So-net無料ブログ作成

尾形乾山生誕350周年の展覧会(2013年)を振り返る [尾形乾山]

「琳派」の展覧会と言えば、美術展でも大人気の企画物の一つでしょう。
2008年に東京国立博物館で『尾形光琳生誕350周年記念「大琳派展-継承と変奏-」』という大企画展が開催されました。私も観に行ってきましたが、凄い人で混みあっていました。20万人以上の方が訪れたそうです。

ところが、その5年後の2013年は光琳の弟の尾形乾山の生誕350周年ですが、目立った乾山展は開催されませんでした。今年(2015年)の5月~7月に東京ミッドタウンのサントリー美術館で久しぶりの乾山展『「着想のマエストロ 乾山見参!」展 』が開催されました。かなり大規模な乾山展で、見ごたえがありましたが、「なぜ生誕350周年でこれをやらなかったのか?」と疑問に思います。

さて、実はその乾山生誕350周年の年に栃木県の佐野市で「佐野乾山展」が開催されていました。(2013年12月4日~8日) 私もその展覧会のお手伝いをしていたので紹介します。会場は、佐野市内にある佐野文化会館です。

小さな展示会をやるにはちょうど良い大きさの会場で、30点以上の佐野乾山が展示されました。
sDSCF5770.JPG
















私も佐野乾山を10年以上調べていますが、これだけ多くの素晴らしい佐野乾山の作品を一度に観たのは初めてでした。
sDSCF5769.JPG
















佐野乾山の特徴は、鳴滝時代には見られない乾山の自画自賛の作品であるということです。(鳴滝時代は、光琳などの絵付けでした)つまり、乾山自身が描いた絵と書を見られるということです。
sDSCF5705.JPG
















「まだこんなに素晴らしい佐野乾山が残っていたんだ…」というのが正直な感想です。絵も書ものびのびと描かれていて引き込まれてしまいます。
sDSCF5783.JPG
















今回は、茶碗と角皿が多かったですね。
S1.JPG


























来場された方々のほとんどは、「佐野乾山」の事をご存じなかったようです。
sDSCF5806.JPG













それでも作品に描かれた絵と書の素晴らしさに皆さん感心されていました。
sDSCF5812.JPG













乾山の賛と落款です。最初「於下毛佐野庄越名河畔 元文二歳焚之」最後「老陶工乾山省」と書いてありますね。表に描かれた絵も見事でした。
DSCF5399.JPG


さて、以上が前振りです。(笑)

一昨年、昨年に続き、今年も佐野で展示会と講演会を開催します。
お近くの方は、ぜひご覧になってください。(今年は作品の展示は10点程度です)

日時 10月10日(土) ~ 10月11日(日)
講演会 13時30分開始
作品展示 10日(土) 13時~17時、11日(日) 10時~17時
入場 無料
場所 佐野市市民活動センター ここねっと (栃木県佐野市大橋町3211−5)
主催:佐野乾山顕彰会

佐野乾山について知りたい方は、以下のブログも参考にして下さい。
・佐野乾山の真実! 尾形光琳二代目 乾山 細野耕三著
・藤田玲司と三田村館長が認めた「佐野乾山」、ギャラリーフェイク 006 「タブーの佐野乾山」 細野不二彦著 を読む
落合先生の佐野乾山関連の情報も
・乾隆帝の秘宝と『奉天古陶磁図経』の研究 落合莞爾著 を読む

【佐野乾山に関しては、K's HomePageを参考にしています。(http://kaysan.net/sano/sanokenzan.htm)】

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ


500万本の曼珠沙華を XF55-200㎜ で撮る(2015年) [関東]

今年も曼珠沙華の季節になりました。
9月20日(日)に埼玉県日高市にある巾着田に行ってきました。
ここはブログで何度も紹介していますが、高麗川に囲まれた地域に500万本の曼珠沙華が群生しているそうです。敷地が広いので、早咲きと遅咲きの部分がありますので、HPを確認してみてください。(http://www.kinchakuda.com/2015kaika-ma.htm )

今日は、上流は見頃、中間地点もほぼ見頃でした。しかし、まだ咲いていない花がいくつかあるにもかかわらず、元気のない花もあり一度に全部満開ということは無いようです。これから下流部分が見ごろになると思います。
今回も、6時頃に川越を出て6時半頃に着きましたが、駐車場(500円)は半分くらい埋まっていました。(7時前に入ると入場料300円はかかりません)

撮影は、FUJIFILMのX‐E2、レンズは XF56㎜ 1.2R と今年の夏から導入した XF55-200㎜ F3.5-4.8 R LM OIS を使いました。さらにエクステンションチューブ MCXE-16 MCEX-16 も買ってみましたが、どうも使いこなせませんでした。(涙)

