So-net無料ブログ作成
検索選択

徳川家康後鎮座400年の久能山東照宮へ行く (2016年) [旅行]

静岡にある久能山東照宮に行ってきました。
東照宮と言えば、私の住んでいる川越にある仙波東照宮のHPに、
日本各地数多くの東照宮があれど、川越は日本三大東照宮の一つで、仙波東照宮といい、喜多院の南側に隣接している。
元和2年(1616)駿府で徳川家康公が没し、その遺骸を静岡から日光山へ移葬する途中、天海僧正によって喜多院で四日間の法要が営まれたことから、寛永10年(1633)建立された。
とあったので、ずっと三大東照宮は、川越も入っていると思っていました。しかしWebで検索すると日光、久能山は確定ですが三つ目にはいろいろな説があるようですね。(笑)

久能山東照宮は、久能山の山下の鳥居をくぐり、1,159段の参道を登る必要があります。
DSCF7551.JPG
長い階段で有名な山形県の山寺の階段でも1,015段ですから、結構大変でした。山寺のように階段の途中の平坦な部分が少ないので、ずっとこのような階段を登りっぱなしという感じです。
DSCF7567.JPG
山の上からは海がきれに見えました。静岡方面の眺めです。
DSCF7573.JPG
東照宮の入り口から太平洋を一望できます。
DSCF7577.JPG
社務所の横を通って、ようやく入り口の楼門にたどり着きました。鳥居から登るのに、おおよそ30分くらいかかりました。
DSCF7597.JPG
立派な楼門ですね。
DSCF7599.JPG
東照宮の境内の全景です。
2.JPG
正面に拝殿が見えます。
DSCF7682.JPG
今回は、直接拝殿まで行く事ができず、横の方から入りました。
DSCF7680.JPG
末社の日枝神社です。
DSCF7616.JPG
御社殿に続く門も豪華です。
DSCF7619.JPG
国宝の御社殿です。
DSCF7620.JPG
「本殿」と参拝をするための「拝殿」を連結した「権現造(ごんげんづくり)」と言われる様式だそうです。
DSCF7621.JPG
装飾が豪華ですね。
DSCF7637.JPG
DSCF7646.JPG
DSCF7676.JPG
家康公の御遺体を埋葬した神廟です。
DSCF7651.JPG
今年が御鎮座400年祭だと思ったら、残念ながら昨年でした。(笑)
DSCF7686.JPG
久能山を逆側に降りると日本平です。遠くに富士山が見えますが、少し遠い感じがしますね。東照宮へのロープウエイは日本平から利用できます。
1.JPG
日本平ホテルのロビーからは、一幅の絵のように富士山を見る事ができます。
DSCF7740.JPG
ロビーで富士山を眺めながらゆったりとコーヒーを飲み、ケーキを食べます。(ちょっと高いです。笑)
DSCF7750.JPG
静岡に来たら、おいしい海鮮丼を食べなければいけません。(^^) マグロと釜上げしらすと桜エビ丼です。とても美味しかったです。もう少しマグロをたくさん食べたかったです...。
IMG_0925.JPG
初めて久能山の東照宮に来ましたが、天気が良かったので気持ちが良かったです。
みなさんもぜひ1,159段の参道を登ってみてください。

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 2

viviane

ホント、私も日光の記事で調べていたらいろいろな説が有りますね
上野と3ヶ所を繋ぐとダビンチコードの様になるし・・・何だか奥が深いですね
by viviane (2016-12-12 10:59) 

Simple

日光はいろいろと謎がありますね。この間、TVで「なぜ日光霊廟があるの?」の疑問について、江戸の真北(北極星の方角)だからと言っていました。
東照宮は日本各地にあって面白いですね。
今年の春には、仙台の東照宮にも行ってきましたよ!
by Simple (2016-12-13 12:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る