So-net無料ブログ作成

私も実践! 「やってみました1日1食!! 」 船瀬俊介著 を読む [ダイエット]

やってみました! 1日1食

またまた船瀬俊介氏の一日一食の本です。

今回の本は、実際に一日一食を実践されている方々のインタビューがいろいろと載っていて参考になります。特に、運動をやっている方々に一日一食はどうなのか? ということが気になって読みました。


前回も紹介したように、一日一食の効果は以下のようにたくさんあります。
①持病が消える (糖尿病、水虫など)
②病気にかかりにくくなる (免疫力UP)
③身体が軽くなる (体重が減る、末梢血管まで血流が良くなる)
④疲れにくくなる (一日三食食べると消化エネルギーを厖大に消費する)
⑤睡眠時間が短くなる
⑥肌が若返る
⑦頭が冴えてくる (脳神経細胞のデトックス)
⑧生き方が前向きになる
⑨身体が引き締まる
⑩不妊症が改善する (男女とも)
⑪寿命が延びる
⑫食費が三分の一ですむ (食べないので当然)
⑬仕事がはかどる
⑭趣味を楽しめる
⑮感性が豊かになる

WEIGHT.JPG実は、私も1月の末から一日一食を実践してみました。現在、約4週間ですが、正直言って上に記載した効果をそれほど感じていません。(^^) もともと健康のために糖質制限をしたり、サプリメントを飲んだり、発酵食品を食べたりしていたので、普通の人ほどの効果が出ないのかもしれません。
でも、このグラフを見て頂くとお分かりのように、体重だけは確実に減りました。数値だけ言うと、4週間で4Kg減りました。
ただ、オレンジの矢印で示した部分で急激に体重が落ちていますよね。これは、2日間、38.5℃くらい熱が出てずっと寝ていたからです。2日で2Kg痩せました。ここで大きな発見がありました。

「一日一食で一食抜くと約2日の断食となる」

考えてみれば当たり前ですが、実際にやって見てすごく新鮮な発見でした。そして熱から回復した時は、●○ザップ並みの腹筋ボディーになっていて鏡の前でポーズしてみました。(笑)
ただし、一日一食の目的は痩せることもありますが、排毒、解毒が大きな目的ですので、それも忘れずに。

健康法に関する効果の検証が難しいのは、今回の熱を出した事が、「健康に気を使っていなければもっと熱が出ていた」のか、「健康法が間違っていたから熱が出た」のかの判断が誰にもできないことです。(笑) 自分のクローン人間を作って並行して実験したいものですね。

グラフを見てお分かりのように、最初のうち体重の落ちが悪くなっています。これは、最初は「プチ一日一食」の乗りで始めたからです。そして、家族と一緒の土日は一日二食にしていたからです。断食なども会社で一人の時は自由にできますが、家族と一緒の時に食べないのは、なかなか難しいものです。

最初の頃は、朝・昼:コンビニの飲むヨーグルト(180ml)、その間に空腹になったら、LG21(明治ヨーグルト)を飲み、夕食を食べる。2週間経った頃から、コンビニの飲むヨーグルトを止めて、昼と3時にLG21と夕食の一食としました。これで何とか続けられそうです。

一日一食にすると、確かにお腹が減ります。しかし、船瀬氏が書いているように、
「空腹を楽しめ」
「ああ、お腹が減ったなあ。なんて気持ちいいんだろう・・・」
そう思うと、本当にえも言われぬ心地よさを感じます。
「ああ、ありがたいなあ。生命の力が湧いてくるなあ」
眼を閉じて、その快感をじっくり味わいます。まさに、空腹を楽しむ境地です。
私の場合は、空腹の時は体中の免疫細胞がウィルスを食べているイメージをして空腹を楽しんでいます。(笑)

ダイエット、健康に興味ある方は、ぜひ読んでみてください。
そして、一日一食を一緒に実践しませんか?

【2016..03.13 追記】
1日1食を継続して気になった点を追記します。体重は、さらに下がって5Kg減りました。お腹回りの脂肪が減り、腹筋も割れて見えています。
①便秘がちになる:一日2食から食べる量が半分に減るのですから仕方がないとは言え、毎日快便だったのが、2~3日出なくなるのは不快です。(^^) 出る時はまとめて大量に出るので、体重の減りがリニアではなくなります。
②長時間座るのが苦痛になる:お尻の脂肪も減るため、イスに長時間座るとお尻が痛くなります。これは以前の間欠断食で痩せた時も感じました。仕事で座り続けていると、1時間おきに立ちあがったり、したに厚いクッションを置く必要があります。
③寒がりになる:全体的に脂肪が減っているのからだと思いますが、寒い日は極端にトイレが近くなります。でも、お腹回りがスリムになってズボンのベルトの穴が足りなくなってきましたので、ニンマリです。

ダイエットに関してはこちらもどうぞ。
・小麦は食べるな! 「ジョコビッチの生まれ変わる食事」 ノバク・ジョコビッチ著 を読む
・万病が治る! 20歳若返る! 『かんたん「1日1食」!! 』 船瀬俊介著 を読む
・男性は読まないように! 「炭水化物が人類を滅ぼす」 夏井睦著 を読む
・間欠断食は効果抜群! 口ぐせダイエット 佐藤l富雄著 を読む
・ダイエット本の決定版! 「やせる」 勝間和代著 を読む