XF56㎜ 1.2R + MCXE-16 MCEX-16 (F8.0)で撮りましたが、近過ぎてうまく切り取れません...。
DSCF4885.JPG
これも結局、別々に撮るしかないな~。ボケはいいんですけどね。エクステンションチューブを使うと寄れるのですが、ボケが大きくなりすぎて結局絞らなければなりません。(F4.0)
DSCF4887.JPG
これは、F5.6 まで絞りました。
DSCF4888.JPG
XF56㎜ 1.2R (F1.2)
DSCF4901.JPG
このズームレンズ、十分に開放から使えますね。XF55-200㎜ F3.5-4.8 R LM OIS (F4.8)
これ以降写真はすべて XF55-200㎜ F3.5-4.8 R LM OIS で撮影しました。やはりズームレンズは楽でいいですね。
DSCF4928.JPG
DSCF4966.JPG
DSCF4975.JPG
DSCF5022.JPG
DSCF5061.JPG
DSCF5079.JPG
DSCF5088.JPG
DSCF5102.JPG
DSCF5133.JPG
DSCF5095.JPG
DSCF4993.JPG
DSCF5038.JPG

何度見ても、見事な曼珠沙華でした。今回、 XF55-200㎜ F3.5-4.8 R LM OIS を多用しましたが、このレンズの写りには満足しました。これを見ると、さらに素晴らしいと言われている、XF50-140㎜F2.8 R LM OIS WR が欲しくなりますね。値段は3倍しますが…。(笑)

巾着田の曼珠沙華は、この連休中は十分楽しめます。下流の方は26日、27日まで見られると思います。お近くの方は、ぜひ行ってみてください。圏央道から来る場合は、「鶴ヶ島」か「狭山日高」で降りると近いです。ただし、期間中は周辺道路が非常に渋滞しますので、できるだけ早く来ることをお勧めします。(8時頃からもう混んでいます。)

【2015.09.22追記】
再訪しました。iphoneの天気予報だと晴れだったのですが、時々日が出る曇りでしたが、下流の方まで開花が進んでいました。人も前回よりも多かったですね。
DSCF5193.JPG
川の水がきれいなので、気持ちがいいですね。
DSCF5198.JPG
DSCF5212.JPG
DSCF5255.JPG
DSCF5213.JPG
DSCF5271.JPG
会場の外にある橋の上から撮りました。この辺はちょっとまばらですが...。
DSCF5302.JPG
300円払わなくてもここまで見られます。300円ですから払った方が幸せだと思いますが…。(笑)
DSCF5319.JPG

【過去の記事です】
・100万本の曼珠沙華を見に高麗の巾着田に行く (2012年)(http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2012-10-08 )
・500万本の曼珠沙華を見に高麗川の巾着田に行く (2014年)(http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2014-09-22 )
・500万本の曼珠沙華を見に行く (2014年) その2)(http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2014-09-27 )
近くの高麗神社については、こちらをどうぞ。(http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2012-11-08

ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ



下総國一之宮 香取神宮を詣でる(2015年) [関東]

さて鹿島神宮を後にして、利根川を挟んで約25Kmの離れた所にある香取神宮へ。

こちらは下総國の一之宮です。祭神は、鹿島神宮の祭神である武甕槌大神(タケミカヅチノカミ)とともに大国主に国譲りを迫った経津主大神(フツヌシノオオカミ)です。社伝によると鹿島神宮と同じく神武天皇の御代に創建とのことで、同じく藤原氏の氏神です。鹿島神宮の時にも書きましたが、平安時代に神宮と呼ばれていたのは、伊勢神宮と関東にあるこの鹿島神宮、香取神宮の3社しかなかったということです。それも不思議な感じがしますね。

香取神宮の入り口にある朱塗の大鳥居です。
katoritorii.JPG
少し坂になっている木々に囲まれた参道を登ります。
DSCF4691.JPG
ちょうど一番暑いお昼頃だったので汗だくになりました。
DSCF4693.JPG
坂を登りきった所にある鳥居です。
katori_katori.JPG
朱塗の総門です。
DSCF4698.JPG
手水舎でお清めをしてから参拝します。
DSCF4701.JPG
朱塗の楼門です。重要文化財とのことです。
DSCF4704.JPG
拝殿です。見事な造りで風格があります。
katorijinguu.JPG
DSCF4709.JPG
色鮮やかな飾りが素晴らしいですね。
DSCF4712.JPG
DSCF4715.JPG
豪華で荘厳な造りは、仙台にある大崎八幡宮と雰囲気が似ていますね。(ローカルネタですいません)
DSCF4728.JPG
境内から見た楼門です。
DSCF4717.JPG
社務所です。
DSCF4732.JPG
ここで御朱印を頂きました。
DSCF4733.JPG
そして暑い中、緑の参道を下っていきます。
DSCF4743.JPG
DSCF4746.JPG
香取神宮から帰る途中にある牛久大仏です。高さ120mあり世界一の高さで有名ですが、高さ100mの仙台大観音を見慣れているので、それほど大きいとは感じませんでした。また、回りにはほとんど何もないので、生活に溶け込んだ仙台大観音のようなシュールさはありません。(^^)
DSCF4755.JPG
大仏様は顔の長さだけでも20mもあるそうです。
DSCF4766.JPG

