So-net無料ブログ作成

万病が治る! 20歳若返る! 『かんたん「1日1食」!! 』 船瀬俊介著 を読む [ダイエット]


万病が治る! 20歳若返る! かんたん「1日1食」!! (講談社文庫)万病が治る! 20歳若返る! かんたん「1日1食」!! (講談社文庫)
← Kindle版です。

一日一食に関する本です。
著者の船瀬氏は、1950年福岡生まれ。九州大学理学部 ⇒ 早稲田大学文学部卒業 という変わった経歴の持ち主です。医療、食品、環境問題に取り組んでいるジャーナリストです。

最近、よく耳にする「1日1食」に関する本です。以前このブログで紹介したように、私は朝食抜きの生活を続けており、2週間1日おきに断食する「間欠断食」を実行したこともあります。
しかし、「1日1食」については、なかなかハードルが高くて実行できていませんでした。最近、動物写真家の小原玲さんが、ブログなどで「1日1食」でダイエットしたことを書いていて、「やってみようかな・・・」と思いこの本を手にとりました。

「1日1食」は、芸能界でも実践者が多いようで、タモリさん、ビートたけしさん、水谷豊さん、千葉真一さん、福山雅治さん、GACKTさん、未唯さんなどが行っているそうです。その他作曲家の三枝成彰さん、作家の桐島洋子さんも「1日1食」の実践者とのことです。
確かにその人たちの顔を思い浮かべてみると元気でエネルギッシュに活動していますね。

「腹八分で医者いらず」、「腹六分で老いを忘れる」、「腹四分で神に近付く」という言葉は、船瀬氏が40年以上前に取材したヨガ道場の導師の教えだそうです。
なぜ「1日1食」が体に良いのでしょうか?
すでに、1935年に米コーネル大、C・M・マッケイ教授がマウスの摂取カロリーを六割にすると、十割の飽食ネズミに比べて、二倍生きることを確認しています。 さらに、そのメカニズムも1999年、レオナルド・ガレンテ教授(マサチューセッツ工科大学教授)の長寿遺伝子サーチュインの発見により立証されました。
つまり、「栄養は多ければ多いほどよい」ということはなく、「栄養は少ないほどよい」ということです。カロリー制限(ファスティング:少食・断食)することで、細胞を活性化させ、寿命を延ばすことができるということですね。
野生のライオンも満腹の時には、獲物を襲ったりしないそうですが、体の免疫細胞も血液中に栄養が十分にあると細菌などが侵入してきても、攻撃しないようです。人間も、太古の昔において、頭を最高に働かせて体力を目一杯使う時というのは、何日も食べておらず空腹の状態で獲物を捕える時であったろうと考えられます。
ですので、「1日1食」で体内が飢餓状態の時の方が免疫力が上がり、頭の回転も早まり、活動的になるというのはとても理にかなっていると思います。

また、人間は食料を食べることによって、栄養と一緒に毒素も身体に取り込んでしまいます。一日三食食べるとこの毒素は身体の新陳代謝能力を越えるほどの量になって脂肪組織に多く蓄えられるとのことです。この溜まった毒素がさまざまな病気の原因と考えられます。
そして、この「一日一食」のファスティングを行うことで、「体毒」(身体の中に溜まった毒素)を身体の外に出すことができるのです。この自己浄化(デトックス)こそファスティングの最大の効能であるとのことです。

船瀬氏は「一日一食」の効能を15項目あげています。
①持病が消える (糖尿病、水虫など)
②病気にかかりにくくなる (免疫力UP)
③身体が軽くなる (体重が減る、末梢血管まで血流が良くなる)
④疲れにくくなる (一日三食食べると消化エネルギーを厖大に消費する)
⑤睡眠時間が短くなる
⑥肌が若返る
⑦頭が冴えてくる (脳神経細胞のデトックス)
⑧生き方が前向きになる
⑨身体が引き締まる
⑩不妊症が改善する (男女とも)
⑪寿命が延びる
⑫食費が三分の一ですむ (食べないので当然)
⑬仕事がはかどる
⑭趣味を楽しめる
⑮感性が豊かになる

