So-net無料ブログ作成
検索選択
苫米地英人 ブログトップ
前の20件 | -

速読で1日3冊読むのは意味がない! 「クロックサイクルの速め方」 苫米地英人著 を読む [苫米地英人]


クロックサイクルの速め方 ~脳が2〜32倍速になる特殊音源トレーニングCD付~

苫米地先生の速読に関する本です。前回紹介した本とかぶる部分もありますが...

まず、「時間は誰にでも平等じゃない」ということを前提として話を進めています。私たちは、生まれた環境、容姿などは平等ではないが、「時間だけはみんな平等に与えられている」と考えていますが、これをまず否定されます。ここでいう時間とは、「体感時間」のことですが、例えば米国のニューヨーカーとオハイオの住民では、体感時間がまったく違うということを指摘しています。(ニューヨーカーは早足で、話すのも速い)
・脳の情報処理速度が変われば感じる時間、考える時間は変わる
・能力の差はクロックサイクルのスピードの差
・クロックサイクルが変われば1日24時間ではない
つまりパソコンのCPUのクロックのように脳のクロックサイクルを速くすれば、1日が24時間ではなくなるということです。確かにWindowsを立ち上げるだけでも1分以上かかっていたパソコンを最新機種に買い替えると30秒くらいで立ち上がることもよく経験することですね。そうは言ってもパソコンと違ってCPU(脳)は取り替えられないだろう?と思いますが、それをするための方法が述べられています。

脳のクロックサイクルを速くするには「速読」が有効であるということです。そして、その苫米地式速読は、
①一字一句落とさないで読む。
②一行分をまるごと目に入れて読む。
③視点は、読んでいる行よりも先の行に置く。
というもので、著者が最も言いたかった情報が入ってくるということです。この本の最後の方は、付属のCDを使った速読法に関して書かれています。
通常の私達の読書は、自分の興味のある本を読むため、自分が正しいと思い込んだ情報以外を脳がブロックしてしまいます。これを「スコトーマ(盲点)」と言いますが、この読み方でどんなに沢山読んでも自分の興味のあるもの、自分が正しいと考えていること以外は知識として入ってこないことになります。
それを防ぐためには、「著者になって読む」ことが重要(すなわち自我を消して読むこと)で、これによってスコトーマが消えて新しい知識を吸収することができます。

そして、私が一番重要だと思ったことは、本を読む意味に関してです。苫米地氏は、今の日本人は圧倒的に読書量が不足している、本を1日10冊、月に300冊レベルの大量の本を読む必要があると主張します。これだけ大量の本を読むことで、新しいゲシュタルト(全体性を持ったまとまりのある構造)が生れ、新しいものの見方が見えてくると言います。また、月に300冊読むと同じ概念が何度も現れてくるので、自分の記憶に定着しやすいとのことです。
何のために速読するのか?
⇒ 1冊10分で読めてもそれで終わりであれば速読は不要
⇒ 速読で1日2時間10冊読まなければ意味がない
一日3冊速読する人と、1日3時間じっくり読書する人はとっちがすごい?
⇒ 1日3冊ならじっくり読書する方がいいに決まっている
⇒速読の意味は大量に読むことによって欠点を補うほどの情報を得られること
⇒ 速読の本質は量を読むこと

私も速読で、1日1冊を速く読めればいいやと思っていました。(笑)
速読に興味のある方にはお勧めの本です。

ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。人気ブログランキングへ

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1


超「時間脳」で人生を10倍にするほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方 (PHP文庫)一生幸福になる超訳般若心経コンフォートゾーンの作り方【聴くだけで目標達成できる!CD付】~図解TPIEプログラム~ドクター苫米地の新・福音書――禁断の自己改造プログラム超瞑想法気を整えて夢をかなえるリセット整理術モーツァルトの奇跡! 驚異の


米国デフォルトか? 久しぶりの苫米地節! 「日本人よ、目をさませ!」 苫米地英人著 を読む [苫米地英人]


日本人よ、目を覚ませ!

久しぶりの苫米地先生の本です。
部屋を片付けていたら、この本が見つかりました。こんな本読んだっけ? と思って、発行日を見てみると2011年3月1日でした。 そうです、買って、読んで、ブログで紹介しようとしていたのですが、3.11の大震災ですっかり頭から飛んでいたのです。(笑)


まずは、日本の現状の問題を指摘します。「事実を正確に伝えようとしない大手マスコミ」に関しては、みなさん今回の原発事故で実感として理解されたと思います。
今の日本にはいらないものがあまりにも多すぎます。
官僚や、事実を正確に伝えようとしない大手マスコミ、そしてアメリカに隷属する一部の政治家たち。彼らがいるかぎり、デタラメな税制も天下りも領土問題も経済不況もいつまで経っても改まりはしないでしょう。

それから、現在一番懸念されている「アメリカの破産」に関してです。この件に関しても、大手マスコミはほとんど大きく報道していません。
現在、アメリカの赤字は2007年の時点で54兆ドル(4,530兆円)と発表されており、現在は70兆ドル(5,800兆円)を越えている可能性すらあります。日本の赤字900兆円など可愛いものなのです。近年、日本の国家破綻がよくいわれていますが、国家破産が間近なのは、日本ではなくアメリカのほうなのです。しかも、アメリカが国家破産したら、日本は大きな損害を被ります。なぜなら、大量の米国債をドル建てで買っているからです。
400兆円といわれる日本の米国債保有高は、単純計算で1ドル百円が80円のドル安になった場合で80兆円が消えてしまうのです。
では、そんな米国債はもう売ったほうがいいと誰もが考えるでしょうが、日本はそれを売ることができないのです。 これは『洗脳支配』でも書きましたが、その昔、宮沢喜一元首相が米国債を売りたいとアメリカに打診したところ、アメリカからこんな返事が返ってきたそうです。「米国債を売ったら宣戦布告とみなす
米国債とは、簡単に言うとアメリカの借金手形のことです。それはアメリカがFRB(連邦準備制度理事会)に借りている借金です。通常、FRBとはアメリカの中央銀行と解説していますが、実はFRBはごく普通の民間銀行で株の大半は、シティバンク(ロックフェラー)、JPモルガン(ロスチャイルド)が持っています。

これに対して日本の政府が日本銀行から借金したとしても、利息を払う必要はありません。それは、自国の通貨を自国の中央銀行が印刷しているからです。ところがアメリカは違います。FRBはドルの発行権を持っている民間銀行ですから、アメリカ政府は借りた金の利息はきちんと払わなければいけません。すなわち、日本が買わされているアメリカ国債は、最終的にはロックフェラーやロスチャイルドなど、ごく一部の民間銀行を潤していることになるのです。
日本のマスコミはいま900兆円の累積赤字によって、この国は破産寸前だと、よく報道しています。 900兆円の多くは日本国債で、これは私たちの預金と税金で買ったものです。つまり、日本の債権者は私たち日本国民なのです。
ところがその一方で、アメリカの破産の話は一切しません。累積赤字が5,800兆円もある国がなぜ破産しないと思うのでしょうか。アメリカの会計検査院までが「返済は絶望的」と発表しているのです。普通に考えたら、破産するしか道はないのはアメリカのほうでしょう。
新聞やTVを見ても、アメリカの破産やデフォルトのことは、小さく報道されているだけです。もし、アメリカがデフォルトした場合、日本経済にはリーマンショック以上の影響があるはずなのに、このマスコミの報道はひどいものです。
これを見ただけで日本のマスコミは、真実を公正に報道していないことが明白です。
そんなことは、福島原発、東電の報道を見れば分かると言われそうですが...。
さてさて、8月2日のアメリカのデフォルトがどうなるか、注目ですね。
◆【米経済】アメリカをデフォルトに追い込む共和党の狙い
  How Republicans Brinksmanship Threatens Wall Street
  政府の債務上限引き上げの条件に社会保障費の大幅削減を求める瀬戸際政策は、リーマン・ショック以上の危機を招きかねない
  2011年06月22日(水)16時24分 デービッド・ケース(ニューズウィーク日本版)
ジョージ・ソロスがヘッジファンド運用から撤退 ~アメリカのデフォルト確定か そして更に。。~
2011年07月28日 | Weblog
http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/26156dce1ae8ddb2c805fd4c453319c2
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。人気ブログランキングへ

苫米地先生のその他の本は、
・洗脳支配
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-03-28
・頭の回転が50倍速くなる脳の作り方
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-02-23
・ビジネス成功脳 スピード構築
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-01-31
・まずは親を超えなさい!
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-01-26
・苫米地英人 宇宙を語る
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-01-10
・夢をかなえる洗脳力
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-12-26
・IQ200になる習慣
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-25
・年収が10倍アップする超金持ち脳の作り方
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-17
・スピリチュアリズム 
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-09-23
・自伝ドクター苫米地 「脳の履歴書」
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-08-04
・自伝 ドクター苫米地「脳の履歴書」 を読む その2
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-09-10
・脳と心の洗い方
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-09-01
・営業は「洗脳」―一瞬でお客様を支配する禁断の営業術
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-08-15
・苫米地先生の「洗脳護身術」はトンデモ本か? それとも山本氏がドンデモか?
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-02

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1

現代版 魔女の鉄槌利権の亡者を黙らせろ 日本連邦誕生論クロックサイクルの速め方 ~脳が2〜32倍速になる特殊音源トレーニングCD付~夢をかなえる洗脳力人を動かす [超] 話し方トレーニング【サブリミナルCD付き】 劇的な成果が手に入る驚異の会話術ディベートで超論理思考を手に入れる 超人脳のつくり方・増補版 DVD付もう一歩先の世界へ 脱資本主義の革命が始まった一瞬で相手をオトす洗脳術 禁断の「一目ぼれ」テクニック【特殊音源CD付】


苫米地先生は気功師だった! 「気功」洗脳術 苫米地英人著を読む [苫米地英人]


夢が勝手にかなう「気功」洗脳術〜脳科学から見た「気功」の正体【覚醒CD付】
さて、苫米地先生の気功に関する本です。


苫米地先生の本を読まれた方なら先生の本の著者紹介に「全日本気功師会副校長兼名誉校長」と書かれていることにお気づきだと思います。何やら怪しげですよね。
苫米地先生は、その「怪しげな」イメージを楽しんでいるようです。(笑)
まずはプロローグから引用です。
まずは、気功で病気を治せるという事実を受け入れて下さい。
実際に、あらゆる病気を治す気功師はいます。気功治療を受けたことがある人もいるでしょう。
詳細は後述しますが、決してオカルト的な意味ではありません。誤解を恐れずに明かせば、私は幼少のころに雷に打たれて以来、普通の人にない力を授かりました。
その力を多くの人のために役立てたいと思い、かつてアメリカで、医師と共同で医療気功の研究をしていたことがあります。その研究施設には、一般の病院で見放された、末期ガンの患者さんなどが多くやってきました。
私の脳科学の研究は、自分の持つ特殊な能力のカラクリを解明したいというところから始まったと言えます。
その研究施設に通っていたころ、こんなことがありました。
私が患者さんに向けて力(=気)を送ると、患者さんがトイレに駆け込んだのです。「先生出ました!」と患者さんがいうので便器を見ると、赤い塊が浮いています。これを検査に回すと、ガン細胞の塊だと判明しました。
体がいらないと思ったら、ガン細胞さえも取れてなくなります
簡単にいえば、ガン細胞は自分の体が作り出したもの。だから、自分の体が「ガン細胞は必要ない!」と思えば、ガン細胞はポロッと取れてしまいます。
これは他の症状でも同じです。たとえば頭痛になったとき、「頭痛が治った!」という気を送れば、簡単に治ります。

普通の人は、気功で病気が治る?と疑問を持つ人が多いでしょうが、「病気は自分が作り出している」ということを信じられる人は、このような気功による治療も比較的すんなりと受け入れられるでしょう。上に紹介した中のガン患者の件は苫米地先生の他の本にも書かれていましたが、ご自分の体験談とは驚きでした。また、雷に打たれて以来気が出せるようになったというのも、普通に聞くといかがわしさを感じる所ですが、先生が明記しているので、本当なのでしょう。
それでは、なぜ気功で病気が治るのでしょうか?

