So-net無料ブログ作成

Kindle本で古典を楽しむ その2

最近は、Kindleで本を読むことが多くなっています。
Kindleの良い所は、著作権の切れた古典などを安価で読むことができることです。
特に、万葉集や古事記などの古文書そのものを見る事ができるのは画期的だと思います。これまでであれば、どこかの図書館にわざわざ行って見る必要があったものを手元で見る事ができます。
これらの本は、国立国会図書館などに所蔵されている本をコピーしたもののようです。
(その1は ⇒ http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2017-09-04

①古事記
まずは「古事記」です。太安万侶編となっています。(216円) クリックするとAmazonに飛びます。
古事記








古事記.JPG



























②古事記伝
教科書でしか見た事がない「古事記伝」です。(プライム会員0円)
古事記伝(1)








古事記伝.JPG



























③続日本紀
日本書紀の後の日本を書いた続日本紀です。40巻まであるのですが、Kindleでは後半の部分が無いようです。(プライム会員0円)
続日本紀 40巻 [1]








続日本紀.JPG



























④延喜式
当時の神社に関して記載した「延喜式」です。(324円)
延喜式








延喜式.JPG



























⑤神皇正統記
南北朝時代に書かれた北畠親房の神皇正統記です。(270円)
神皇正統記








神皇正統記.JPG


























以上、教科書でしか聞いた事のない本を並べてみました。
私も安いので買いましたが全然読んでいません。(笑)
眺めて雰囲気を見るだけで十分です。まあ、これもKindleの楽しみ方と言う事で。
nice!(2)  コメント(0) 

「真実の日米開戦 隠蔽された近衛文麿の戦争責任」 倉山満著 を読む [歴史の真実・陰謀論]


真実の日米開戦 隠蔽された近衛文麿の戦争責任
倉山先生の近衛文麿に関する本です。


近衛文麿に関しては、以前「大日本帝国を滅ぼしたのは、近衛文麿だ! 「嘘だらけの日中近現代史」 倉山満著 を読む その3」(http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2016-07-16)を紹介しましたので、こちらも読んで欲しいのですが、その内容を簡単にいうと、

近衛文麿とその側近が、日本を支那事変の泥沼に引きずり込み、さらに対米開戦へと導いた

という事です。
ただし、近衛がソ連のスパイであったか否かは、状況証拠しかないので倉山先生は断言していません。

この本は倉山先生の本のいつものスタイルで、単に近衛文麿の言動を書いているだけではなく、時系列で日本及び各国との関係、日本国内の状況に関しても分かりやすく書かれています。これによって、どのような国内情勢、対外情勢の時に、近衛文麿が何を言っていたか、何を行ったかを理解することができます。

ちなみに、倉山先生は、「ファシズム」とは一国一党の事で、近衛文麿の進めた大政翼賛会は、一国ゼロ党なのでファシズムではない、と書いています。現在の中国こそ共産党の一党独裁で典型的なファシズム国家ですね。後は旧ソ連。しかし、日本の歴史学会では、「大人の事情」でこの定義は使えないそうです。(-_-;

●対米戦争について
なぜ戦前の日本はアメリカを相手に、負けるに決まっている戦いをしてしまったのか。
戦後に生れて強い軍事大国アメリカしか知らない私たちは、普通にそう思います。倉山先生もそうだったようです。しかし、米国が軍事大国になったのは日米の戦争が始まってからです。開戦当時は、国力の差はありましたがアジアの戦力で見れば日本の方が強かったのではないかと思います。
また、戦争は国力だけで決まるものではありません。日本から見ても小国であるベトナムはアメリカに勝っています。その理由を倉山先生は、以下の2つだと書いています。

①米国と対抗していた大国ソ連の後ろ盾があった。
②インテリジェンスの勝利。プロパガンダによって、世界中に「残虐なアメリカ」を印象付けて、アメリカへの非難声を上げて国内の厭戦感を高めた。