では、これだけメリットのある、画期的なファスティングがメジャーになっていないのは何故でしょうか?
その理由は、ファスティングの効用を認めると困る人たちがいるからだと船瀬氏は指摘します。具体的には、食料消費量が半分になったり、病気の患者が半減したりすると困る人たちがいるということです。農業、漁業、食料品業界や医療業界、医薬品業界などの人たちにとって市場規模が半減すると死活問題になります。これは言われてみればもっともです。
私たちが健康になると困る人たちがたくさんいるというのは何とも歪んだ世界ですね。

ダイエット、健康に興味ある方は、ぜひ読んでみてください。

ダイエットに関してはこちらもどうぞ。
・小麦は食べるな! 「ジョコビッチの生まれ変わる食事」 ノバク・ジョコビッチ著 を読む
・私も実践! 「やってみました1日1食!! 」 船瀬俊介著 を読む
・男性は読まないように! 「炭水化物が人類を滅ぼす」 夏井睦著 を読む
・間欠断食は効果抜群! 口ぐせダイエット 佐藤l富雄著 を読む
・ダイエット本の決定版! 「やせる」 勝間和代著 を読む

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

一日一食 ~40歳を過ぎたら、食べなくていい~やってみました! 1日1食「食べない」健康法 (PHP文庫)できる男は超少食―空腹こそ活力の源 !「空腹」が人を健康にする一日一食断食減量道 (講談社プラスアルファ新書)



さいたま市の盆栽美術館を楽しむ (2016年) [関東]

7,8年前のことですが、さいたま市に住んでいる知人に「さいたま市で何か面白い所ある?」と聞いた所、「この辺だと盆栽美術館かな?」との答えが返ってきました。
美術館好きな私ですが盆栽の美術館があるとは聞いたこたがなく、最初は冗談を言っているのだと思いました。(笑)
しかし、調べてみるとさいたま市の北区には盆栽町という地名があり、1923(大正12)年の関東大震災の時に被災した東京の小石側周辺の盆栽業者たちがここに移住して来て街を作ったという歴史があるそうです。
そして、その盆栽町に中に盆栽美術館があります。

閑静な住宅街の中にこじんまりとした美術館があります。来年(2017年)、さいたま市で世界盆栽大会が開催されるそうです!
DSCF2987.JPG
駐車場は入り口から細い路地を裏に回った所にあります。駐車場からの入り口の案内です。
DSCF2983.JPG
駐車場からはこの路地を通って入ります。
bon7.JPG
入り口に置いてあった女郎花(おみなえし)です。
bon4.JPG
これも盆栽なのでしょうね。
DSCF3024.JPG
中にショップと休憩所があります。
bon3.JPG
休憩所から外を見ると盆栽が置かれた中庭があります。
bon1.JPG

この美術館は残念なことに館内に展示されている素晴らしい盆栽の作品は撮影禁止です。
そのため、以下の写真は外の中庭に展示されている撮影OKの盆栽です。ぜひ館内の素晴らしい作品も撮影OKにして欲しいものですね。
DSCF2988.JPG
DSCF3007.JPG
DSCF3014.JPG
DSCF3017.JPG
bon5.JPG
bon2.JPG
bon8.JPG
bon9.JPG
bon6.JPG

最近は、海外の方々にも盆栽の素晴らしさが広まっているようですね。
大宮公園、氷川神社の近くですので、近くに行かれた方は寄って見ては如何でしょうか?

