梅林の一つと言われています。その三つとは、
①水戸偕楽園(茨城県水戸市)、②越生梅林(埼玉県越生町)
の二つは、ほぼ確定しているようですが三つ目は、いろいろと説があるようです。
・秋間梅林(群馬県安中市)
・熱海梅園(神奈川県熱海市)
・曽我梅林(神奈川県小田原市)

今回、水戸の偕楽園は初めて訪れたのですが、素晴らしい梅林ですね! 地元埼玉の越生の梅林は何度も行っていますが、三大梅林の一つとは言いますが、残念ながら偕楽園との差は大きいように思います。もともと偕楽園は、岡山の後楽園、金沢の兼六園と並んで日本三名園の一つに数えられている名園です。その中にある梅林ですから、梅林だけでなく庭園そのものの素晴らしさも楽しむことができます。
梅の木の本数も、偕楽園:3,000本、越生:1,000本と規模も偕楽園の方が上ですね。

偕楽園の入り口にある紅白の梅です。
DSCF0003.JPG
レストハウスもあり、梅まつりなので出店がたくさん出ていました。
DSCF0013.JPG
梅林の間の小路を歩いていきます。
DSCF0018.JPG
この木は同じ枝に白とピンクの花が咲いていました。
DSCF0028.JPG
白梅がちょうど見ごろでした。
DSCF0044.JPG
紅梅もきれいですね。
DSCF0046.JPG
ここの梅は古木が多いので、梅の花よりも梅の木の枝ぶりを楽しみたくなります。
DSCF0067.JPG
歌川広重の浮世絵にありそうな梅林の雰囲気ですね。
DSCF0103.JPG
大きな花びらが目に着いたので...。
DSCF0119.JPG
この木は迫力がありました。
DSCF0138.JPG
これも趣がありますね。
DSCF0140.JPG
大きな紅梅の木を見上げてみました。
DSCF0150.JPG
見晴広場にある「左近の桜」です。巨木です。
DSCF0152.JPG
見晴広場から左上の千波湖方面を見ました。手前にも梅林が広がっています。
DSCF0158.JPG
DSCF0164.JPG
見晴広場には、素晴らしい木がたくさん植えられていて眼を楽しませてくれます。
DSCF0172.JPG
DSCF0192.JPG
偕楽園に隣接して水戸光圀公と徳川斉昭公(烈公)をお祀りした常磐神社があります。最初にお参りしたのですが、誰を祀っているのかを知らずにお参りしてしまいました。(^^) しかも御朱印帳も忘れてきました...。
DSCF0228.JPG
常盤稲荷神社(末社)です。
DSCF0210.JPG
偕楽園は始めてですが、とても素晴らしい梅林でした。高台にありますので、庭園からの眺めもよく梅の季節以外でも楽しめると思います。

桜の時期にも再訪したいと思いました。

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る