病気を治すには、このホメオスタシス・フィードバックを利用します。
病気の人は、本人は意識していませんが、心の奥では病気が好きになっていることがあります。病気になれば仕事をしなくてもいいし、同情もされる。特に入院すると、三食昼寝付きなので、やみつきになっている人もまれにいたりします。
長い期間入院していた人が退院すると、妙に落ち着かなくなります。もう一度入院したいとさえ思うようになります。
それは、自分のホメオスタシス・レベルが無意識のうちに病気の状態になっているからです。(中略)
気功師は、まさしくこのホメオスタシス・フィードバックの原理を使って病気に働きかけます。

ホメオスタシス・フィードバックとは恒常性維持機能と言われるもので、血圧や体温を一定に保ったりして生命を安定的に維持する機能です。つまり、無意識の内に設定されている自分の体の目標値(ホメオスタシス・レベル)が「病気」に設定されている時、無意識は体を「病気」に向かってフィードバックをかけるため、人は病気になるということです。そして、無意識にホメオスタシス・レベルが「病気」に設定される原因が、ストレスだったり喫煙だったり、高脂肪の食事の取りすぎだったりするわけです。

それでは、「気」とは何なのでしょうか? 苫米地先生の説を聞きましょう。
まずは、言葉を例に考えます。言葉は空気が振動することで相手に伝わります。しかし、言葉の本質は空気の振動ではありません。空気の振動に書き込まれた情報が言葉なのです。
気功師の手からは赤外線など、さまざまな波長の電磁波が出ていることが計測されています。しかし、気を伝える媒体は、赤外線ではない。なぜなら、気は何十キロも離れた人にも送ることができるからです。壁一枚でもあれば、赤外線は通らないのです。
電磁波ではなく、次章で紹介する量子化通信かも知れませんが、今の段階では、気を伝える媒体は分かっていません。
重要なのは、その媒体が何かということではなく、その媒体に書き込まれた情報の方です。(中略)
つまり、気の本質は「情報」なのです

自分が認識して世界を「内部表現」と言いますが、その内部表現は「情報」で成り立っています。私たちの体の五感で認識した情報を脳に入力して構築されてものが内部表現です。この内部表現の情報を書き換えるのが、いわゆる「洗脳」と言われているものです。
気功師は、自分の体から「気」を出して直接「情報」を脳に伝えて内部表現を書き換えている、というのが先生の仮説です。気功師が「飛べ!」と念じて気を出せば、気を受けた人は内部表現が書き換えられて、ホメオスタシス・フィードバックによって飛ぶしかなくなるのです。

苫米地ファンの方はもうご存じでしょうが、先生が「気功」に関して書いたのは初めてではありません。2003年に出された「洗脳護身術」に上記のような内容がすでに書かれています。最初に読んだ時は、「なぜ苫米地先生は気功に関してこんなに詳しいんだ?」と疑問に思っていましたが、実際にご自分が気功師であるとは思いませんでした。本当に苫米地先生の懐は深いと思います。
上記の「洗脳護身術」には、『気功で相手を吹き飛ばす原理 ・・・・ 洗脳カメハメ派』というものを書いてあり、と学会の山本弘氏に酷評されていましたが、これも先生の仮説を聞くと納得できるものです。ただし、他人に気功を使うには他人と同調する必要がありますので自分の弟子や道場の中ではうまく行っても、街ですれ違う人や敵意のある人を吹き飛ばすことはできないでしょう。


ドクター苫米地&神の手氣功師「すごい氣が出るDVDブック」
気に関して興味のある方には、「すごい氣が出るDVDブック」もお勧めです。
あ、そうそう言い忘れました。「気功」をいかがわしいと思っている人は、読まなくて結構ですよ! 私は苫米地先生の本を紹介していますが、半分は「教えるのはもったいないな~」と思いつつ書いていますので...。(笑)

ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

苫米地先生のその他の本は、
・洗脳支配
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-03-28
・頭の回転が50倍速くなる脳の作り方
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-02-23
・ビジネス成功脳 スピード構築
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-01-31
・まずは親を超えなさい!
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-01-26
・苫米地英人 宇宙を語る
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-01-10
・夢をかなえる洗脳力
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-12-26
・IQ200になる習慣
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-25
・年収が10倍アップする超金持ち脳の作り方
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-17
・スピリチュアリズム 
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-09-23
・自伝ドクター苫米地 「脳の履歴書」
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-08-04
・自伝 ドクター苫米地「脳の履歴書」 を読む その2
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-09-10
・脳と心の洗い方
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-09-01
・営業は「洗脳」―一瞬でお客様を支配する禁断の営業術
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-08-15
・苫米地先生の「洗脳護身術」はトンデモ本か? それとも山本氏がドンデモか?
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-02

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1

「超ネット社会」で絶対成功する脳と心のつくり方人を動かす [超] 話し方トレーニング【サブリミナルCD付き】 劇的な成果が手に入る驚異の会話術苫米地英人、宇宙を語る
「生」と「死」の取り扱い説明書
幻想と覚醒
お釈迦さまの脳科学 釈迦の教えを先端脳科学者はどう解くか? (小学館101新書)
「婚活」がなくなる日―結婚=幸せという洗脳 (主婦の友新書)
英語は訳さず学べ! キンドル・iPad・iPhone対応 ドクター苫米地の次世代英語脳のつくり方







これまでの速読法は間違っている! ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方 [苫米地英人]

苫米地先生の速読に関する本です。
これまでの速読法は間違っている、という内容です。

ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方 (PHP文庫)








まず、先生はこれまでの速読法は間違いであると指摘します。
そもそも、あなたは何のために本を読むのでしょうか?
必要な情報を得たいからでしょうか?
知識を増やしたいからでしょうか?

その程度のことなら、あなたは本屋に行って本を買う必要はありません。そのような時間があったらGoogleで検索したほうがよほど早くて確実、しかもタダで情報が手に入ります。(中略)

ところが、いままでの速読術で教えていたのは、いかにページを早くめくるかばかりといっても過言ではないでしょう。1冊10分で読める、1冊5分も可能と、中身の把握よりも問われるのは”タイム”ばかり。(中略)
本は一字一句落とさず読むべきなのです。文体も味わうべきなのです。
三島由紀夫の小説を文体も味わわずに読んだら、それこそ時間の無駄です。
ハッキリいいましょう。これまでの速読術は一言でいえば、”飛ばし読み”にしか過ぎませんでした。これに反論のある方もいるでしょう。そういう方にこそ、本書を読んで欲しいのです。

私も20年以上前から速読には興味があったので、関連した本を読んだり、セミナーに参加したりしましたが、なかなか投資に見合った速度で速く読むことはできていません。(笑)
私と同じような人は多いと思います。
私はこう思っています。次から次へとこういった類の本が出るのは、今までの速読の本が読者を満足させてこなかったことの証拠以外のなにものではない、と。
読者を満足させない。それはとりもなおさず、”内容を把握できる速読ができなかった”と読者側が感じていることになるわけです。
もう一つ、速読は判断基準がとても曖昧で、なにをもってゴールとするのかが、本によってマチマチだったことも問題でした。必要な情報をピックアップできれば、それがゴールというものもあれば、本のあらすじを他人に聞かせることができれば、それがゴールというものもあります。1冊を5分で読めてもその内容をどれくらい把握できるかについては曖昧な表現になってしまうのです。

確かに、多くの速読本は「10倍速く」というようにスピードを全面に出したものが多いですが、「速く読める」=「速く理解できる」と明確に定義したものはあまりありませんね。読者は「今までと同じ理解度で」という暗黙の期待を持って速読の本を買っていますが、それに明確に答えている本は少ないと思います。

また、苫米地先生は、「キーワード」にフォーカスした読み方は、自ら「スコトーマ(心理的盲点)」を作ってしまうため、フォーカスした部分しか読めなくなってしまうと言います。つまり、他の情報を遮断してしまうため、新しい情報を入手するには向かない読み方であるとのことです。

そして、フォトリーディングのようにパラパラとページをめくって読む、いわゆる「右脳速読」に関しては、以下のように書いています。
多くの速読本では「無意識レベルでは認識しているから大丈夫」といった解説をよく目にしますが、これは少し無責任な気がします。たしかに無意識レベルでは認識はしています。それは間違いありません。
しかし、脳機能学者として、また、オウム信者をはじめ、多くのカルト信者の脱洗脳をしてきた私としては「無意識」という言葉をあまりにも安易に、あるいは都合よく使いすぎている気がしてならないのです。

要は、無意識に入っている情報を意識に上げるのは難しいということです。速読の本をたくさん書かれている斉藤英治氏も最初は右脳速読を習得して、講師資格も取りましたが、「確かに速く読めるが理解できない」と悩み、いろいろな速読法を研究されたそうです。右脳速読をやっている人の悩みはそこにあるように思います。

苫米地先生は、大学時代にやっていたディベートで大量の情報をインプットする必要があり、速読を身に付けたとのことです。
普通に考えれば、ページをパラパラめくって内容が頭に入るわけがないからです。しかし、本を1冊5分で読む世界は本当にあります。それどころか、そこは速読の技術がなければ生きていけない世界です。(中略)

アメリカの大学院。私がいうのはハーバード、イエール、カーネギーメロンといった本気の大学院の話です。ここが速読を必須とする世界です。論文も含めて2,000冊から3,000冊の本を博士前期課程の2年間で読む必要がありますから、単純に日割り計算すれば、1日30冊から50冊は読まなければこなせない量になります。
1冊15分で読んでも40冊読むのに10時間。もちろん内容も理解したうえでなければ講義についていけないわけですし、論文も書けません。(中略)

私が学んだのは、イエール大学大学院とカーネギーメロン大学大学院でしたが、学期ごとに学生の数がどんどん減っていきました。彼らは講義についていけなかったのです。(中略)

アメリカに留学してMBAを取得してくれば、一応日本ではしっかり勉強してきたといわれるレベルでしょう。MBA取得にもかなりの勉強量を必要とするからですが、大学院の博士課程と比べてみると、残念ながら歴然とした差はあるのです。
なぜならMBAといっても、所詮はビジネススクールの話だからです。ビジネススクールですから、生徒さんは、みな年間200万円なりの高額授業料を払ってくれる大切なお客さん、そう簡単にはクビにしたりしません。(中略)

まがりなりにも「私は速読ができます」といって他人に速読術を教えるのであれば、最低でもアメリカの大学院で博士号を取ってからにすべきではないか、と思うからです。「5分で読めて中身も理解できます」というのは簡単です。
しかし、本当に中身が理解できているかどうかは、テストでもしない限りは他人には判断のしようがありません。

確かに、速読ができるのであれば高速に大量の情報をインプットできるのであるから、それなりのアウトプットがあってしかるべき、という意見はよくありまし、私もその通りだと思います。

さて、苫米地流速読法のゴールですが、以下のようにおいています。
(1)読後の理解度のレベルは、これまで通りの速度で読んで理解できていたものと同等レベルとします。
(2)読書時間は初期目標として6倍速をめざします。

本屋にあふれている速読法の宣伝文句に慣れた人たちは何だ、6倍しか速く読めないの?
と思う方も多いかもしれませんが、これまで1冊読むのに3時間かかっていた人が30分で終わるのですから十分に実用的だと思います。

そして、その方法ですが、
本を一字一句落とさずに速く読む方法。それが苫米地式速読術ハイサイクル・リーディングです。
この速読術は、人間の生体時間=クロックサイクルを上げることで速読を実現するものです。クロックサイクルを加速させて、あなが自身がハイサイクル化されることで速読を実現させるというものです。

苫米地先生は、よく講演などで「速読? 単に速く読めばいいじゃん! 何の技術も工夫も要りません。2倍で読みたければ2倍で4倍で読みたければ4倍で読むだけです。」と言っています。これは、いわゆる「左脳速読」と言われるものだと思います。自分のクロックサイクルを2倍にして2倍で理解できれば2倍速く読めるというものです。

この苫米地方式は、私がいいと思っていた速読法である左脳速読と右脳速読をジョイントさせた「ジョイント式速読法」(推理作家の若桜木虔氏と川村明宏氏が共著で本が何冊か出ています)に近いと思います。(苫米地先生がディベートをやっていたのは、「ジョイント式速読法」の本が出されるよりも前です)

高速道路で走っていて一般道に降りた時に速度がとても遅く感じることがありますが、「ジョイント式速読法」はそれを利用して、脳を活性化させて速読するというものです。

苫米地式ハイサイクル・リ―ディングの方法は、以下のような内容です。
STEP1 速読意識の醸成
STEP2 速読テクニック”先読み”の習得
STEP3 ハイサイクル化のトレーニング
             (1)すべての行動を加速する
             (2)並列度を上げる
             (1)抽象度を上げる

速読に興味がある方は、読んでみてはいかがでしょうか?


ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

苫米地先生のその他の本は、
・洗脳支配
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-03-28
・頭の回転が50倍速くなる脳の作り方
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-02-23
・ビジネス成功脳 スピード構築
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-01-31
・まずは親を超えなさい!
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-01-26
・苫米地英人 宇宙を語る
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-01-10
・夢をかなえる洗脳力
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-12-26
・IQ200になる習慣
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-25
・年収が10倍アップする超金持ち脳の作り方
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-17
・スピリチュアリズム 
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-09-23
・自伝ドクター苫米地 「脳の履歴書」
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-08-04
・自伝 ドクター苫米地「脳の履歴書」 を読む その2
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-09-10
・脳と心の洗い方
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-09-01
・営業は「洗脳」―一瞬でお客様を支配する禁断の営業術
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-08-15
・苫米地先生の「洗脳護身術」はトンデモ本か? それとも山本氏がドンデモか?
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-02

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1


世界一わかりやすい「速読」の教科書齋藤孝の速読塾―これで頭がグングンよくなる!新書1冊を15分で読む技術-スーパー速読1週間 (祥伝社新書186) (祥伝社新書 186)
「1冊10分」で読める速読術 (知的生きかた文庫)NLP速読術~1冊10分で本が読める!時間がなくてもスキルアップ&試験合格~
図解! あなたもいままでの10倍速く本が読めるフォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術頭の回路が変わる1冊10分の速読法 (ロング新書)決定版!! 速読トレーニング
新TOEIC(R)TEST 「英文速読」驚異の勉強術頭がよくなる速読術―どんな勉強も多分野学習法でスイスイ!超速★記憶術 (中経の文庫)



nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

携帯電話は危険か? あなたは常識に洗脳されている 苫米地英人著 を読む [苫米地英人]

久しぶりに苫米地先生の本です。
今回は、私たちは常識に「洗脳」されている、という内容です。

あなたは常識に洗脳されている








メディアによる「常識」という洗脳
いきなりですが、一つ質問をしたいと思います。
あなたは、日本の少子化を問題だと思いますか?
(中略)

しかし、少子化は問題ではありません。 人口は少ないほうがいいに決まっています。地球上には、現在約68億人が住んでいます。そのため自然が破壊されるような環境問題、食料が足りないという問題、石油が足りないというエネルギー問題など、大きな問題が起こっているのです。(中略)
だから、少子化になるとGDPが小さくなるので問題だと言っています。 国単位で見るから、こうした間違いを犯してしまうのです。国単位ではなく、地球単位で見れば、少子化は問題でも何でもありません。(中略)
このまま労働者が減ってしまうと、将来年金として払うお金が足りなくなる。だから少子化は問題だという理屈です。 ところが、ちょっと考えてみてください。 年金制度とは、自分が払ったお金が戻ってくるだけの話です。(中略) 集めた年金の運用に失敗したというのは、財務の問題であって、人口の問題ではないはずです。(中略)だから、年金の問題は、人口とは一切関係ありません。

自分たちの持っている常識を疑うことが必要だということです。そのような脳を作るためには、「常に「なぜ?」「どうして?」という視点で、世の中を見る」ことが重要とのことです。さて、その本の内容は次のようなものです。
序章 あなたの脳は「常識」に縛られている
1章 誰も言わない携帯電話の影響とは?
2章 学校教育は、奴隷を作るシステムだ
3章 独自のスクープをとれないメディアはいらない
4章 本当に深刻な問題は、酸素不足
5章 紫外線で地球上の生物が滅びる
6章 運動すると、寿命が短くなり、飢餓人口も増える
7章 有機野菜の「危険」を知る
8章 国民はデフレになるほうが嬉しい
9章 国際法上、日本は独立国ではない

どうです? 読みたくなるような内容ではありませんか?(笑)

1章の携帯電話に関しては、「携帯電話は脳に悪い」、「東京スカイツリーのそばに住んでいる住民の健康は大丈夫か?」というショッキングな話が書かれています。


携帯電話を耳にあてて会話する行為は、脳に直接電磁波をあてる行為だからです。私は断言します。
電磁波は人体に悪いことは間違いありません。(中略)
人体に悪影響を及ぼす可能性の一つは、脳機能障害です。(中略)
だから、科学者の見解では、「よくわからない」というのが正確なところです。でも、よくわからないということは危険かもしれないということ、でもあります。ただ、ある程度知識のある科学者の間では、「電磁波は脳に悪影響を与える」ということが統一見解になっています。(中略)
実際に、アメリカでは電磁波の影響が問題になっています。そのため、多くの人はブルートゥースを利用しています。(中略)
ブルートゥースが普及していないのは、日本と中国くらいです。

そして、いま建設中の話題の東京スカイツリーに関する懸念です。
電磁波が私たちの脳や身体に悪影響を及ぼすとすると、現在建設中の東京スカイツリーを手放しで歓迎することはできません。(中略)
地元の人は、東京スカイツリーの経済効果を喜んでいますが、その反面、人体に及ぼす危険性を認識する必要があります。(中略)

東京スカイツリーが完成すると、その近辺でポルターガイスト(心霊現象)が多発することが予想されます。現在でも、東京タワーの下ではポルターガイストが多発しています。東京タワーの下を自動車が通ると、特に新型の外車の場合は、搭載コンピューターなどに不調をきたすことがあるようです。
その原因は、電磁波による電磁障害です。電磁波によるICの誤動作によって、ポルターガイストが起こるのです。
私も20年以上前ですが、放送用のカメラを設計していた時は、東京タワーの近くの愛宕山に持って行ってノイズが乗らないかどうかの最終チェックを行ったものです。あまり意識したことはないのですが、どの程度人体に影響があるのでしょうね。

次に、気になる6章に関して書いてみます。 現在、世界の穀物の生産量は、世界の人口の約68億人を賄えるまで増加したにも関わらず、世界は飢餓で苦しんでいる人が約10億人います。 その理由は、穀物を食べる順位が下記のようになっているからです。

<穀物を食べる順位>
1番=先進国の人間
2番=先進国の豚
3番=先進国の自動車
4番=先進国の牛
5番=先進国の鶏
6番=途上国の人間

つまり、先進国の豚や牛や自動車が使うから途上国の人たちに穀物が回っていかないのが現状なのです。先進国の人たちが、豚や牛や鶏を食べるのを止めれば世界の飢餓はなくなるということです。
さらに「ペットを飼うのをやめれば、世界の飢餓がなくなる」、「ペットに食べさせる食料があれば、発展途上国にまわすほうがいいと思いませんか?」と書きます。
そして、運動して腹ペコにしてステーキをたらふく食べるアメリカ人は愚かである、と指摘します。

なぜ、わざわざ運動する必要があるのか―。

彼らは、運動すれば健康になれる、「運動=健康」と信じているからです。(中略)
そもそも毎朝ジョギングしなくても、不健康にはなりません。逆に、毎朝ジョギングする方が不健康です。(中略)
逆に、運動しすぎると、筋肉の老化が早まります。
人間の細胞は、すべて「高分子化合物」です。だから、使えば使うほど傷みます。(中略)
運動しすぎると、細胞を傷めるだけなので、早死にする ― のです。
実際に、プロスポーツ選手は、だいたいが早死にしています。

スポーツは体に悪いという話は、ずいぶんと前から言われていますが、主に「活性酸素」が原因だと書かれていたと思います。苫米地先生のいう、そもそも高分子化合物だから使えば使うほど痛むという説は初めて聞きました。
どの内容も、かなりショッキングな内容です。みなさんもご一読をお勧めします。


その他の苫米地先生の本は、
・苫米地先生は気功師だった! 「気功」洗脳術
・これまでの速読法は間違っている! ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方
・裏の権力者に担がれたオバマは真のリーダーではない! 「すごいリーダーは「脳」がちがう」
・この世に「フリーランチはない!」 FREE経済学入門
・洗脳支配
・洗脳原論
・頭の回転が50倍速くなる脳の作り方
・ビジネス成功脳 スピード構築
・まずは親を超えなさい!
・苫米地英人 宇宙を語る
・夢をかなえる洗脳力
・IQ200になる習慣
・年収が10倍アップする超金持ち脳の作り方
・スピリチュアリズム
・自伝ドクター苫米地 「脳の履歴書」 ・自伝 ドクター苫米地「脳の履歴書」 を読む その2
・脳と心の洗い方
・営業は「洗脳」―一瞬でお客様を支配する禁断の営業術
・苫米地先生の「洗脳護身術」はトンデモ本か? それとも山本氏がドンデモか?

ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1


人生を劇的に好転させる自己洗脳ルール44 もう、努力してはいけない!コンフォートゾーンの作り方【聴くだけで目標達成できる!CD付】~図解TPIEプログラム~ドクター苫米地 すごい夢実現CDブック (マキノ出版ムック)英語は訳さず学べ! キンドル・iPad・iPhone対応 ドクター苫米地の次世代英語脳のつくり方人を動かす [超] 話し方トレーニング【サブリミナルCD付き】 劇的な成果が手に入る驚異の会話術「超ネット社会」で絶対成功する脳と心のつくり方「生」と「死」の取り扱い説明書ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方 (PHP文庫)






裏の権力者に担がれたオバマは真のリーダーではない! 「すごいリーダーは「脳」がちがう」 苫米地英人著 を読む [苫米地英人]


すごいリーダーは「脳」がちがう

久し振りに苫米地先生の本です。

私は、オーディオブックも買って4回くらい(他のことをしながらですが...)聞きました。苫米地先生の本は、平易だけど奥が深いので、オーディオブックで何度も聞いて潜在意識レベルまで刷り込む方法が良いかも知れません。(笑)
すごいリーダーは「脳」がちがう

苫米地先生が、リーダーに関して書いた本です。ちょうどオバマ大統領が当選した時期だったので、オバマ氏は本当のリーダーか? という話から始まっています。

リーダーとは何か
・人を引き寄せる、人を支配すること
・ゴールをリアルに認識し、それをすべてのメンバーと強く共有できる人
・最低条件として、自分が得意としている分野、やりたいと思っている分野を見つけることが重要
そして、リーダーに必要な能力に関しては以下のように述べます。
リーダーに必要な能力
・情報収集能力
リーダーには決断力が必要だと言われるが必要なのは決断力ではなく情報力である。有用な情報が十分にあれば決断に困らない。知識をよりも情報を総括して高い視点から見る力が必要。
・同調能力
何も話さずとも自分の考えを相手に共有させて伝える力。臨場感ホメオスタシスRゆらぎ の3つが重要。
・責任能力
覚悟を決めて責任を取れるか? リーダーは上手くいかなくなった時こそ本質が問われる。
そして、中でもリーダーになるには「同調能力」がカギを握ると強調します。
・他人を同調させるにはその人の心(=脳)の中にある臨場感空間」をコントロールしなければならない。
・人間は仮想空間であっても臨場感を持つとリアルだと認識して実際にリアルになる
その臨場感を高めるには、ホメオスタシスの概念が必要となります。ホメオスタシスは、生体を生きながらえさせるために、外界とフィードバックして常に自分の情報を更新するものです。そして、人間は、前頭前野が発達したため、仮想空間ともフィードバック関係を保てるようになっています。ここからが、苫米地節なのですが(笑)、ホメオスタシスは、
生体レベルだけでなく宇宙レベルでも同じ状態を維持している
⇒宇宙を恒常的に安定させるために、ホメオスタシスの力が働いている
⇒その維持される感覚を時間と呼ぶ
自分の自我とのホメオスタシスフィードバックが強い時に臨場感が高くなるとのことです。人間は、臨場感を同時に2つ以上の世界で持つことはできないそうで、夢を見ている時は夢の中に臨場感を感じているが、醒めると物理的現実世界に臨場感が移るため、すぐに現実に戻れるわけです。これは、人間がゲシュタルトを1つしか維持できないからだそうです。(ホメオスタシスのフィードバック対象を1つしか持てないため)

さらに話が発展して、「ダーウィンの進化論は進化論ではない」と主張します。(^^)
・環境への最適化、現在の環境にコンフォートゾーンを合わせるのは進化ではなく退化
・環境への最適化は過去への最適化
・突然変異をコンピュータでシミュレーションするとアミノ酸から高分子の蛋白質を作るだけで宇宙の年齢よりも 時間がかかる
つまり、突然変異だけでは動物の魚が陸上に上がった進化を説明できないということです。苫米地先生の仮説は、「魚がスコトーマを外し、陸地という空間に強い臨場感を持つことで、ホメオスタシスのフィードバック関係が水ではなく陸地になりそれに合わせて体を変化させた」というもので、これもすごい仮説ですね。

