So-net無料ブログ作成
検索選択

再度、オホーツク海の流氷を見る! (2017年) [北海道]

今回は法事のため、週末北海道に行ってきました。
何とか再度流氷を見る事ができました。

羽田空港第二ターミナルの5Fのレストランから「STAR WARS」の飛行機が見えました。
1.JPG
これは展望デッキから撮影しました。
2.JPG
これは、搭乗した飛行機から撮影したものです。
DSCF0511.JPG
仙台港付近を撮影できました。雲が少し邪魔ですが、三井アウトレットは、雲の影になっている部分です。
DSCF0619.JPG
これは、松島の上空で撮影しました。中央部分の少し右の辺りがフェリー乗り場です。
DSCF0626.JPG
私の生れた北海道の北見市には、「ピアソン記念館」というものがあります。これは大正二年に来北したアメリカ人宣教師のピアソン夫妻が伝道活動の拠点とした自宅を記念として残しているものです。当時は、北海道の開拓のために屯田兵が入植していた時期で、開拓者たちへの伝道を行っていたそうです。
DSCF0736.JPG
記念館に入ってすぐの所に夫妻の写真が飾られています。
DSCF0703.JPG
二階の展示室です。正面の壁の右側に注目です。
DSCF0719.JPG
え? どうして坂本龍馬の写真が飾られているの?と思いますよね。
当時、未開の原野であったこの地に「北光社開拓団」を結成して高知県の農民を入植させたのが、坂本龍馬の甥(長姉千鶴の次男)である坂本直寛だったのです。直寛はキリスト教の牧師としても活動して、ピアソン夫妻と協力して伝道活動を行ったそうです。
坂本龍馬自身も北海道開拓の志を抱き三度移住を企てたとのことです。
DSCF0720.JPG
ピアソン夫妻ゆかりの人たちを紹介しています。新渡戸稲造、内村鑑三の名前も見えます。
DSCF0723.JPG
法事目的だったので、観光の時間は最終日の4時間くらいしかありませんでした。この日は晴れていて、斜里岳や知床半島の山が白く輝いていました。
DSCF0758.JPG
網走の天都山から見た網走近くに残っている流氷です。
DSCF0765.JPG

DSCF0783.JPG
前回と逆で、能取岬には流氷が全くありませんでした。
DSCF0802.JPG
真っ白な知床連山がきれいに見えました。
DSCF0807.JPG
DSCF0818.JPG
能取岬と言えば、この白黒の灯台です。
DSCF0820.JPG

今回も短時間でしたが、何とか流氷と天都山からの絶景を見る事ができました。

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 2

viviane

上空から仙台港のアウトレットが分かるなんて凄い!
松島の船着き場も・・・
流氷が見られたんですね 
寒そうですが北海道のご法事に感謝ですね^^
泉中央から仙台駅まで歩くというのも凄い事ですよ
写真ネタの為、岩切へ向かうコースにしましたが・・・あまり面白くなかったです
今日記事にした東京二日間では30㌔歩きました
全ては~GWの為です^^

by viviane (2017-04-04 11:13) 

Simple

viviane さん

コメントありがとうございます。
二日間で30キロってすごくないですか?
こちらは、今日辺りから温かくなってきて一気に桜の開花が進んでいますよ。
残りの記事をお待ちしています。
by Simple (2017-04-04 21:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る