鹿島神宮 ⇒ 香取神宮 ⇒ 牛久大仏 と一日で回りましたが、とんでもなく暑かったため、最後の牛久大仏に来た時には、一緒に行った妻が車から出たくないと言い出すほど。そのため、外から写真を取るのくらいしかできませんでした。(涙)

次回は、もう少し涼しい時にゆっくりと回りたいですね。

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ



鹿島神宮を詣でる アントラーズの強さの秘密を知る(2015年) [関東]

今回は、茨城県にある常陸国一之宮である鹿島神宮に行ってきました。
鹿島神宮の祭神は武甕槌大神(タケミカヅチノカミ)です。この武甕槌大神は、大国主神に国譲りを迫り、息子の建御名方神(タケミナカタノカミ)を諏訪湖まで追い詰めた建国・武道の神様です。
現在は明治神宮など多くの「○○神宮」がありますが、平安時代から伊勢神宮の他に神宮と呼ばれたのは鹿島神宮と香取神宮だけだそうです。また、鹿島神宮は藤原氏の氏神だったそうで、767年に鹿島の大神の御分霊を奈良にお迎えして春日大社を創建されたそうです。その時、御分霊を神鹿の背に乗せて一年がかりで奈良まで行ったとのことです。

8月の猛烈な暑さの中、川越から関越道 ⇒ 外環道 ⇒ 常磐道 ⇒ 圏央道 ⇒ 東関東道 で潮来で降りて約150㎞のドライブでした。鹿島周辺は、本当に「関東平野」という感じで緑豊かな田園が続く気持ちの良い所でした。

鹿島神宮への参道です。平日に行ったので人が少なくて良かったです。日差しが強くて、歩いているだけで汗だくになります。
DSCF4586.JPG
参道につながっている大鳥居です。鹿島神宮の境内は東京ドーム15個分の広さがあるそうです。
DSCF4590.JPG
鳥居をくぐり楼門までの道です。
DSCF4594.JPG
朱色が見事な楼門です。高さ13mで重要文化財だそうです。
DSCF4596.JPG
手水舎でお清めをしてから…。
DSCF4659.JPG
授与所です。
DSCF4601.JPG
DSCF4603.JPG
これが拝殿です。この奥に立派な本殿がありますが、外からは見えません。
DSCF4606.JPG
拝殿から奥宮まで約300mの奥参道が続きます。
DSCF4613.JPG
この日は日差しが強く、耐えられないほどの暑さでしたが、奥参道は木々に囲まれていてそれほど暑さを感じません。何となく心が温まるような気持ちの良いふしぎな空間でした。
DSCF4621.JPG
奥参道にある奥宮です。風格がある建物です。ここもお参りしました。
DSCF4622.JPG
武甕槌大神でしょうかね?
DSCF4627.JPG
立派な社務所で御朱印を頂いてきました。社務所の中は冷房がきいていて天国のようでした。(^^)
DSCF4645.JPG
神様をお遷し頂く仮殿です。
DSCF4649.JPG
境内の中に鹿島アントラーズの選手の寄せ書きが飾ってありました。鹿島アントラーズの強さの秘密は、この鹿島神宮の武甕槌大神の御加護だったと納得しました。
DSCF4654.JPG
参道にはアントラーズのボールのモニュメントが...
DSCF4663.JPG
鹿島神宮と言えば鹿ですね。参道に鹿の置物があります。
DSCF4661.JPG
佐原パーキングエリアの展望台からの眺めです。広々として気持ちがいいです。豊かな緑の先に利根川が見えますね。
DSCF4664.JPG

以前このブログで紹介した、大宮にある氷川神社は、大宮アルディージャのホームスタジアムの隣にあります。その時、「毎年、J2に降格しそうになりながら何とかギリギリJ1に踏みとどまっていたアルディージャですが、私はこの氷川神社の御利益だと思っています。」(http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2015-02-21)と書きましたが、鹿島神宮に来ると、鹿島アントラーズは確実に鹿島神宮の神の御加護を受けていると感じました。(^^)アントラーズの強さ、安定した好成績の理由が分かりました。
大宮アルディージャも、もっと氷川神社の御加護を得られるように頑張って欲しいです。

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ



メッセージを送る