最後に、苫米地先生はオバマ大統領に関して書きます。
(結局これが言いたかったのかも...(笑))

バラク・フセイン・オバマは、
裏でアメリカを動かす権力者達に担がれて大統領になった
⇒ ロックフェラーが5年以上前に彼を大統領にすることを決めて援助した
黒人初の大統領と言われているが正確には黒人ではない
⇒ ケニア出身の父とカンザス州出身の母との間に生まれたハーフ
彼の奥さんは純粋な黒人でシカゴのスラム街の出身
⇒ アメリカンドリームとして理想的な出自
ミドルネームの「フセイン」から分かるように父親はイスラム教徒
⇒ マイノリティーであるイスラム圏からも支持を得ることができる
オバマが、裏の権力者から担がれた大統領であることは、副島氏やフルフォード氏も述べているので、確かにそうなのかも知れません。そう言われてみると、選挙戦の時のメディアの報道などを思い返すとオバマを大統領にしようという意思があったように感じますね。

苫米地先生のその他の本は、
・洗脳支配
・洗脳原論
・頭の回転が50倍速くなる脳の作り方
・ビジネス成功脳 スピード構築
・まずは親を超えなさい!
・苫米地英人 宇宙を語る
・夢をかなえる洗脳力
・IQ200になる習慣
・年収が10倍アップする超金持ち脳の作り方
・スピリチュアリズム
・自伝ドクター苫米地 「脳の履歴書」
・自伝 ドクター苫米地「脳の履歴書」 を読む その2
・脳と心の洗い方
・営業は「洗脳」―一瞬でお客様を支配する禁断の営業術
・苫米地先生の「洗脳護身術」はトンデモ本か? それとも山本氏がドンデモか?

ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1


なぜ、脳は神を創ったのか? (フォレスト2545新書)「生」と「死」の取り扱い説明書人を動かす [超] 話し方トレーニング【サブリミナルCD付き】 劇的な成果が手に入る驚異の会話術一瞬で相手をオトす洗脳術 禁断の「一目ぼれ」テクニック【特殊音源CD付】夢をかなえる洗脳力夢が勝手にかなう「気功」洗脳術〜脳科学から見た「気功」の正体【覚醒CD付】ドクター苫米地&神の手氣功師「すごい氣が出るDVDブック」心の操縦術 (PHP文庫)本番に強い脳と心のつくり方 (PHP新書 673)
アメリカ合衆国第44代オバマ大統領着用ウォッチ【JORG GRAY/ヨークグレイ】プレジデントウォッチ JR6500【送料無料】
 【プレゼント付】オバマ米大統領の就任記念腕時計(JG6500)送料無料 シークレットサービスにも採用されたオリジナルモデル JORG GRAY JG6500 [プレジデント・ウォッチ]
★オバマ合衆国新大統領就任式昼食会使用ワイン★【20%OFF】ダックホーン・ヴィンヤーズ・ ナパヴァレー ソーヴィニヨン・ブラン [2008]年 750ml
●超速発送 最安値に挑戦●OBAMA オバマ T パロディ Tシャツ BA ROCK 【2色】 CALEB RUN DC 【あす楽対応_東北】【あす楽対応_関東】【あす楽対応_甲信越】【あす楽対応_北陸】【あす楽対応_東海】【あす楽対応_近畿】
オバマ Tシャツ 【ローカルセレブリィティ】 数量限定
Mr.オバマ【仮装・変装グッズ・有名人・アニメキャラマスク】



この世に「フリーランチはない!」 FREE経済学入門 苫米地英人著 を読む [苫米地英人]


フリー経済学入門 【知らないではすまされない! 世界を支配する「フリーミアム」の解説書】


苫米地先生が「フリー」に関する考えを述べた本です。

この本は、サイゾーの小林編集長が関わったクリス・アンダーソンの「フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略」に関して、「面白い視点だけど、ちょっと違うぞ!」とサイゾーのオーナーである苫米地先生が書いたものです。

最初のポイントは、アンダーソンの「フリー」では「フリーランチはある」と主張していますが、苫米地先生はやはり「フリーランチはない」と主張している点です。
ただで何かを手に入れた時、仕組みとして他の誰かが代わりに支払う仕組みになっていれば、それはフリーランチである、というのがアンダーソンの主張ですが、苫米地先生はそうではない、と言います。

・ネットを通じて、過去、現在、未来一切何も買わなくてもフリーランチに対する経済的対価を支払っている
⇒ 登録によって相手に自分の情報を提供している
⇒ お金を払っている時は主であったものが無料になったとたんに従の立場となり、普段なら出さない個人情報も提供してしまう
・脳はフリーに弱い
⇒ 自分のホメオスタシスに影響を与えない

つまり、フリーランチの代わりに自分の個人情報を提供している、ということです。そして、それらの自分では大したことではないと思って、さまざまな場合に提供している断片的な個人情報がどこかに集約されることで、重要な個人情報となるということです。

【限界費用に関して】
車や電化製品は1台作るためには必ず材料費、人件費などがかかりますが、インターネットの普及によってソフトウエアなど、提供するものの限界費用がゼロに近づいてきています。例えば、マイクロソフトWordなどのソフトウエアは、膨大な開発費がかかりますが、一度製品ができてしまえば、製品のコストはパッケージやCDなどの費用だけで非常に限界費用が小さくできます。そして、インターネットを使用したダウンロードサービスの場合、それらの限界費用もほとんどゼロとなるということです。

そして、それを利用して大きくなった企業がGoogleです。Googleの流通コスト、在庫コスト、パッケージコストはゼロで限界費用はほとんどゼロです。
ただし、Googleの弱点はサーバーのコスト、電力コストでその費用はバカにならないレベルだそうです。アメリカの電力消費量は毎年10%ずつ伸びており、これはGoogleのサーバーの電力UP量との噂があるそうです。(これは証拠はないそうですが...)
そして、Googleの限界費用(サーバーコスト、電力コスト)の限界を超えるのが、苫米地先生のやっているP2P(Peer to Peer)方式だとのことです。

【フリーミアムに関して】
次に「フリーミアム」に関してです。
「フリーミアム」とは、基本的な機能や製品サービスを無料で提供して高度な機能や特別な機能を有料で提供するビジネスモデルのことです。
・「お金」は昔からフリーミアム
⇒ 「お金」は中央銀行が印刷する紙切れ
⇒ 中央銀行は、国が発行する国債と引き換えに印刷した紙切れを流通させ、 膨大な国債金利を受け取っている
・銀行もフリーミアム
⇒ 信用創造機能を使って集めたお金の何倍ものお金おを貸し出している
⇒ 銀行は通帳に数字を印刷するだけで膨大な収益を上げている
FRB(米連邦準備銀行)はロスチャイルド、ロックフェラー、モルガンなどが株主となっている私銀行である
⇒ 米国、その他の国が米ドルを決済通貨として使用する場合、その使用料がFRBに流れ込む仕組みになっている
信用だけで成り立っている「お金」はフリーミアムそのものである、と先生は主張しています。また、先生は以前から「銀行は詐欺だ!」と主張されています。

例えば、自分が持っているフェラーリを誰かに貸した場合、貸している間は自分が使用できないからその対価としてお金を取るというのがまっとうな考えです。ところが、銀行は、誰かが1万円預金すると、信用創造によって7万~10万円を貸し出すことが可能となります。その場合、預かった1万円を手元に持ったまま、預金通帳に数字を印刷するだけで金を貸すことが可能となりますので、これが詐欺だという主張です。

そして、信用がすべてである通貨制度において、米・英ではロスチャイルド・ロックフェラーなどが株主であるFRBという私企業が通貨を印刷しているのです。これは陰謀論でも何でもなく事実であり、これに煩悩丸出し集団が関われれば、どのようなことも可能だということになります。
日本で考えれば、三井銀行や三菱銀行が日本の紙幣を印刷するようなもので、このようなことがあること自体不思議なことです。

【Googleに関して】
そして、いよいよGoogleに関してです。Googleは検索サービスやGメールなどを無料で提供することで、シェアを伸ばしてきました。誰しも何故無料で良いのか、と一度は疑問に思ったことがあるのではないでしょうか? 私は広告料などで支払われているのだろうということで納得していましたが、苫米地先生はGoogleは世界を監視するパノプティコンだと主張します。
つまり、世界中の人々がGoogle検索やGメールを使用することで、様々な情報を監視することが可能になっている、ということです。
中国政府がGoogleの検閲を懸念
⇒ 国民の検索データは重要な情報
・アラブの某国はGメールを禁止
⇒ 情報漏洩の懸念
私たちは、新聞やWeb上で中国政府とGoogleとのトラブルを「また中国が変な規制をしている」と思ってしまいますが、上記のことを頭に入れると「重要な情報をGoogleに渡さない」という中国の方策のようにも考えられます。中国やアラブ某国のように米国と距離を置いている国が自国の重要な情報を出さないというのは当然のことと思われます。

私たちは、Googleが私たちの情報を悪用しないということを前提として便利に使用しています。しかし、時々私もGメールや、Googelデスクトップを使用していると、自分のPCに持っている情報がネットの向こう側から丸見えなのでは?と不安に思うことがあります。

苫米地先生は、Yahoo!、ライコスから2年も遅れたGoogleが急激に伸びた事を不審に考え、売上のない99年にベンチャーキャピタルから30憶円近い融資を受けた事に関して、「何らかの意思が感じられる融資である」と述べています。

【MPEGに関して】
また、2011年からアナログ波が使えなくなり、地上波デジタル放送だけとなりますが、ここで使用されているMPEGはフリーミアムであると主張します。
MPEGというのは、静止画の規格であるJPEGと同じような画像の圧縮方式で、動画に関する規格です。私もMPEGのライセンス料を管理しているMPEG LAの主要株主がジョージ・ブッシュファミリーと言われているということは初めて知りました。いつの間にかアナログ方式が使用できなくなり、その次世代の地デジにMPEGを採用することを小泉政権が決めたことは、ブッシュ―小泉間で何らかの話し合いがあったことを想像させます。

そして、問題は現在私たちはMPEGをネット上で無料で使用できますが、ずっと無料である保証はないことです。苫米地先生によると2011年までは無料と書かれているが2012年以降は分からないと言います。

私たちはこの世の中に「フリーランチはない」ということを十分認識しておくべきだと痛感しました。

この本の全体の内容に関してはRONRONさんのブログを参照してください。
http://ronron2008.blog.so-net.ne.jp/2010-04-25

ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

苫米地先生の他の本は、
・苫米地先生は気功師だった! 「気功」洗脳術
・これまでの速読法は間違っている! ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方
・携帯電話は危険か? あなたは常識に洗脳されている
・裏の権力者に担がれたオバマは真のリーダーではない! 「すごいリーダーは「脳」がちがう」
・この世に「フリーランチはない!」 FREE経済学入門
・洗脳支配
・洗脳原論
・頭の回転が50倍速くなる脳の作り方
・ビジネス成功脳 スピード構築
・まずは親を超えなさい!
・苫米地英人 宇宙を語る
・夢をかなえる洗脳力
・IQ200になる習慣
・年収が10倍アップする超金持ち脳の作り方
・スピリチュアリズム
・自伝ドクター苫米地 「脳の履歴書」
・自伝 ドクター苫米地「脳の履歴書」 を読む その2
・脳と心の洗い方
・営業は「洗脳」―一瞬でお客様を支配する禁断の営業術
・苫米地先生の「洗脳護身術」はトンデモ本か? それとも山本氏がドンデモか?