①に関して、大東亜戦争で日本はアジアでは単独で大国である米国、英国、ソ連の3国すべてを敵にまわしました。
②に関しても、ソ連のスパイの暗躍を許し、中国にはプロパガンダされまくっていました。このソ連のスパイによって近衛の側近も米国のルーズベルトの側近も真っ赤っかになっていたようです。
日本も日露戦争の時には、インテリジェンスの分野で陸軍の明石元二郎が活躍して勝利に導いた過去があるのにどうなってしまったのでしょうね。
そして、現在も韓国、中国に「南京大虐殺」だの「従軍慰安婦」だのプロパガンダされまくっています。インテリジェンス戦も戦争です。戦前のように「分かる人は言わなくても分かってくれる」などという日本的な考えは世界には通用しません。きちんと大規模な予算付けて、全世界に向けて正しい情報を継続的に発信しなければダメです。安倍さんよろしくお願いします!

ソ連の活動に関して言うと、その赤化の波は陸軍や官僚にも押し寄せていたようです。陸軍の中では、石原莞爾、武藤章、梅津美次郎や統制派のメンバーが統制経済を唱えていて、証拠は無いものの疑惑を持たれていたそうです。この当時、表面上は天皇陛下バンザイを叫んでいるけれど赤化していた軍人が多くいたようです。

*悪いのはルーズベルト
これまで、日米開戦は日本が一方的に悪かったと言われていますが、本当の悪者は米国大統領のルーズベルトでした。
開戦前のアメリカは、フィリピンに植民地を持ってはいましたが、中国に関してはまったく無関係です。米国としては、海の向こうの日本に対して戦争を行う理由はないはずです。その当時、米国は日本には石油を売り、中国には武器を売る死の商人をやっていました。それにもかかわらずルーズベルトは、日本の中国での戦いにちょっかいを出してきました。

さて、日本を日中戦争の泥沼に引きずり込んだ近衛文麿ですが、なぜか最後の最後になって、日米開戦の回避に動きだしました。
昭和16年の日米交渉の流れです。
・第三次近衛内閣で近衛文麿は突然、日米開戦回避に動き外相の松岡洋右が必死に奔走する。
・ルーズベルトは、「松岡が外相である内は交渉できない」と松岡の罷免を要求。
・7月16日:それを受け、近衛は松岡外相を罷免する。
・7月25日:それにもかかわらず米国は在米日本人資産を凍結する。さらに戦争当時者でもないのに日本の南部仏印進駐を止めるように要求。(日本としては、日支事変の解決を阻んでいる蒋介石の外国からの援助ルートを絶ち切る事が重要だった)
・7月28日:南部仏印に進駐。(交渉の駆け引き上やむを得ない)
・8月1日:米国は石油を禁輸する。
・8月7日:近衛首相がルーズベルトと直接交渉を行いたい旨をハル国務長官に伝える。ハルの反応は肯定的。
・9月3日:米国から日本軍が中国大陸から引き揚げたら会うとの回答。
・9月6日:御前会議開催。10月で交渉を打ち切って対米開戦の結論。
・10月2日:グル―駐日大使が日米会談拒否を通告。
・10月14日:ソルゲ事件が発覚して内閣総辞職。東條英機が後継となる。
支那事変勃発当初から隔離演説で日本を病原体呼ばわりし、数々の挑発的言辞と経済制裁。そして最終局面での不真面目な態度。以上から判断できることは、ルーズベルトは日本と戦争をやりたがっていました。その理由は、ルーズベルトが狂人だったからです。ルーズベルトがソ連のスパイだと断定できない以上、狂人だったからと断ずるほかありません。
もちろん、狂人とは医学的な意味ではありません。政治的な狂人です。
米国の主張する「日本は中国から出て行け」という主張は米国に対して「ハワイをカメハメハ王朝に返せ」あるいは、「奪った土地をインデアンに返せ」というくらい承服できない要求です。日本としては飲む事はできません。