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

一日一食 ~40歳を過ぎたら、食べなくていい~やってみました! 1日1食「食べない」健康法 (PHP文庫)できる男は超少食―空腹こそ活力の源 !「空腹」が人を健康にする一日一食断食減量道 (講談社プラスアルファ新書)




大宮の梅林を楽しむ (2016年) [関東]

大宮の氷川神社の隣にある大宮第二公園にある梅林を見てきました。
ここは、埼玉県の梅の名所ですが、「梅まつり」は2月22日(土)~3月9日(日)なので、まだまだ見ごろとは言えませんが、すでに満開になっている木が何本もあり、それなりに楽しむことができました。

紅梅は見頃の木が多かったですね。
DSCF9204.JPG
DSCF9210.JPG
DSCF9211.JPG
白梅はまだこれからとい印象です。
DSCF9219.JPG
ご覧のように梅林のほとんどの木は、まだ咲いていません...。
DSCF9222.JPG
点在する咲いている木を見つけて楽しみました。
DSCF9225.JPG
DSCF9234.JPG
DSCF9242.JPG
DSCF9245.JPG
白梅と紅梅のコラボレーションです。
DSCF9252.JPG
DSCF9260.JPG
桃色の花もありました。
DSCF9275.JPG
DSCF9289.JPG
大宮第二公園から氷川神社に行く途中にある、「奥信州」で天麩羅せいろを頂きました。蕎麦が超大盛りで驚きました。私は蕎麦好きで通常のせいろは大盛りを頼むのですが、この店の普通の量でこれです。まあ、食べられるだろうと思っていましたが、食べても食べても減らず、勿体ない事に1/3くらい残してしまいました...。後で食べログを見たらお持ち帰りもできるようです。次回は、天麩羅なしでリベンジしたいと思います。(このお店は天麩羅もとても美味しいのですが)
7fd1192c-6913-40ff-8364-1952017693cd.jpg

せっかく大宮に来たので新幹線を撮影してみました。(私はぜんぜん撮り鉄ではありませんが...)
大宮は、東北・上越・北陸・山形・秋田新幹線が止まりますので、いろいろな種類の新幹線を楽しむことができます。

北陸新幹線のE7・W7系です。
DSCF9339.JPG
上越新幹線のE2系です。
DSCF9356.JPG
東北新幹線の「はやぶさ」で有名なE5系ですが、これは各駅停車の「やまびこ」です。仙台に居た頃は、「やまびこ」と言えば引退した古い車両でしたが、「はやぶさ」と同じ車両も使っているのですね。最高時速は320Km運転対応です。
DSCF9372.JPG
この15mのロングノーズが特徴です。
DSCF9379.JPG
秋田新幹線の「こまち」のE6系です。この車両も320Km運転対応です。
DSCF9414.JPG
大宮の梅林は、3月に入ってからが本当の見頃でしょうね。
私は撮り鉄ではありませんが、新幹線好きなので撮っているうちに乗りたくなりました。
次回はもう少し違ったアングルで撮って見ようと思いました。

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ


栃木で小江戸の街並みを楽しむ (2016年) [関東]

全国に「小京都」と言われる街はたくさんありますが、「小江戸」と言われているのは、私の住んでいる川越など数えるほどしかありません。その数少ない小江戸である栃木市に行ってきました。よく通っている佐野市から車で30分くらいの距離です。
天気が良かったのですが、朝が寒かったので高速道路で走っている時から濃い霧がかかっていて心配しましたが、11時頃には霧も晴れてきました。

江戸時代風のレストランです。
1.JPG
とちぎ蔵の街美術館です。小江戸といえば蔵ですよね。
DSCF9116.JPG
佐伯祐三と同時代にパリの街を描いた清水登之が栃木出身とは知りませんでした。残念ながら休館でした。
DSCF9115.JPG
街をぶらぶらと歩いていると昔の街並みが現れてきます。
T4.JPG
T2.JPG
山車会館です。栃木のお祭りも山車が出るようですね。
DSCF9111.JPG
酒屋さんかと思ったら家具屋さんでした。
DSCF9122.JPG
T3.JPG
栃木と言えば、巴波川沿いに続く蔵の眺めです。
DSCF9148.JPG
遊覧船に乗って楽しむこともできます。
DSCF9140.JPG
ファミリーマートですが、大人しい小江戸色になっています。以前は、川越にも同じような色のサンクスがありましたが、無くなってしまいましたね。
T5.JPG
駐車場のそばにあるコエド市場です。栃木の銘産品を買う事ができます。
DSCF9105.JPG
散策すると蔵や古い建物があって楽しめますが、一か所にかたまっていないのがちょっと残念ですね。散策するには歩道が広くて川越よりも歩きやすいです。ただ、川越に比べと観光客が少ないですね。
川越は東京に近いということもあり、いつも人でにぎわっていますが、それに胡坐をかかずに観光客が歩きやすいような工夫を行って欲しいものです。

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ


メッセージを送る