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1


人を動かす [超] 話し方トレーニング【サブリミナルCD付き】 劇的な成果が手に入る驚異の会話術夢が勝手にかなう「気功」洗脳術〜脳科学から見た「気功」の正体【覚醒CD付】一瞬で相手をオトす洗脳術 禁断の「一目ぼれ」テクニック【特殊音源CD付】なぜ、脳は神を創ったのか? (Forest2545Shinsyo 15)本番に強い脳と心のつくり方 (PHP新書 673)苫米地式「幸せ脳」のつくり方-「本当の自由」を手に入れる いちばん簡単な方法 (East Press Business)「ツキ」を引き寄せる洗脳術~自分を磨き上げる秘密のメソッド34~すべての仕事がやりたいことに変わる―成功をつかむ脳機能メソッド40







洗脳支配 苫米地英人著 を読む [苫米地英人]


洗脳支配ー日本人に富を貢がせるマインドコントロールのすべて

機能脳科学者である苫米地先生が書いた世の中のからくりについて書かれた本です。

苫米地先生の洗脳に関する研究や抽象度を上げた視点と海外を含めた幅広い人脈から得た情報によって書かれたもので、非常に衝撃的なことが書かれています。この本は現在の世界、日本の裏のカラクリについて書かれていますので、他の著書は置いておき、まずこの本を読むべきだと思います。

このような内容に関しては、「陰謀史観だ」、「陰謀論などあり得ない」、「トンデモ本だ」などという意見がすぐにでてきそうですが、ご自分で冷静に考えることも必要だと思います。私自身は、日本だけでなく世界を見回すと、もちろん良いひとたちが沢山いるでしょうが、その善意を利用してお金を儲けることだけを考えている人たちもいることはあり得る、という立場です。苫米地先生の言うことがすべて正しいということはないでしょうが、新しい視点を与えてくれるという意味では重要な本だと思います。
よく「陰謀史観だ」という論者は、「証拠がない」、「推測で書いている」という事を主張しますが、本当に頭の良いひとは、すぐに分かるように「証拠」は残しませんよ!(笑) ですので、状況を冷静に判断して、そのカラクリを知ることが重要で、「証拠がない」という論理は陰謀を企んでいる人たちの利益にしかならないと思います。

いわゆる「勝ち組」と言われている人たちに関して

外資系法律事務所金融機関に勤めて年収5000万円のサラリーマン
 ⇒早朝から遮二無二働き、休日も返上24時間携帯電話で待機
 ⇒そんな生活のどこがよいのか?
 本当の「勝ち組」(約束された人たち)は他の所にいる

そして、「世界の富の95%を持つロスチャイルド家などの人たちがいる」ということで、それらのお金持ち達がイギリスフランスの海外制覇のパトロンとなったというものです。この本では、明治維新もフランス(幕府)とイギリス(薩長)のロスチャイルド家の代理戦争だったということです。

明治維新は革命ではない
・徳川一族は殺されずに貴族として生き残っている
・日本の支配者は江戸時代以前から武家社会に所属する人々
・経団連は商人のトップで武家階級に出入りを許された人たち

苫米地先生はホリエモンと個人的に知り合いだそうですが、彼は狙い撃ちされたと言います。

・彼は支配者階級に受け入れられた人間ではない
・本気でテレビ局を手にいれようとした

支配者階級に受け入れられるためには東大を合格して上級公務員(官僚)になる必要があるとのことです。また、テレビ局などは特権的な会社で、支配者階級が認めた人でなけば関わることができないそうです。

そして、日本の真の「勝ち組」は薩長の勢力である、と言います。薩長がヨーロッパの名家を頂点とする海外資本の意向を受けつつ日本に彼らの王国を築いた、とのことです。総理大臣はそれらの補佐役であり、何かあると首を挿げ替えられる存在とのことです。
・明治維新以来、のべ45人の総理大臣のうち薩摩:のべ5人、長州:のべ11人
・大蔵大臣、外務大臣などの主要ポストは薩長閥がほとんど
・警察庁と防衛庁は薩長の牙城
・日本で平民が政権をとったことはない ⇒ 原敬も盛岡藩の藩士で上級士族

確かに、岸信介、佐藤栄作、安部晋三など長州からの総理大臣は非常に多いですね。そういえば、山口県出身の友人に山口県は総理経験者が多いので新幹線の止まる駅が多くて困ると聞いたことがあります。
(追記 : 菅直人が山口県出身の9人目の首相となりました。
また、苫米地先生の自伝によると、先生の母方は山口県の大地主だそうです。)

また、薩長とは直接関係がないものの、「なぜか巨大外資から白羽の矢を立てられた」人たちとして、森ビルの森泰吉氏、マクドナルドの藤田田氏、西武の堤康次郎氏などが紹介されています。日本では立身出世の代表とされていますが、巨大外資の後押しがなければ一代で巨万の富を築くことはできないとのことです。
特に堤義明氏は、長野の自分の土地に新幹線を通し、世界的なイベントであるオリンピックを開催することまでやりました。(ちなみにオリンピックそのものも、世界のお金持ち達が4年に一度集まるために開催されているイベント、とも聞いたことがあります)

私も西武に関しては、以前から疑問に思っていました。「なぜ皇族から独占的に土地の払い下げを受けることができたのか?」、「西武のやっていたことは以前からみんな知っていたはずなのに、なぜ突然逮捕されたのか?」 おそらく、バックにいる人たちの思惑に変化が出たのでしょうね。
「国民」とは私たちのことではない
・政府や官僚は私たちのことを考えているわけではない
・彼らは薩長勢力の一員としてその使用人として働いてきた

そして、郵政民営化の件ですが、これも結局は日本人の蓄えたお金を海外に持っていくことが目的だったと言います。
郵便貯金 ⇒ 国債購入 ⇒ 米国財務省証券購入
⇒ FRBを通じて信用創造で何百倍に増額
⇒ ハゲタカファンドに流れこむ
⇒ 日本の土地や企業を買いあさる

私たちの預貯金が何百倍もレバレッジが利かされて、ハゲタカファンドに流れ込み、自分たちの会社や土地が買い荒されるという恐ろしい結果になる、と警告しています。

ぜひ、ご一読をお勧めします。


苫米地先生のその他の本は、
・洗脳原論
・頭の回転が50倍速くなる脳の作り方
・ビジネス成功脳 スピード構築
・まずは親を超えなさい!
・苫米地英人 宇宙を語る
・夢をかなえる洗脳力
・IQ200になる習慣
・年収が10倍アップする超金持ち脳の作り方
・スピリチュアリズム
・自伝ドクター苫米地 「脳の履歴書」
・自伝 ドクター苫米地「脳の履歴書」 を読む その2
・脳と心の洗い方
・営業は「洗脳」―一瞬でお客様を支配する禁断の営業術
・苫米地先生の「洗脳護身術」はトンデモ本か? それとも山本氏がドンデモか?

◆明日につなげる今日のアクション◆
政治、経済の動向を薩長の視点から見てみる


ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1


夢をかなえる洗脳力人を動かす [超] 話し方トレーニング【サブリミナルCD付き】 劇的な成果が手に入る驚異の会話術夢が勝手にかなう「気功」洗脳術〜脳科学から見た「気功」の正体【覚醒CD付】一瞬で相手をオトす洗脳術 禁断の「一目ぼれ」テクニック【特殊音源CD付】心の操縦術 (PHP文庫)本番に強い脳と心のつくり方 (PHP新書 673)なぜ、脳は神を創ったのか? (Forest2545Shinsyo 15)苫米地式「幸せ脳」のつくり方-「本当の自由」を手に入れる いちばん簡単な方法 (East Press Business)







苫米地先生の原点 「洗脳原論」 苫米地英人 を読む [苫米地英人]


洗脳原論

10年前に出された苫米地先生の本です。

現在、たくさんの本を出版されている苫米地先生が2000年に出された本です。改めて読んでみると現在の本のエッセンスと共通のものは沢山ありますが、今の本よりもライトさが少なく、使っている用語もいかにも技術者らしくてハードカバーの本にふさわしい雰囲気です。(笑)

本の前半は洗脳に関する一般的な解説で、後半はオウムのU正悟師に対して行った脱洗脳(デプログラミング)に関して書かれています。
オウムの洗脳では、信者を独房に入れて地獄のビデオを100時間以上見せ続けたり、LSDなどの薬物を用いて空間がグニャグニャにしたりするような恐怖体験を植え付けて変性意識状態していました。そして、その恐怖体験を、オウムの教義を疑ったり、麻原教祖を疑うという行為(オウムでは「疑念」という)にアンカリングすることで、脱会することを考えただけで恐怖を感じるようになっていたそうです。

逆に麻原教祖を思い浮かべたり、写真を見たり、マントラのテープを聞いたりすることをトリガーとして、LSDやヨーガの瞑想で得た至福体験をアンカリングにしていたそうです。

この本で面白いと思ったのは、現在の本で盛んに「空観思想」や「中観思想」など仏教哲学を語っている苫米地先生がU正悟師を脱洗脳した1996年当時は仏教に関する知識がほとんどなかったそうで、手塚治虫の「ブッダ」を読んで一夜漬けで勉強したという所です。(^^)

また、苫米地先生は「ミルトン・エリクソンのような話術」が無かったので催眠手法で脱洗脳はできなかったとのことで、代わりにお得意のディベートや抽象空間の視覚化を利用して脱洗脳していたそうです。

また、この本が書かれた当時は、「共感覚」という言葉がなかったからか、自分の子供のころのことに関して、以下のように書いています。

歌声が全部、色と形を持って見えてきたように思えた。ほかの先生たちも、名前をおぼえるより早く、その声を、感じた色と形でおぼえてしまった。「この先生の声は黄色だな」と感じ、ゆったり話す先生の声は丸く、キンキンした声の先生は尖った銀色の三角に見えた。これは最相葉月氏の「絶対音感」に書かれていることと通じるものがあるかもしれない。絶対音感を持つ人たちは、音程を視覚的にとらえているそうである。

ちなみに苫米地先生は、オウムシスターズの長女と結婚されていますが、当時はマスコミから「クライアントと結婚した悪徳カウンセラー」という悪いイメージを植え付けられたそうです。(公安の謀略らしい) 実際には、結婚された長女は苫米地先生のクライアントではなく、それ以前に脱会していたとのことです。

この本は苫米地先生の原点とも言える本だと思います。
最近の本にちょっと飽きてきた方にお勧めです。(笑)

◆明日につなげる今日のアクション◆
苫米地先生がいつから仏門に入ったのかを考える


苫米地先生のその他の本は、
・洗脳支配
・洗脳原論
・頭の回転が50倍速くなる脳の作り方
・ビジネス成功脳 スピード構築
・まずは親を超えなさい!
・苫米地英人 宇宙を語る
・夢をかなえる洗脳力
・IQ200になる習慣
・年収が10倍アップする超金持ち脳の作り方
・スピリチュアリズム
・自伝ドクター苫米地 「脳の履歴書」
・自伝 ドクター苫米地「脳の履歴書」 を読む その2
・脳と心の洗い方
・営業は「洗脳」―一瞬でお客様を支配する禁断の営業術
・苫米地先生の「洗脳護身術」はトンデモ本か? それとも山本氏がドンデモか?

ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1


フリー経済学入門 【知らないではすまされない! 世界を支配する「フリーミアム」の解説書】すべての仕事がやりたいことに変わる―成功をつかむ脳機能メソッド40ドクター苫米地&神の手氣功師「すごい氣が出るDVDブック」「ツキ」を引き寄せる洗脳術~自分を磨き上げる秘密のメソッド34~まずは親を超えなさい!~最新の脳科学と認知心理学を基にした自己実現プログラムTPIE公式ブック~脳機能を活性化する「超」快眠術苫米地思考ノート術―脳を活性化し人生を劇的に変える最強思考ノートテレビは見てはいけない (PHP新書)







頭の回転が50倍速くなる脳の作り方 苫米地英人著 を読む [苫米地英人]

苫米地先生の学習法に関する本です。

頭の回転が50倍速くなる脳の作り方~「クリティカルエイジ」を克服する加速勉強法~ 

 

 

 

 

先生は、巷にあふれる「●●勉強法」「○○仕事術」の多くは自分の体験談であり、その人だからできた手法であり、この本は最先端の脳研究により実証された「脳の使い方」の基いた学習法であると主張します。(苫米地先生の本の内容も苫米地先生だからできるのでは? と突っ込みたくなりますが...(笑))
そしてほとんどの人たちは、現状は脳の潜在情報処理能力の何億分の1も使っていないと言います。

勉強だけができる人、いわゆる秀才と言われている人たちがイコール頭がいい人ではありません。高い視点(抽象度が高い)を持てるかどうかが重要なのです。苫米地先生の本によく出てきますが、「脳は知っているものしか認識できない」のですが、抽象度が高いと知らないものでも認識できるようになる、ということです。
そして、抽象度が上がるとIQが圧倒的に高くなるそうです。ここでいうIQとは、「抽象度の高い空間を身体性をもって操作できる能力」を言います。

そして、最近はやりの「英語」に関してです。苫米地先生のいう「英語脳」とは、解剖学的な言語脳があると言っているのではなく、脳機能的な意味で使っています。そして、苫米地メソッドは、ネイティブ並みに上手になるのではなくネイティブスピーカーをつくる方法論だそうです。