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ


あしかがフラワーパークのイルミネーションを楽しむ (2016年) [関東]

昨年の末ですが、あしかがフラワーパークのイルミネーションを観てきました。
東日本最大級の300万球のイルミネーションとのことで、第2回イルミネーションアワード2014年イルミネーション部門で1位になったそうです。ここのイルミネーションは何度か訪れていますが、少しずつバージョンUpしているようですね。

ここのイルミネーションは、前にも紹介していますが、かぶらないように紹介します。

ハピネスガーデンの光のバラ園です。
DSCF8356.JPG
DSCF8380.JPG
ずっと見ていると、バラの色が変わっていきます。
DSCF8381.JPG
いろいろな色のイルミネーションを楽しめます。
DSCF8389.JPG
池に映った動物たちがきれいでした。
DSCF8396.JPG
光のピラミッドです。人のシルエットが面白いですね。
DSCF8420.JPG
池の中の通路を通るので、撮影に夢中になっていると池に落ちそうになります。(笑)
DSCF8429.JPG
普通に撮っていても面白くないので、ここからは光のボケを強調して撮りました。
DSCF8471.JPG
木に飾られたLEDです。
DSCF8503.JPG
DSCF8507.JPG
藤棚のイルミネーションです。
DSCF8438.JPG
以前紹介した、奇跡の大藤の藤棚にフジの花のかわりに青紫のLEDが飾られています。
DSCF8536.JPG
DSCF8563.JPG
いつまでもここに居たい気になります。
DSCF8534.JPG

あしかがフラワーパークは、藤の時期も素晴らしいですが、イルミネーションもとてもきれいで楽しめます。ただし、時期的にとても寒いので防寒準備は万全にして行って下さい。また、足元が暗い上にいたる所に池や水路があるので、十分に注意してください。(特にお子さん達が落ちないように)

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ


雪の少ない北海道に帰省する (2016年) [北海道]

遅くなってしまいましたが、2016年になりました。今年もよろしくお願いいたします。
年末から北海道に帰省してきました。

高速バスの時間の関係で、かなり早く空港に着いたので展望台に行って飛行機を撮りました。
スカイツリーと飛行機ですね。
1.JPG
さすがに羽田空港はすごいですね。着陸した飛行機の撮影が終わって左側を見ると、すでに着陸態勢に入っている飛行機が待っています。2分おきくらいに着陸しているようですね。
2.JPG
着陸に比べると離陸の間隔が長いような...。
4.JPG
スターフライヤーの黒い機体が目立ちます。乗り心地が良いようですので、一度乗ってみたいですね。
DSCF8650.JPG
後方の工場群の煙と飛行機の着離陸時の煙を対比してみました。(^^)
DSCF8699.JPG
年末の30日の10時頃の羽田空港です。帰省客でいっぱいかと思いましたが夏に比べるとガラガラでした。
DSCF8705.JPG
飛行機に搭乗する時に渋滞していたので、隣の飛行機を撮影しました。
DSCF8713.JPG
久しぶりに飛行機の放射線量を測定しました。昼間の行きが最高1.8μS、夜の帰りが最高2.4μSでした。何故か夜の方が放射線量が多いですね。飛行機にたくさん乗る人はできるだけ昼間のフライトを選んだ方が良いのかも知れませんね。
0.JPG
網走の天都山の展望台から見えるオホーツク海と斜里岳です。
DSCF8730.JPG
これは逆側を見たものです。左側中央の白い部分が網走湖(女満別湖)で、その向う側に見える湖が能取湖です。能取湖は凍っていないようですね。
DSCF8720.JPG
天都山から見た網走市街とオホーツク海越しに見える知床半島です。
DSCF8732.JPG
知床連山をズームUpしました。きれいですね!
DSCF8747.JPG
今年の道東は雪が少なくて驚きました。年末に一度降ったあとはまとまった降雪がなかったそうです。網走の能取岬に行く道にも草原にも雪が積もっていませんでした。
6.JPG
能取岬の灯台付近も雪がありません。
DSCF8786.JPG
海越しに見た斜里岳です。
7.JPG
定番の美幌峠にも行ってきましたが、あいにくの天気で残念でした。ここも雪が少ないですね。
DSCF8886.JPG
展望台への道です。さすがに人は少なかったですね。
DSCF8891.JPG

昨年の正月もそうでしたが、朝はマイナス10℃以下に下がりますが、昼間は道の雪が溶けるほと暖かかったです。おかげで車がよごれて大変でした。

それでは今年もよろしくお願いします。

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ


メッセージを送る