日本は、アメリカから石油を止められたから戦争を行ったと言われています。しかし、アメリカ領のフィリピンには石油はありません。あるのは、オランダ領のインドネシアとイギリス領ブルネイです。後知恵で考えれば、英、蘭とだけ戦争をして米国を無視していれば良かったのです。
実際の大東亜戦争で日本はオランダを九週間で負かしていますし、イギリスにしても、たったの二ヶ月で片付けてしまいました。アメリカさえ相手にしなければ、アジア、イギリス、オランダなど大日本帝国の前には、ものの数ではなかったのです。
日本には米国と戦争する理由はありませんが、893のような米国が執拗に因縁を付けてきます。彼らの常套手段で、いろいろと挑発して最初に殴らせるという方法です。米国の国民は、第一次大戦で懲りているので、戦争には反対ですし、ルーズベルトは若者を戦地に送らないという公約で当選しているので、日本が米国本土であるハワイを爆撃でもしなければ自らは参戦できない状況です。(植民地のフィリピン攻撃では無理でしょう)

それでは、何故日本はアメリカとの開戦に踏み込んだのでしょうか?
倉山先生は、当時の日本政府、官僚がみんなポジショントークしていたからだと書いています。

陸軍:支那事変を解決したいが、英国が蒋介石を援助しているので長引いている。英国との戦いは不可避だ。
海軍:米英は一体なので、イギリスを敵に回したらアメリカが出てくる。
陸軍:だったら、アメリカと戦うまでだ!
実際には、米英は全然一体ではないのですが、その正論が通らなくなっています。
たまには良識派がいて、宇垣一成はアメリカなど無視してイギリスと話をつければいいのだと頑張ったのですが、そういう正しいことを言う人は葬り去られます。
陸軍と海軍はそれぞれ陸軍省、海軍省という省の官僚です。大蔵省から予算を付けてもらえなければ装備も補充できません。ですので、お互いに予算を取り合う敵なのです。
中国(北支)、ソ連は陸軍の縄張りです。しかし、蒋介石を支援している英・米は海軍の縄張りです。陸軍が蒋介石への支援を切るために英・米と戦う事になれば、海軍としては陸軍に予算を取られてしまいます。海軍としては、長年米国を仮想敵国として予算を取ってきましたので、いまさら米国とは戦えないとは言えません。
しかし、海軍としては、ここで戦えないことを理由に対米開戦不可を押しきれば、嘘つき且つ無能者の烙印を押されます。今後、予算を削られるのは必定です。だったら、アメリカと戦って勝つことに活路を見出す。こうした組織防衛の論理で、対米開戦に踏み切ったのです。
何と、日米開戦は、海軍省というお役所のメンツのために行われたという事になります。しかも、フィリピンで艦隊決戦というこれまでの海軍の方針を変えて、米国の望み通りに米国の領土であるハワイの真珠湾を奇襲します。
山本五十六はスパイだろ! と思いますが、倉山先生は学者なので決定的な証拠がないので保留という立場をとっています。
東京裁判で、陸軍だけ悪者で海軍の戦犯が少ない事の説明ができてしまいますね。

何故、倉山先生はこの本を書いたのだろうと考えました。
近衛文麿と安倍首相を重ね合わせて見ているのか、あるいはトランプとルーズベルトをオーバーラップさせているのか、大日本帝国と北朝鮮を重ねているのか...。
みなさんも是非読んでみて下さい。

倉山先生の本に関しては、以下もご覧ください。
・中国五千年のプロパガンダを暴く!「嘘だらけの日中近現代史」 倉山満著 を読む その1
・満洲事変は侵略ではない! 「嘘だらけの日中近現代史」 倉山満著 を読む その2
・日本は朝鮮人のために世界を敵に回した! 「嘘だらけの日韓近現代史」 倉山満著 を読む
・織田信長はスティーブ・ジョブズだ! 「大間違いの織田信長」 倉山満著 を読む

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ


倉山満が読み解く 太平記の時代―最強の日本人論・逞しい室町の人々嘘だらけの日英近現代史 (扶桑社新書)嘘だらけの日米近現代史 (扶桑社新書)嘘だらけの日米近現代史 (扶桑社新書)嘘だらけの日韓近現代史 (扶桑社新書)嘘だらけの日露近現代史 (SPA!BOOKS新書)

nice!(1)  コメント(0) 

日本は朝鮮人のために世界を敵に回した! 「嘘だらけの日韓近現代史」 倉山満著 を読む [歴史の真実・陰謀論]


