So-net無料ブログ作成

琳派 尾形乾山の書を考える その1 [尾形乾山]

さて、今回は陶工尾形乾山の仮名文字について考えてみます。

尾形乾山は陶工ですが、鳴滝時代や二条丁子屋時代などは、乾山窯の窯主やプロデューサー、デザイナーとしての仕事がメインであり、実際の作陶や絵付け、焼成などは弟子や絵師にやらせていたと言われています。作品に対する乾山の仕事としては、大事な作品に画賛を入れたり、「乾山」銘を書き入れたりすることだと考えられます。つまり、乾山焼における乾山の仕事の見どころは、作品に書かれた文字であると言えます。

しかし、それにもかかわらず乾山関連の書籍、図録等を眺めて見ても乾山の書いた文字に関する考察はあまり見た事がありません。

KenzankaigaSs.JPGそのような状況で、私が参考にさせてもらっているのが1982年に五島美術館で開催された「乾山の絵画」展の図録です。これは大変な労作で、私のような初心者にはとても参考になる本です。

この展覧会は、陶工尾形乾山の陶器の展示を代表作の数点にとどめて、「可能なかぎりの乾山の絵を集めて資料を提供することを第一の目的としました。」(唐澤勲館長)という乾山の作品展としては画期的な展覧会でした。

乾山は、たくさんの絵画を残していますが、そのほとんどは京都から江戸に移った以降のものです。そして、その絵画の多くに自賛が添えられていて、乾山の文字を見る参考になります。乾山の陶工としての作品は、乾山自身の絵付けの作品が特定できていないため自画自賛の作品を特定できませんが、絵画の場合はほとんどが自画自賛です。

乾山作品だけでなく、古美術に書かれている仮名文字は、変体仮名という文字で書かれており、さらにその字をくずして書いていますので普通の人はほとんど読めないと思います。その仮名の元になった漢字の事を字母と言います。
例えば、「あ」の字母は、「安」、「阿」、「亜」、「愛」、「悪」など沢山あります。一つの平仮名に対して字母が一つであればまだ分かりやすのですが、残念ながら沢山あります。

乾山作品に良く出てくる「紅葉(もみじ)」と書く場合、手元にある百人一首の本の中では、次のように書かれています。
・「毛美知」⇒ No.5:猿丸大夫、No.24:管家、No.32:春道列樹
・「裳見知」⇒ No.26:貞信公
・「毛三知」⇒ No.69:能因法師
というようにいくつかの字母の中から自分の好きな文字を選んでいます。この字母の選び方にその人の教養と個性が現れると言われています

前掲の図録のP84-P85に福岡市美術館所蔵の「茄子図」という乾山作品があります。
左側の絵の中に書いてある文字の字母を拾って右側に書いておきました。
nasuzu001.JPG
読み方は、「なれ茄子 なれなれ茄子ひ なれなすひ ならすは棚の 押し絵ともなれ」 と読みます。

単に歌の意味を伝えるだけであれば全部ひら仮名を使えば良いのですが、この絵で乾山は、「」の字については、「」、「」、「」、「」の3種類の字母(4種類の字体)を使い分けています。同じように、「」の字については、「」、「」、「」の2種類の字母(3種類の字体)を使い分けています。
この字母、字体の使い分けがこの絵の見どころの一つになっていると思います。

さて、もう一つの例を紹介します。前掲の図録のP45に掲載されている4種類の「拾得図」です。これは帚を持った拾得が後ろ向きで立っている細長い絵で、賛が添えられています。
どれも書いてある文章は、「をのつから はらはぬ帚もつ人の こころのそらに塵はなきもの」という同じ内容です。それぞれの拾得図の字母拾って表にまとめてみました。3つ以上の絵で共通の字母のところはグレーバックにしています。(図録の写真が小さいので、細かい部分で読み間違いがあるかも知れません。ご指摘頂ければ幸いです。)
拾得図字母.JPG
それぞれの絵の字母の番号と図録の番号は、①K-193 ②K-191 ③K-192 ④K-194 です。③は畠山記念館蔵と書いてありますが、それ以外は個人蔵のようです。
上の表を見ると絵によって字母や字体がかなり違っています。これを見ると同じ人が書いても字母が異なることが分かります。
また、上記④は帚の描写と「乾山」の銘を見る限り乾山の作ではないと思います。しかし、④の字母が他の絵と全く異なるかというとそんな事はありません。これを見ると「人によって使う字母が違う」と本当に言えるのか? と考えてしまいますね。
写しや贋作を制作する時には当然オリジナル(あるいはその写真)を見て書くでしょうから、字母も字体も似せて書くことになり、同じ字母になるのは当然のように思います。そう考えると、④の絵のオリジナルがどこかに存在していた可能性がありますね。

さて、同じ作者が同じ画題で文章を書いてもこのように字母が異なっている理由は何なのでしょうか? その理由を考えてみました。

①その時の気分によって使用する字母は変わる。(「に」、「の」、「は」など)
②一度に同じ絵を何枚も書いたため字母を変えたくなった。

というのはどうでしょうか? ①の理由だと字母によって書き手と特徴の比較はあまり意味がない事になってしまいますね。個人的には、②が理由ではないかと思っています。乾山は職人ではなく芸術家なので、お客さんに依頼されたとしても同じ絵を同じ文字で何枚も書く事には耐えられなかったのではないでしょうか。

まあ、素人の戯言ですから、どなたか御存じの方がいらっしゃれば教えて頂ければ幸いです。
いずれにしても、同じ人が同じ文章を書いても字母が大きく異なる事があるという良い例だと思います。

*もし乾山の文字、字母に関連した読むべき書籍、論文等があればご教授頂けると幸いです。

乾山の書に関しては、こちらもどうぞ。
・琳派 尾形乾山の書を考える その2 乾山の字母について

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

乾山 KENZAN―琳派からモダンまで尾形光琳二代目 乾山淡交別冊 仁清・乾山 2011年 08月号 [雑誌]
乾山焼入門

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る