・エルマン仮説やチョムスキー仮説により脳は生得的に文法能力を持っており、言語ご               とにパラメータをチューニングするだけでよい

つまり、赤ちゃん日本語を習得するのと同じように英語を習得できるということです。しかし、ご存じのように言語習得には「クリティカルエイジ」という壁が存在します。言語の場合8~13歳がクリティカルエイジでそれを過ぎると言語の習得が難しくなると言われています。これは、普通は一つの種には一つの言語で十分だという種としての最適化という意味と、言語=人格であるため(バイリンガルは二重人格)人格を維持するための意味があるそうです。しかし、クリティカルエイジは存在するが、克服はできるとのことです。

・これまでの英語習得は日本語の神経ネットワークの上に英語ネットワークを構築しようとしていた
 ⇒ 日本語のネットワークを使わないで英語を学べば良い(日本語の活性化を抑える)

・英語のドラマの次の会話を予測しながら見続ける

しかし、この方式だと普通にやれば子供とおなじようにまともに話せるようになるのに7~8年かかるという問題が生じます。まあ、普通の日本人は10年以上英語を学んでもまともに話せないのですから、それでも良いとは思いますが...(笑)
その解決方法は、IQの高い脳を創ることによって抽象度を上げることだそうです。IQの高い「新しい脳」をつくると、あらゆる学習は50倍以上の速さでマスターすることが可能だといいます。
そのIQの高い脳のつくり方は、

リラックス
②コンセントレーション
③超並列脳をつくる

だそうです。特に超並列脳は最も学習に適した状態だと言います。また、人間はもともと超並列処理の能力を持っているにも関わらず逐次処理で思考するようになってしまったと言います。いわゆる速読(写真を撮るようにページを読みとる)も、その超並列脳を使うそうですが、苫米地先生のクラスでは速読は教えないそうです。理由は、

・どんなに速読をしても世の中の本をすべて読むことはできない

からだそうです。苫米地先生の母校であるイェール大学の図書館には600万冊の蔵書があったそうです。(1冊1分で読んで一日10時間読んでも、全部読むには30年くらいかかる)だから速読をするよりも、IQの上がった新しい脳を作った方がよいということです。

以前も書きましたが、英語に関してサイマルで同時通訳をやっていたほどの経験・実力を持った脳の研究者(機能脳科学者)は苫米地先生だけだと思いますので、私は先生の英語習得メソッドにはとても注目しています。
興味のある方は、ぜひご一読ください。

ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。 人気ブログランキングへ

苫米地先生のその他の本は、 
・洗脳支配
・洗脳原論
・頭の回転が50倍速くなる脳の作り方
・ビジネス成功脳 スピード構築
・まずは親を超えなさい!
・苫米地英人 宇宙を語る
・夢をかなえる洗脳力
・IQ200になる習慣
・年収が10倍アップする超金持ち脳の作り方
・スピリチュアリズム
・自伝ドクター苫米地 「脳の履歴書」
・自伝 ドクター苫米地「脳の履歴書」 を読む その2
・脳と心の洗い方
・営業は「洗脳」―一瞬でお客様を支配する禁断の営業術
・苫米地先生の「洗脳護身術」はトンデモ本か? それとも山本氏がドンデモか?

このブログの目次です。 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ビジネス成功脳 スピード構築 苫米地英人著 を読む [苫米地英人]

またまた苫米地先生の目標達成の本です。

ビジネス成功脳 スピード構築

 

 

 

 

 

この本は正直言って、前回書いた「まずは親を超えなさい!」とほとんど同じMindMapになりました。(笑) 合わせて読めばより理解が深まると思います。

●ゲシュタルト(Gestalt)
①脳は同じものを見て一度に二つの解釈を認識できない
 ⇒認識できない部分はスコトーマになる
②人は一つのゲシュタルトしか維持できない
 ・現状のゲシュタルトとゴールの世界のゲシュタルトは共存できない
 ・現状のゲシュタルトの方が強いと言い訳ばかりしてゴールの世界から
  遠ざかるようになる
 ・ゴールのリアリティが強いと達成の仕方が見えてくる
  ⇒オートマチックシステムにSWが入る
 ・実際の記憶を利用して未来のゲシュタルトの臨場感を高める
  ⇒ゴールの世界にいる自分をビジュアライズ化する

ここでいうオートマティックシステムというには、Dr.佐藤理論で言う自立神経系の「自動目的達成装置」と同じことだと思います。人間は、コンフォートゾーンを目標値としたホメオスタシスフィードバックがかかっているので、無意識のうちにコンフォートゾーンを維持しようとします。ですので、コンフォートゾーンを変えずに自分を変えようとしても結局はコンフォートゾーンに戻ってしまうわけです。
苫米地先生はよくサーモスタットの例を出しますが、私のイメージはカーナビで、目的地を設定した時に、目的地設定を変えずに別の場所へ行こうとした場合に、「右です」、「左です」、「Uターンです」と必ず音声で設定した目的地まで引き戻されることの方が近いと思います。
要は自分の目的地を変えた場合には、目的地設定(コンフォートゾーン)の変更が必要ということです。コンフォートゾーンを変更するには、

●コンフォートゾーンを変えるには
 ①なりたい自分、やりたい仕事に対して強いイメージ(ピクチャー)を求める
 ②求めるイメージに対するVisualizationを何度も行う
 ③今あるシステム全体の秩序を壊して前向きのイメージを描く(臨場感を上げる)

をすれば良いとのことです。
自分のSelf Imageは,Belief SystemとSelf Eficacyで作られます。Self Eficacyとは、自己実現のための方法を考えられる能力、確信のことです。苫米地先生は、Belief Systemをブリーフシステムと記載していますが、実際の発音には近いのかも知れませんが、Briefと紛らわしいですね。(笑)

●Belief System
・過去の記憶で創られる(情動記憶・抽象化された概念としての記憶)
・RASを通過した情報によって作られた世界
・私たちの行動を決めている
・臨場感空間を支配する人の意見を聞く
Word、Picture、Emotionで作られる。
  ①Word
    ・頭の中でセルフトークが何度も繰り返される
    ・実際に言葉で言ったことは頭の中で実際に体験したことと同じ効果を持つ
  ②Picture(イメージ)
    ・現実の記憶、体験や過去に見た映画テレビの映像も含まれる
  ③Emotion(情動)
    ・Word、Pictureに強い情動が乗ると強烈なBeliefが形成される

現代の資本主義はHave toで成り立っているがWant toが重要だということです。これはDr.佐藤の理論でいう、「自分がワクワクすることをする」(「~しなければならないこと」ではなく「~したいこと」をする)ということと同じですね。


苫米地先生のその他の本は、
・洗脳支配
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-03-28
・頭の回転が50倍速くなる脳の作り方
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-02-23
ビジネス成功脳 スピード構築
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-01-31
・まずは親を超えなさい!
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-01-26
・苫米地英人 宇宙を語る
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-01-10
・夢をかなえる洗脳力
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-12-26
・IQ200になる習慣
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-25
・年収が10倍アップする超金持ち脳の作り方
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-17
・スピリチュアリズム 
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-09-23
・自伝ドクター苫米地 「脳の履歴書」
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-08-04
・自伝 ドクター苫米地「脳の履歴書」 を読む その2
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-09-10
・脳と心の洗い方
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-09-01
・営業は「洗脳」―一瞬でお客様を支配する禁断の営業術
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-08-15
・苫米地先生の「洗脳護身術」はトンデモ本か? それとも山本氏がドンデモか?
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-02

ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。 人気ブログランキングへ このブログの目次です。 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1 年収が10倍アップする 超金持ち脳の作り方 (宝島SUGOI文庫) スピリチュアリズム とてつもない未来を引き寄せる予見力 洗脳原論 残り97%の脳の使い方【セミナーCD付】 ~人生を思い通りにする!「脳と心」を洗う2つの方法~ 努力ゼロでやせる!「脳活性ダイエットCD」 洗脳 ~スピリチュアルの妄言と精神防衛テクニック~ 脳にいい勉強法~聴くだけで脳が活性化する次世代サブリミナル音源CD付~
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

まずは親を超えなさい! 苫米地英人著 を読む [苫米地英人]

苫米地先生のコーチングの本です。

まずは親を超えなさい!~最新の脳科学と認知心理学を基にした自己実現プログラムTPIE公式ブック~ 

 

 

 

 

苫米地先生が40年のキャリアを持つ米国のコーチングの大家であるルー・タイス(フォーチュン500企業の62%がコーチングを受けている)と共同で開発したTPIE(タイス・プリシプルズ・イン・エクセレンス)という新しいコーチングのプログラムだそうです。
この本を読むと、これまで先生の本で書かれた多くのことがちりばめられていることが分かります。ルー・タイスのコーチングのポイントは、「ゴールの設定」だそうです。

●ゴールの設定がすべて
・ゴールの世界に臨場感を持つことが重要
・ゴールは臨場感が高くて初めて選ばれる 
 ⇒臨場感の高いゲシュタルトが選ばれる
 ⇒ゴールのイメージの臨場感が高ければ現実になる

そして、この本のタイトルですが、

あなたの最大の洗脳者は「親」である
・無意識に下す判断の8~9割が親のモノマネ、親の刷り込みである。
 ⇒ 「これをやってはいけない」、「これをやりなさい」、「こっちのほうがいい」
 ⇒ 子供の夢を壊すドリームキラーになりやすい

これは納得できます。私は高校生くらいから毎朝必ずシャワーを浴びていますが、なぜこんな習慣がついたかというと、考えてみると父親が毎朝シャワーを浴びていたからだと思いいたります。しかも、私の二人の息子もいつの間にか中学くらいから毎朝シャワーを浴びるようになっていました。ちなみに私の妻は全く洗脳されておらず、たまにしかシャワーを浴びません。(笑)

●脳の情報処理能力は大したことない
・大した働きを持っているように見せかけるのが非常にうまい
 (脳が本気で動くと莫大なエネルギーを消費する⇒RASによる手抜き)
・私たちの世界は過去の記憶によって成り立っている
  1.今見ているものは本当に見ているわけではなく見たつもりになっている
  2.見たつもりの世界は視覚、聴覚などすべての感覚の記憶を利用することで
   成り立っている
  3.何を見るかは昨日までの自分の判断で決められている

脳の情報能力は大したことがないということですが、本気で脳をフル回転させる時に必要な電力は原子力発電所1個分(約135万kW)という試算があるそうです。そんなに大食いの脳をできるだけ省エネで働かせるものが、RAS(模様体賦活系)フィルターによる情報の遮断です。つまり人間は、自分が興味を持ったものしかRASフィルターを通らず、その限られた情報で自分の世界を構築しているということです。はたから見ると「指向性マイクと狭画角のビデオによる映像」を見ているにも関わらず、自分はすべてを見て、すべてを知っているような気になっているということです。したがって、自分の興味範囲外のものには必ずスコトーマ(心理的盲点)ができるということのようです。
また、脳の画像情報処理は、一度メモリーに入った過去の画像を使って脳の中で現在の情景を創り出しているということです。過去の画像を見ているにも関わらず、自分は現在の情景を見ていると思い込んでいるのです。

●人間は過去の中に生きている
・現実世界は記憶によって成り立っている
 ⇒マインドを変えれば違う物理的現実世界が見えてくる

そして、Dr.佐藤の「口ぐせ理論」と同じことを述べています。やはり、脳科学的には口ぐせが非常に重要だということを改めて認識しました。

●セルフイメージ(自我)
・セルフトークがセルフイメージを創る
 ⇒ささいに思えるセルフトークが強烈なインパクトを持つ
 ⇒効果的なセルフトークで新しいセルフイメージが作られる
・他人の意見でもセルフトークと同じ効果がある
 ⇒誰の意見を聞くかが重要

以前は、Dr.佐藤の「口ぐせ理論」や「アファーメーション」なんていかがわしと思っていましたが(笑)、このように解説されると脳にとっては非常に重要なことであることが分かりますね。


苫米地先生のその他の本は、
・洗脳原論
・頭の回転が50倍速くなる脳の作り方
・ビジネス成功脳 スピード構築
・まずは親を超えなさい!
・苫米地英人 宇宙を語る
・夢をかなえる洗脳力
・IQ200になる習慣
・年収が10倍アップする超金持ち脳の作り方
・スピリチュアリズム
・自伝ドクター苫米地 「脳の履歴書」
・自伝 ドクター苫米地「脳の履歴書」 を読む その2
・脳と心の洗い方
・営業は「洗脳」―一瞬でお客様を支配する禁断の営業術
・苫米地先生の「洗脳護身術」はトンデモ本か? それとも山本氏がドンデモか?

ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。 人気ブログランキングへ ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。 人気ブログランキングへ このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1 頭が10倍よくなる超睡眠脳の作り方夢が勝手にかなう脳 (講談社BIZ)なりたい自分になれる 最強の自己プロデュース力洗脳護身術―日常からの覚醒、二十一世紀のサトリ修行と自己解放本当はすごい私 一瞬で最強の脳をつくる10枚のカード英語は逆から学べ!~最新の脳科学でわかった!世界一簡単な外国語勉強法~特殊音源CD付き(全外国語対応)ドクター苫米地の新・福音書――禁断の自己改造プログラム洗脳支配ー日本人に富を貢がせるマインドコントロールのすべて


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

苫米地英人 宇宙を語る 苫米地英人著 を読む [苫米地英人]

題名どおりの苫米地先生の本です。

苫米地英人、宇宙を語る

 

 

 

 

 

1988年に出版された天才科学者ホーキング博士の「ホーキング宇宙を語る」で語られたテーマに関して苫米地先生が最近の脳科学の成果を使って語った内容です。この本は、一見すると平易な文体で淡々と書かれていて簡単に読めそうな印象を受けますが、内容はとてつもなく濃く、衝撃的なものです。私は読んだ本の内容をMind Mapを使ってまとめていますが、この本は最初の20~30ページだけで他の本1冊分以上のマインドマップとなってしまいました。正直言って、この本の内容を正確に伝える自信はありませんので、ぜひみなさんも読んでみてください。

「ホーキング宇宙を語る」の中で、ホーキング博士が語った内容です。

「科学が数学的モデルの構築に用いる普通のやり方では、そのモデルで記述しようとする宇宙がいったいなぜ存在しているのかという疑問に答えようがない」
「創造主が必要なのか?もしそうだとすれば(中略)創造主を創造したのはだれなのか?」
「答えが見だせれば、それは人間の理性の究極的な勝利となるだろう ― なぜならそのとき、神の心をわれわれは知るのだから」

つまり、神が存在して宇宙の初期状態が決められた、いわゆるビッグバンが起こったと語っています。これに対して苫米地先生は、ビッグバンは神が起こしたものではない、と述べています。

まず神の存在に関して、

・神の世界である数学の世界で、1931年ゲーデル、1987年のチャイティンの不完全定理の証明によって系には必ず決定不能なランダム数Gが入るということが証明された。
 ⇒ 
この世に完全なものはない。完全な存在である神は存在しない!

そして宇宙に関して、

・一人一人宇宙の領域を持っている。 ⇒ 宇宙は人の数だけある 
 ⇒ たとえ同じ世界を見たとしても誰も同じ世界にいない

宇宙はなぜ存在しているのか? ⇒ 寂しいから

・自分一人の世界は自分の作った情報の世界 ⇒ それに気付くと寂しくなる
 ⇒ 公共のスペース空間を作る ⇒ それが物理空間 ⇒ 寂しいから宇宙が生まれた

脳がなければ宇宙は存在しない ⇒ 記述する人がいるから宇宙は存在する
 ⇒ 認識する人がいなければ宇宙は存在しない ⇒ 脳がなければビッグバンはない
 ⇒ 猿の宇宙にはビッグバンはない(猿は波動方程式を読めない)

そして、苫米地先生の著書ではおなじみですが、「時間は未来から過去へ流れている」という認識が重要となります。

・キリスト教哲学では時間因果が物理因果 ⇒ 時間は過去から未来へ流れている
・仏教など東洋哲学の考えでは、時間は未来から過去へ流れている
 ⇒ ビッグバンは「原因」ではなく「結果」 
 ⇒ 未来のわれわれの認知がビッグバンを作った

という驚くべき結論が出てきます。

正直言いまして、この本の本質をきちんと捉えているかどうかの自信はありません。ここに書かれている内容を鵜呑みにしないようにお願いします。(笑)

みなさん、ぜひご自分で読んで内容を確認してください。

ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ 苫米地先生のその他の本は、
・洗脳支配
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-03-28
・頭の回転が50倍速くなる脳の作り方
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-02-23
・ビジネス成功脳 スピード構築
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-01-31
・まずは親を超えなさい!
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-01-26
・苫米地英人 宇宙を語る
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-01-10
・夢をかなえる洗脳力
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-12-26
・IQ200になる習慣
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-25
・年収が10倍アップする超金持ち脳の作り方
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-17
・スピリチュアリズム 
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-09-23
・自伝ドクター苫米地 「脳の履歴書」
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-08-04
・自伝 ドクター苫米地「脳の履歴書」 を読む その2
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-09-10
・脳と心の洗い方
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-09-01
・営業は「洗脳」―一瞬でお客様を支配する禁断の営業術
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-08-15
・苫米地先生の「洗脳護身術」はトンデモ本か? それとも山本氏がドンデモか?
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-02

このブログの目次です。 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1 世界一簡単に目標がかなう 成功脳の作り方知的生産力が無限大にアップする 超人脳の作り方IQ200になる習慣頭の回転が50倍速くなる脳の作り方~「クリティカルエイジ」を克服する加速勉強法~脳と心の洗い方~「なりたい自分」になれるプライミングの技術~自伝ドクター苫米地 脳の履歴書「1日10分」でスピード脳に生まれ変わる―「知的生産力」が無限大になるいちばん簡単な方法 (East Press Business)英語は逆から学べ! ~英会話トレーニング編~最新の脳科学でわかった!短期集中英会話上達レッスン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

夢をかなえる洗脳力 苫米地英人著 を読む [苫米地英人]

またまた苫米地先生の本です。

夢をかなえる洗脳力







この本も他の苫米地先生の本と同様のことが多く書かれていますが、ポイントは以下の通りです。
世界とは自分が認識したもの
 ⇒ 絶対的な外界は存在しない。
 ⇒ 認識が実際の現実世界と違っても認識したことだけを現実と判断する
 ⇒ 認識しないものは存在しないのと同じ。知らないものは認識できない
一番強い臨場感のあるものが現実化される
 ⇒ 現実だから臨場感が高いのではない!
夢や幸せは抽象思考をすることで限りなく大きくできる
 ⇒ 抽象度の違いでその結果は大きく変わる
競争社会は「敗者を大量生産するシステム 
 ⇒ ほんの一握りの人がいい思いをするシステム
自己啓発プログラム
 ⇒ 奴隷や兵士を作るためのプログラム

この世界とは自分が認識したものであるという考えは、最初はよく理解できませんでしたが、今では当たり前だと思えるようになりました。(洗脳されたか?(笑))

これはよく考えてみると当たり前の話で、自分(自分の脳)が認識している世界は、自分の感覚器(視覚、聴覚、触覚、味覚、聴覚)を通して得られた情報で構築された世界でしかありません。しかも、その感覚センサーの感度範囲は非常に限られたものです。

例えば、人間の目は可視光と言われている非常に周波数範囲の狭い領域しか見ることができませんし、音も狭い可聴領域にある音しか聞くことができません。さらに人間の脳は、その限られた情報を更にふるいにかけて自分に興味のある情報しか通さないようにできています。
ここまで考えると、俺は現実世界をすべて認識している!と豪語している人が如何に滑稽であるか分かってきます。
例えて言えば、赤外線センサーで物体を認識して壁にぶつからないような自走ロボットを作った時に、そのロボットが「俺は世界をすべて認識している」と豪語しているようなもので、それを設計した人は「何言っての?お前は赤外光しか認識できないじゃん!エラそうに言うなよ!」と思うのと同じようなことです。

競争社会は「敗者を大量生産するシステム」である、ということは確かだと思いますが、苫米地先生もその競争世界でTopを目指してたじゃないか?との疑問も出てきます。
これに関しては、別の著書で「自分の興味のある世界でTopになることしか考えず、Topになり、Topなんてくだらない!と感じた」というようなことを言っています。


また、「認識しないものは存在しないのと同じ。知らないものは認識できない」も最初はよく理解できませんでした。知らないものでも認識はできるだろう?という疑問です。

この事を本当なんだと実感したのが、このブログでも紹介した「脳を鍛えるには運動しかない!」という本を読んだ時です。この本の中にウォーキングなどをするとBDNFという脳細胞の肥料となる脳内物質が分泌されるということが書かれていました。以前からDr.佐藤の本を読んでいたので、ウォーキングをするとセロトニンベータエンドルフィンドーパミンなどの脳内物質が分泌されることは知っていましたが、BDNFのことは知りませんでした。

私は興奮してDr.佐藤も知らなかったことなのか?と急いで手元にあった氏の本をめくってみると、何とそこにBDNFのこともちゃんと書いてあったのです!! 
これには相当ショックを受けました。つまりこれまでいろいろな情報から知っていたセロトニン、ベータエンドルフィン、ドーパミンのことはきちんと認識していましたが、(知らない=なじみのない)BDNFに関しては、網膜を通して視覚野にまで到達していたにも関わらず、読み飛ばして認識していなかったのです。

他のことに関しても同様のことが起きているのだと考えると、ちょっと怖くなりました。
知ることの重要性を再認識しました。

苫米地先生のその他の本は、
・洗脳支配
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-03-28
・頭の回転が50倍速くなる脳の作り方
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-02-23
・ビジネス成功脳 スピード構築
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-01-31
・まずは親を超えなさい!
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-01-26
・苫米地英人 宇宙を語る
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-01-10
・夢をかなえる洗脳力
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-12-26
・IQ200になる習慣
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-25
・年収が10倍アップする超金持ち脳の作り方
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-17
・スピリチュアリズム 
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-09-23
・自伝ドクター苫米地 「脳の履歴書」
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-08-04
・自伝 ドクター苫米地「脳の履歴書」 を読む その2
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-09-10
・脳と心の洗い方
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-09-01
・営業は「洗脳」―一瞬でお客様を支配する禁断の営業術
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-08-15
・苫米地先生の「洗脳護身術」はトンデモ本か? それとも山本氏がドンデモか?
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-02




ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1

IQ200になる習慣 苫米地英人著 を読む [苫米地英人]

またまた苫米地先生の本です。

IQ200になる習慣

オーディオブックです。
[オーディオブックCD] IQ200になる習慣








私はこちらで安い方を買いました。

頭を良くする方法、IQを確実に上げる方法に関して書いた本です。
ものすごく大雑把にポイント書くと、
・IQを上げるには、「思考の抽象度」を上げる訓練をすることが重要である。
・受験勉強は抽象度が上がらない立ち止まった勉強である。
・TVは見るな。TVを見ていると抽象度が下がる。
・ドリルは老化防止には役に立つがIQアップに効果がない。
・物を見る時に言葉にできないレベルまで抽象度を上げて考える。
 例えば、 犬 → 哺乳類 → 動物 → 生物 → 有機物 → ?(笑)
・脳に負荷をかける。(ちょっと難しい問題を考える)
・ジャンルを限定せずに月に100冊本を読む。(例えば売上ランキング上位100冊)

まあ、確かに書かれていることをやっていれば抽象思考が上がると思います。(^^)
そんなメインの話よりも私のフックにかかったのが、
・米国に行って数週間で現地人並みの英語を話すことができた。
・もらった英語の教科書は一日で丸暗記していた。
といった話です。確か、「自伝 ドクター苫米地「脳の履歴書」」では、数週間ではなくて数カ月だったと思うのですが...。まあ、どっちでもすごいことには変わりませんが、数か月の方が真実味はありますね。最近出てきた「共感覚な天才・・・天は二物を与えた」の中野裕太さんも「どんな言語でも3カ月あればマスターできる」と言っているそうですから、そういう人たちがいることは確かだと思います。
話は違いますが、私はぜひ水道橋博士の鼎談に苫米地先生と中野裕太さんを呼んで欲しいと切に思っています。この二人がどんな話をするか見てみたいです。(^^)