嘘だらけの日韓近現代史 (扶桑社新書)



倉山先生の「嘘だらけの~」シリーズの日韓の近現代史に関する本です。
韓国に関して論じる時には必読の書だと思います。

この本の「はじめに」の冒頭に、
一昔前に〝日韓〟などと銘打った本を書けば、「韓国のイヌ、手先」「右翼」「軍国主義者」「ファシスト」「アジアのヒトラー」「人類の敵」などと石を投げられ、(後略)
と書いてあり、そう言えば韓国は1987年まで独裁政権であった事を思い出しました。その当時、韓国と言えば「クーデター」、「戒厳令」というような言葉が連想された時代です。韓国は、平成が始まる頃までそのような政治状況だった事は押さえておかなければなりませんね。

さて、倉山先生は朝鮮半島史に関する文献を渉猟することで韓国人の思考回路を調べて以下の法則を見出しました。
1.頭の中がファンタジー
2.軍国主義でないと正気を保てない
3.反日を言っていないと親日になってしまう
この3つを押さえておきましょう。詳しくは本書を読んでみて下さい。

2010年、当時の仙谷官房長官が韓国に謝罪しようとした時に、倉山先生は以下のような倉山談話をブログで発表しました。
満洲事変で、私達日本人は拉致された朝鮮人の人権を守るために、世界中を敵に回し、最後は国を焦土としても戦い抜きました。両国友情の証に褒めてください。 支那事変では、韓国人の皆様は本当によく協力してくれましたね。あなたたちがそこまで中華帝国を大嫌いだとは知りませんでした。忘れないよう、感謝いたします。
大東亜戦争中は、日本人の名前を名乗らせないのは差別だとか、兵役の義務を与えないのは差別だとか、同じ帝国臣民としての権利を認めないのは差別だとの声に、こたえるのが遅すぎたようです。しかも改革の速度が遅すぎました。心より謝罪いたします。(後略)
この本の中で、この談話の内容を詳しく説明しています。

朝鮮は、白村江の戦の時代から(それ以前からか?)現在まで基本的に中国の属国で、反日国家でした。その中で唯一、日本統治時代だけ親日になっていました。統治時代は、日本人として大東亜戦争を一緒に戦いました。しかし、日本が敗戦になった途端、第三国人として傍若無人の振る舞いを始め、日本人の土地を奪い取り、強奪、強姦の限りを尽くしたのでした。
(これに関しては、http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2016-08-03)も参考にして下さい。

戦時中まで日本人として同化していた韓国人は、敗戦後に独立国として立ち上がるためには、反日を国是とするしかなかったという事です。しかし、戦時中は日本人と戦争を戦い、戦勝を一緒に喜んでいた人たちです。朝鮮人で実際に、反日活動を行っていたのは、北朝鮮の金日成です。韓国人が反日を叫ぶほど北朝鮮の金日成を称え、持ちあげる事になります。倉山先生は、それで良いんですか? と問うています。

●満洲事変について
満洲は清朝の父祖の地ですが、中国にとっては化外の地で清国滅亡後は、現地の匪賊が暴れ回る無法地帯でした。その地で日本人居留民(その多くが朝鮮人)が生命の危機にされされていました。その度に現地の関東軍が出動して対処していましたが、親中派の日本政府は何の根本対策も打ちません。その打開策として石原莞爾が中心となって、満洲事変を起こして満洲の治安の維持を図り対ロシアの緩衝地帯としました。

●安重根の伊藤博文暗殺
伊藤博文は親韓派で政府内の即時併合派を押さえていましたが、安重根に暗殺されました。
伊藤は自分を撃ったのが朝鮮人だと知り、「俺を撃ったりして、馬鹿な奴だ」と呟いたそうです。これが引き金となって大韓帝国は日本に併合されました。
安重根の高潔な人柄を褒めたたえる人が多いですが、
後先を考えない善意は、何の意味もないどころか、しょせん愚行にすぎません。
という事になります。
朝鮮半島に莫大な投資を行い、インフラ整備を行い、学校(帝国大学まで作った)を作ってハングルを普及させて教育を行いました。しかし、その結果が感謝もされず1,000年先まで恨まれるとは、一体何をやっていたのか?と問わざるを得ない事です。
台湾のようにやった事を感謝されるような民族にだけ誠意を持った対応を行うべきでした。

