So-net無料ブログ作成
検索選択
宗教について ブログトップ

「日本はキリスト教国家だった! 封印された日本史」 著 を読む2 [宗教について]

封印された日本史~日本はキリスト教国家だった!今回は、日本とキリスト教に関する本です。

この本の主張は、「日本にはザビエルが来るずっと前からキリスト教が伝わっていた」ということです。

著者のケン・ジョセフ氏は1957年東京生まれ。18歳まで日本で育つ。米カリフォルニア州バイオラ大学卒。先祖はアッシリアとのこと。日本の古代史研究家、秦氏研究家、景教研究家で千葉大学准教授です。

ジョセフ氏のお父さんは宣教師で大東亜戦争終戦後、マッカーサー元帥が米国民に日本の復興を助けるため1万人がボランティアで日本に来て欲しいという呼び掛けに応じて来日したそうです。
ジョセフ氏の先祖の地である中東のアッシリアという国は現在はありませんが、現在のイラクやイラン辺りの地域にあったと言われています。エデンの園、バベルの塔、ノアの箱舟が漂着したアララト山もアッシリアにあったと言われています。

ジョセフ氏は、古代アッシリアの時代から中国とは交易を行っており、漢の武帝の時代に大月氏の国(現在のアフガニスタン)に使者を送ったという記録があるそうです。つまり、古代から中近東と中国は、シルクロードを通してかなりの交流があり、中国にもキリスト教(景教)が伝わっていたということです。そして、そのシルクロードの終着点が私たちの住んでいる日本ですので、当然日本にも伝わっていたというのがその主張です。

現在の通説では、16世紀にイエズス会のフランシスコ・ザビエルが初めて日本にキリスト教を伝えたことになっています。しかし、ザビエルは日本に行く前にマラッカで日本人弥次郎に会い、日本の宗教、風習についてヒアリングしていたそうです。その時に、日本の仏教は基督教に似ており、混合していると気づいたそうです。そして、「福音はすでに日本において語られていると思われます。しかしその光は、今は彼らの罪と、異なる教えとによって、薄暗いものとなってしまっています。」とヨーロッパに手紙で伝えたそうです。

確かに、日本史をひも解いてみると、聖徳太子(厩戸皇子)が厩の前で生れたとか光明皇后の1,000人の垢すりの逸話も明らかにキリスト教(聖書)の影響があると思います。

ジョセフ氏は、景教以前に秦氏の渡来によって、古代キリスト教が日本にもたらされたと考えています。秦氏は応神天王14年(283年)に中央アジア弓月国の王が、約2万人という大集団を率いて渡来したと言われています。当時の日本の人口を考えると2万人は、かなりインパクトのある数だと思います。
秦氏は兵庫県赤穂市坂越に上陸したと言われています。秦氏は、京都の太秦を本拠地にして広隆寺を建立しましたが、これも仏教の寺ではなく古代キリスト教の教会だったと言います。江戸時代においても、儒学者太田錦城の「寺と名はついているが、仏教の寺ではない」という記述が残っているそうです。
また、後に造られた平安京は秦氏が造ったと主張しています。現在考えると、集団で渡来してきた秦氏が、どうして日本の中心である京都に土地をもらえたんだろうと疑問に思いますが、これは逆で秦氏が渡来した当時の日本の中心は河内周辺です。ですので、9世紀に秦氏が自分達の住んでいた土地に平安京を作ったということのようです。飛鳥時代以降は、奈良や京都は渡来人の新興住宅地だったそうで、当時の奈良の南部の住民の80%、京都の70~80%が渡来人、帰化人であったと言われているそうです。

ジョセフ氏は強く主張します。
・中近東、中央アジア、東アジアから多くの人がシルクロードを通って日本にやって来ている。
・奈良、京都はシルクロードの終着点である。
・シルクロードから日本にやって来た時、古代キリスト教や景教も一緒に伝来してきたはずで、その時に古代キリスト教や景教だけ中国や朝鮮半島に置いてきたはずがない。

その他、興味深い点をいくつか紹介します。
●茶道について
・茶道は、キリスト教の聖餐会である。
・キリシタン迫害時代に、茶室で「聖餐式」を行っていた。
⇒千利休の弟子たち「利休七哲」は高山右近などのキリシタン大名が多かった。
これに関しては、ジョセフ氏が、京都の裏千家の本部で確認したそうです。その時のコメントは、「 裏千家としては、そうは思っておりません。でも、家元がそう思っていらっしゃることは、事実です」とのことです。
もしこれが本当だとすると、秀吉は茶道の奨励を通してキリスト教を各地に広めたことになりますね。

●聖徳太子について
・聖徳太子が建立した四天王寺に「四箇院」(敬田院、施薬院、療病院、悲田院)という福祉施設が付随していた。このようなものは、他の仏教施設にはないものである。
⇒ これはキリスト教の思想によるものである。