●明成皇后の虐殺
李朝の明成皇后は王宮で日本人浪人に暗殺されました。倉山先生は、
「お褒めいただきありがとう、礼には及ばん」と言ってあげるのが正しい返答です。(中略) 韓国人民を弾圧し続け、搾取の限りで私利私欲を貪り、事あるごとに国を売るようなことばかりしていたのですから。明成皇后こと閔妃こそ、日韓人民共通の敵です。「人を殺すのは良くない!」というような、当時の李氏朝鮮にはまったく存在しない価値観でも持ち出さなければ、閔妃殺害を指弾することは不可能でしょう。韓国人の立場に立てば、閔妃はドイツ人におけるヒトラーのようなものです。
と書かれています。この時宮殿を襲撃したのは、日本軍守備隊、朝鮮親衛隊、朝鮮訓練隊、朝鮮警務使で、日本人単独ではありません。本当に誰が殺したかは分かっていないようです。

●ハングルについて
李氏朝鮮の第四代世宗大王がハングルを制定しました。
我が国の語音は中国とは異なり、漢字と嚙み合っていないので、愚かな民たちは言いたいことがあっても書き表せずに終わることが多い。予はそれを哀れに思い、新たに二十八文字を制定した。
というのが始まりで、日本統治時代に普及させるまでは、女、子供が使う文字として卑下されていて普及しませんでした。

●秀吉の朝鮮出兵
戦国時代を統一した秀吉は、ポルトガル、スペインからの情報で世界もまた戦国時代であると理解しました。秀吉は、対明征伐のために朝鮮を通ろうとしただけで「朝鮮出兵」という意識がありませんでした。戦国時代を勝ち抜いた秀吉時代の日本の軍事力は、当時としては世界でもトップクラスであったと言われています。下手をすると本当に明を滅亡させた可能性もありましたが、前線の大名達が戦の目的を理解できずにやる気が無かったので、うまく行かなくて良かったです。たとえ明を滅ぼしたとしてもその後の混乱の治安維持の方が大変でしょうから。
ついでに書くと、徳川時代に日本が鎖国をできたのは、日本が軍事大国だったからです。軍事力がなければ自分達が鎖国しようとしても、軍艦がやってきて侵略されて終わりです。回りの国が「良い人達」で無い以上、鎖国も非武装中立もあり得ません。
ちなみに、「中立」とは両方の味方ではなくて、両方の敵になる事です。従って、非武装で中立はできません。

●創氏改名について
日本は創氏改名を強制していません。朝鮮名のまま国会議員や陸軍中将にまでなれるのに「創氏改名の強制」があったというのは何なのでしょう。現在、「創氏改名の強制」などしていないのに、なぜ在日の人たちはは通名を使用するのでしょうか?

最後に一つだけ。過去の歴史を見ると、韓国は常に強い国にすり寄っています。清が強い時には清、ロシアが強い時にはロシア、日本が強い時には日本です。そして今は中国の力が強いから中国にすり寄っています。

書きだすときりが無いので、ぜひ倉山先生の本を読んで下さい。

「嘘だらけの日中近現代史」に関しては、以下もご覧ください。
・中国五千年のプロパガンダを暴く!「嘘だらけの日中近現代史」 倉山満著 を読む その1
・大日本帝国を滅ぼしたのは、近衛文麿だ! 「嘘だらけの日中近現代史」 倉山満著 を読む その3

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ





倉山満が読み解く 太平記の時代―最強の日本人論・逞しい室町の人々嘘だらけの日英近現代史 (扶桑社新書)嘘だらけの日米近現代史 (扶桑社新書)嘘だらけの日米近現代史 (扶桑社新書)嘘だらけの日韓近現代史 (扶桑社新書)嘘だらけの日露近現代史 (SPA!BOOKS新書)

nice!(2)  コメント(0) 
メッセージを送る