●キリストの墓について
・このブログで紹介した青森県新郷村(旧戸来村)の「キリストの墓」(http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2016-05-15)に関して、ジョセフ氏は、何日か滞在して調査したそうです。そして、キリストの墓の土地の持ち主にしつこく聞いて、以下の事実を聞き出したそうです。
昔その地方には渡来人の墓があったとのことでした。7つあったといいます。それらにさわると、バチがあたると言い伝えられていました。しかし戦前に、おばあさんがその墓を開けたそうです。そして中にある物を持ち出した。そのあと、いろいろあったみたいですけれども、やがて憲兵が来て、それらの墓を全部、大阪に持っていってしまったというのです。墓は、どうも基督教系の渡来人のものだったようです
現在、日本人は神道や仏教を信仰しているにもかかわらず、クリスマスを祝い、教会で結婚式を行い、バレンタインにチョコを送り、ハロウィンの仮装に興じています。普通に考えると節操がないとなりますが、この本に書いてあるように太古の昔から古代キリスト教に慣れ親しんできたからだと考えると何となく納得できますね。(^^)

日本の歴史に興味がある方にはぜひ読んで欲しいお勧めの一冊です。

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

天上界のメッセージ「大天使ミカエル」 アマーリエ著 を読む [宗教について]


4巻 大天使ミカエル (アマーリエ スピリチュアルメッセージ集)以前、「光の天使たちよ! 「心の発見」 高橋信次著 を読む 」(http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2014-04-25)を紹介しました。
この本は、大天使ミカエルが、天上界からのメッセージを主婦であるアマーリエさんに伝えたものを本にしたものだそうです。

ミカエルは、高橋信次氏の活動の時にも、娘の佳子氏に降りてメッセージを伝えていましたが、今はアマーリエさんに降りているそうです。この本によると、天上界の計画は以下のようなものだったそうです。

●第一の計画:九次元霊の一人であるエルランティが日本に高橋信次として生れ活躍した救世運動。その後に続くエル・カンタラー(ブッダ)の活動の基礎づくりをした。
●第二の計画:同じく九次元の一人であるエル・カンタラーが大川隆法として日本に生れ、宇宙規模の法を説き、地球を愛でひとつにまとめあげることを目的とした救世計画。魔の妨害で頓挫した。
●第三の計画:第一、第二の計画が失敗した場合を考えた救世計画。魔に強い戦闘系巫女であるアマーリアを中心に行われる大改革運動。

う~ん、そうなんですか...。これで言うと、高橋信次氏は大川隆法氏の露払いということになりますね。そんな事は個人的には、全く認められません。(この本では、OR氏と書いてありますが、どう考えても大川隆法氏なので、そう書きます)
確かに大川隆法氏の霊言集が次々に出版され、1980年代後半から書店の一角に大々的に平積みされるのをリアルタイムで見てきた私としては、何らかの力の後押しは感じていました。(霊的なものと言うよりはお金の力です(笑))

実は、私は初期の大川隆法氏の本は結構買って読んでいました。(汗;)初期の頃は、お父さんである善川三朗氏の名前で出ていました。この頃の本は、大川隆法氏が父親の善川氏の質問に答える形で霊界のメッセージを伝えていました。その本の中には、父の質問に対して、「くどい! 何度同じことを聞くのか!」というような感じで大川氏が父親を叱りつけるような場面もあり、それなりに臨場感がありました。(^^)
しかし、「坂本龍馬の霊言」あたりから、「ん? これって、NHKの大河ドラマを見てれば言えることだよな...」と違和感を感じ、それ以来一冊も読んでいません。

この本によると、第一の計画も第二の計画も魔王ルシフェル・サタン率いる、「魔」の妨害によって頓挫したそうです。霊言を降ろしている人にとっては、今話をしているのが天上界の霊なのか、「魔」の霊なのかが区別がつかなくなり、間違った霊言を伝えてしまう、ということになったようです。

まあ、興味の無い人にはどうでもよい話ですが...。
ただ、この本の面白い所は、
でも、神は、証明はしない。
証明を求める者に対しては、沈黙をもって答えるという、
「汝、聖霊を試すことなかれ」
「汝、天上界の神々を試すことなかれ」ということを、古来より人びとに伝えて来たはずなのです。
我々、神々の言葉を、聖霊の言葉を信じられぬ者は、証明をみせたところで、けっして、信じられるものではないのです。
ふすまが開き、「冷蔵庫の中に入っているお刺身食べてもいい?」という言葉で一時中断
大天使ミカエル 信仰心というのは、本来は目に見えぬ神というものを信じるということ。
目に見えるものだけを信じているのであるなら、唯物的な物質主義的なものを拝するという、物質信仰と何ら変わらないではないですか。

というように、主婦の生活感がそのまま本に記載されていることです。
どうですか? なかなか臨場感があると思いませんか?
大天使ミカエルの言葉を中断させるとは、すごいですね!(^^)

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

光の天使たちよ! 「心の発見」 高橋信次著 を読む [宗教について]


心の発見 (神理篇)さて、このブログでは初めて宗教に関する本の紹介です。
まずは、著者のGLAの創設者である高橋信次氏について説明しなければなりません。

高橋信次(1927~1976年)氏は、長野県生まれ、日大工学部に学び高電工業(株)というエレクトロニクス系の会社の経営者という顔がありました。今だったら「IT企業家」と言われていたかも知れません。高橋氏は40歳の頃から霊的現象が現れ、「ワン・ツー・スリー」や「フワン・シン・フワイ・シンフォー」と名乗る守護霊に教えを受けることになります。(後にそれぞれイエス・キリストとモーゼであるとしていました) 氏は講演を通して、人々の霊視や除霊を行ったり、古代の人物を人の憑依させて霊言を話させたりしました。そして、GLAという宗教法人を作り、「正法(しょうほう)・神理」(神が定めた自然の法則)と人々に説いていましたが、高橋氏が若い頃から予言していたように、48歳という若さで亡くなります。

氏の教えは魂の輪廻転生を基礎としており、自身も釈迦の生まれ変わりであると考えていたようですが、晩年には自分はエル・ランティ(九次元霊の一人、ヤハウェ、アラーと言われた)だとの発言があったようです。また、その頃の講演では、娘の佳子氏に「大天使ミカエル」が入ってもらい霊言を語らせていました。これにより、高橋氏は「佳子が大天使ミカエルなのでは?」と思うようになっていたようです。これが氏の死後の大混乱を招くことになります。

高橋氏の霊視や霊能力に対する評価は非常に高く、氏の霊能力に対する疑問は聞いたことがありません。それによって多くの熱狂的な信者が集まり、他の宗教からも帰依する人たちが多くいました。しかし、氏の48歳という若過ぎる死によって、GLA教団はバラバラになってしまいます。教団がこれまで高橋氏に深く帰依していた古くからの信者ではなく、娘の佳子氏を「大天使ミカエル」として後継者に決めたことで、多くの信者が教団を離れていきました。当時、佳子氏が書いた「真創世記」という本はベストセラーになり、私たちの世代にとっては思い出深い本になっています。ただし、この本はSF作家である平井和正氏が書記となって書いたと言われています。(今はやりのゴーストライターですね) また、当時のGLAの内部の話をモデルとして書いたのが、(マンガの方ではない)小説の「幻魔大戦」だと言われています。角川文庫から出ており、私も夢中になって読んだものです...。ああ、懐かしい!(笑)

さて、「心の発見」ですが、平易でありながら読む人の心をつかむ文章で書かれています。私は、氏が亡くなってから5、6年経った20代の半ばの頃に初めて読んだのですが、すぐに高橋氏の考えに引き込まれてしまい、氏のほとんどの本を貪るように読みました。一時は、GLAに入団しようと本気で考えて、本部に電話をした事もあります。いろいろな事情で入会はしなかったのですが、その当時のGLAは上記のような混乱した状況だったようですから、入会しなくて正解でしたね。(^^)
6年ほど前に、仙台に単身赴任することになったのですが、泉中央の駅の近くにあったアパートのすぐそばにGALの東北本部を見つけて本当に驚きました。今のGLAは、高橋佳子氏が中心となって宗教というよりはセミナーなどで啓蒙活動などを行っているようですね。

この高橋信次氏の本で宗教に目覚めた私は、その後も高橋氏に関連した本を読む事になりました。高橋氏の死後、沢山の後継者と自称する人たちが現れました。

天国の扉―未来への幸せをめざしてその頃、国分寺の北口にある大きな本屋によく通っていたのですが、そこでこの本を見つけました。著者は千乃裕子という人で、大天使ミカエルは、高橋佳子氏ではなく自分だと主張し、本や機関誌を通して天上界のメッセージを伝えていました。
私もその頃は、その本や機関誌をずいぶんと買っていました。(^^) その千乃裕子氏が、2003年に白装束集団(パナウェーブ)としてTVやマスコミで連日報道されて有名になった時は本当にビックリしました。
俺は何を信じていたんだ! って...。 人生いろいろですね。(笑)

でも、私は高橋信次氏は本物だったと今でも信じています。

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

心の原点―失われた仏智の再発見 (心と人間シリーズ)原説般若心経 (心と人間シリーズ)人間・釈迦 1―偉大なる悟り (心と人間シリーズ)悪霊 (1) (心と人間シリーズ)心の指針―苦楽の原点は心にある (心と人間シリーズ)心の発見 (科学篇) (心と人間シリーズ)心の発見 (現証篇) (心と人間シリーズ)
宗教について ブログトップ
メッセージを送る