そして、この本を読んで一番スッキリしたのは以下の点です。苫米地先生と言えば、華麗なる経歴で有名です。
自分がやろうとしたことでトップになることしか興味がない。
①中学時代にニューヨーク大学で数学(微分方程式など)を学ぶ。
②ディベートのため、交換留学生でマサチューセッツ大学に行く。
③フルブライト奨学生制度でイエール大学に留学する。
④カーネギーメロン大学に籍を移す。
⑤カーネギーメロンの大学院生の頃、徳島大学で助教授をして博士論文を書く。
でも、最後の「徳島大学」がいつも気になっていました。「なぜ徳島大学なんだ?」、「なんで東大や京大じゃないんだ?
徳島大学は、日本で初めて人工知能の学部ができた大学らしいですし、青色発光ダイオードで有名な中村修二氏の母校でもありますが、それでもすっきりしませんでした。

この本の最後に苫米地先生の母校である、イェール大学カーネギーメロン大学の話が書いてあります。イェール大学は徹底的にリベラルアーツを追究し、カーネギーメロン大学は、豊富な国防予算を使って最先端の実学を追究しているそうです。そのような世界でもTopクラスの大学に通っていた苫米地先生からみると日本の大学のレベル差など、差があってないものと思えるのだな~と理解できました。

何せ、世界の大学ランキングでは日本の大学はTopの東大でも22位で、100位以内に6校しか入っていないのです。こんな状態であれば、東大も京大も徳島大もその他大勢の一つでしかないことには変わりありません。

苫米地先生は、今の時代になって東大を目指すのはナンセンスである、世界のTopの大学を目指すべきだ、と言っています。確かにその通りですね。

うちの息子は中二で町のクラブチームに入ってサッカーをやっています。Jチームにはかなわないものの、町のクラブチームの中では強い方のチームです。その息子が、以前は熱心に見ていたJリーグの試合を全く見なくなってしまいました。今関心があるのは、ヨーロッパのクラブチームの試合だけのようです。
ここでハタと気がつきました。ヨーロッパのクラブチームの世界のTopレベルの試合を見てしまうと、Jリーグの試合がつまらなくなっているのだと...。

おそらく野球や他のスポーツの世界でもそのようなことがあるのだと思います。大学に関しても早くそうなることを期待しています。


ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

苫米地先生のその他の本は、

・洗脳支配
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-03-28
・頭の回転が50倍速くなる脳の作り方
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-02-23
・ビジネス成功脳 スピード構築
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-01-31
・まずは親を超えなさい!
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-01-26
・苫米地英人 宇宙を語る
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-01-10
・夢をかなえる洗脳力
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-12-26
・IQ200になる習慣
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-25
・年収が10倍アップする超金持ち脳の作り方
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-17
・スピリチュアリズム 
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-09-23
・自伝ドクター苫米地 「脳の履歴書」
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-08-04
・自伝 ドクター苫米地「脳の履歴書」 を読む その2
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-09-10
・脳と心の洗い方
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-09-01
・営業は「洗脳」―一瞬でお客様を支配する禁断の営業術
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-08-15
・苫米地先生の「洗脳護身術」はトンデモ本か? それとも山本氏がドンデモか?
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-02

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1









年収が10倍アップする超金持ち脳の作り方 苫米地英人 を読む [苫米地英人]

またまた苫米地先生の本です。

年収が10倍アップする 超金持ち脳の作り方年収が10倍アップする 超金持ち脳の作り方 (宝島SUGOI文庫)








この本は、水道橋博士宮崎哲弥氏の「博士も知らないニッポンのウラ」のゲストとして出演された時に水道橋博士から、この本の紹介がありました。
この本を読むとどうなるか知ってますか?

フェラーリなどの超高級車を所有して、自由に乗りまわすことができます!
・地中海沿岸のリゾート地で、何カ月もバカンスを過ごすことができます!
・プライベートジェット機で世界一周旅行をすることができます!あながたずっと憧れて、しかし「お金がないから」と諦めていた夢のような人生を手に入れることができるのです!
わずか1,300円です! 完璧な心霊商法じゃないですか

・銀行の金を借りるだけ借りまくれ、それでそれを踏みたおせ!

言ってることは大川総裁と変わらない!
水道橋博士の突っ込みは最高ですね。

さて、この本のポイントですが、
・世の中の価値がバーチャルバリューに移行してきている。
借金=「悪」ではない。借金も預金も同じ。
 ⇒ 今の制度では借金すればするほど金持ちになる。
・お金は情報空間での価値である。絶対的な価値はない。
と現状のお金が、実際の金(Gold)の保有量とは関係なく通貨を発行しているため国が信用を持たせているだけで実体がない、日本が無くなればただの紙切れであると説いています。これは学校でも習っていることなのでみなさん御存じだと思いますが、改めて考えてみると怖い話です。どこか近くの半島からミサイルが飛んできて、日本という国が無くなれば、たとえ生き残ったとしても、みんながセッセと預金していたお金は何の価値もなくなるわけです。
実際に昔から国を持たなかったユダヤ人はその国の貨幣を信用せずに「金(Gold)」、「ダイヤモンド」、「不動産」などの実体のあるもの、そして「教育」に投資してきたそうです。

苫米地先生は、さらに主張します。
・銀行は合法的な詐欺だ!
・銀行は、準備預金0.05%しかないのに通帳に記入することで金を動かしている。
 ⇒銀行業こそ、人類が発明した、最大の合法的詐欺組織である
・「貯蓄は善」はGHQの洗脳である。
銀行は1万円しか手元にお金がなくても2,000万円貸し出すことができるのです。つまり銀行には現金がないんです。私たちも家を購入する場合など、一生に何回かは銀行から数百万円~一千万円くらいの現金を引き出すことがあると思いますが(笑)、すぐには貰えませんよね。これは銀行にまとまったお金がないからです。そして、銀行が成り立っているのはみんながセッセと貯蓄をして、お金を引き出さないからです。つまり、銀行員の態度や普通の企業よりも高い給料にカチンときたら、預金をどんどん引き出せばいいんです。日本中の人たちが、預金を引き出して貯金を止めたら銀行はつぶれてしまいます。
そのような金融システムなのですから、情報空間では金を借りまくった人が金持ちになる、と主張しているのです。まあ、実際そうなのでしょうが、これはなかなか実践できませんね。
英語を上達しようと思ったら、毎日15時間英語漬けで3カ月続ければよいということは誰でも納得してもらえると思いますが、ほとんど実践できません。これと同じですね。(^^)

苫米地先生のその他の本は、 
・洗脳支配
・洗脳原論
・頭の回転が50倍速くなる脳の作り方
・ビジネス成功脳 スピード構築
・まずは親を超えなさい!
・苫米地英人 宇宙を語る
・夢をかなえる洗脳力
・IQ200になる習慣
・年収が10倍アップする超金持ち脳の作り方
・スピリチュアリズム
・自伝ドクター苫米地 「脳の履歴書」
・自伝 ドクター苫米地「脳の履歴書」 を読む その2
・脳と心の洗い方
・営業は「洗脳」―一瞬でお客様を支配する禁断の営業術
・苫米地先生の「洗脳護身術」はトンデモ本か? それとも山本氏がドンデモか?

ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1


夢をかなえる洗脳力一瞬で相手をオトす洗脳術 禁断の「一目ぼれ」テクニック【特殊音源CD付】 テレビは見てはいけない (PHP新書) まずは親を超えなさい!~最新の脳科学と認知心理学を基にした自己実現プログラムTPIE公式ブック~努力はいらない! 「夢」実現脳の作り方英語は逆から学べ! ~英会話トレーニング編~最新の脳科学でわかった!短期集中英会話上達レッスン


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

苫米地先生の「洗脳護身術」はトンデモ本か? それとも山本氏がドンデモか? [苫米地英人]


トンデモ本の世界V
たまたまBOOK OFFで500円で安売りしていた「トンデモ本の世界V」と学会著(2007年10月発売)を購入したのですが、そこに苫米地先生の「洗脳護身術」のことが書いてありました。書いているのは、と学会会長の山本弘氏です。

読んで驚きました。山本さん最初から飛ばしています。苫米地先生が国松警察庁長官狙撃事件のK容疑者の記憶を催眠術で再現したことに関して、こう書いています。
僕(山本)は当時から、K容疑者はオウムによる洗脳を解かれたのではなく、逆に苫米地氏の先入観による誘導で、誤って偽の記憶を形成してしまったのではないかという可能性を疑っていた。当時すでにアメリカでは、カウンセラーの不注意な誘導が、クライアントに容易に偽の記憶(「エイリアンに誘拐された」とか「子供の頃、悪魔主義者による虐待を受けた」とか)を植えつけてしまうことが問題になっていたのだが、苫米地氏はそれをご存知なかったと思われる
山本氏がご存じのようなことを(私でも聞いたことがある)、当時何人ものオウム信者を脱洗脳していた催眠のプロである苫米地先生が知らないはずはないではありませんか! 正に釈迦に説法ですね。(^^)
山本氏は、結局K容疑者が起訴されなかったのであるから、苫米地先生の催眠誘導は信頼性がないと考えているようです。「陰謀論」を徹底的に排除すると学会の会長さんとしては、あくまで警察の公式見解やマスコミの報道の方が信頼度が高いようです。公安警察が「謀略」をかけることなどあり得ないと考えているのでしょうね。(笑)

また、相手に洗脳されないために、自分で自分を洗脳するための手法に関して、こう書いています。
だが、不安になってくる。読者がこの本を読んで苫米地氏の教えを忠実に実践することは、カルト教団の教祖の本を読んで呼吸法や瞑想を実践するのと、何がどう違うのだろう。
これにはビックリしました。山本氏は、例えば「組の抗争のために空手を習得すること」と「護身のために空手を学ぶこと」の区別がつかないのでしょうか? 手法として学ぶものは同じ空手で何も違いません。目的が違うだけです。 この本の中にもちゃんと書いてあるではありませんか。

最後に、この本の最大の欠点、著者が軽視している危険性を指摘しておこう。
自分を守るために、何者にも洗脳されないように精神を強くする ― 一見、これは正しいように見える。だが、それはくまで自分の信念や思想信条が正しい場合だけだ。もし間違っていたらどうなる?
そんなのは、自己責任じゃありませんか。当然ですよ! 苫米地先生が言うように洗脳はツールであってそれ自体に善も悪もありません。使う人次第です。包丁は料理で使うものですが、使い方を間違えると危険です。それと同じことです。山本さん、ちゃんとこの本を読んでいるのかな~。

つまりこの「洗脳護身術」とは、「トンデモさんになる方法」ではないのか?
だとしたら、そうならない方法は簡単である。この本と逆をやればいい。自分が小さな存在だとイメージするのだ。
これを分かりやすく空手と置き換えて書いてみましょう。
「つまりこの空手は不良になる方法ではないのか?だとしたらそうならない方法は簡単である。この本と逆をやればいい。自分が弱くなればよいのだ。」← 護身術になっていない(^^)
こう置き換えてみると、山本氏の言っていることのオカシサが分かりやすいと思います。
山本さんは、ワトルズのトンデモ大賞の時に、「自分の本が出るたびに「今度こそベストセラーになる」と固くイメージしているんですが、いまだに現実にはなりません。」と言っていましたが、ここに書いているように「自分が小さな存在だとイメージする」ようなことをやっていては、思いは実現しないでしょうね。逆のことをやっている苫米地先生の本はベストセラーになってますよ。(笑) 

人を洗脳するのは簡単である。自分を洗脳するのはさらに簡単である。だからこそ、自分を無敵の存在だなどと思わないことだ。
山本さん、大きくでましたね。本当に簡単に洗脳できるのでしょうか? この記述の方がトンデモだと思うのは私だけでしょうか?
苫米地先生が言う「変性意識」、「内部表現」、「ホメオスタシス」などの面倒な概念を使わずに簡単に洗脳できるのであれば、ぜひ教えてください。
洗脳をできるということは、逆の脱洗脳もできるということですから、オウム事件の時に公安は、苫米地先生ではなく山本氏に依頼すべきでしたね。でも、簡単に洗脳できるのなら、なぜベストセラー本が出ないのか不思議ですが…。(笑)
また、私を含めて多くの人が自分を洗脳できなくて苦労しています。「なりたい自分になる方法」の本は山ほど出版されていますが、私を含めてそれらの本を読みまくっているほとんどの人は挫折しているでしょう。山本氏がそれほど簡単に自己洗脳できる秘法を知っているのであれば、ぜひ出版してください。絶対買いますから。(トンデモ本は好きですから(笑))
絶対にベストセラーになること間違いなしですよ!

ちなみに苫米地先生の「洗脳護身術」は2006年の第13回トンデモ大賞のノミネート外作品としてプレゼンされて11票獲得しています。(8位) トンデモ大賞というから、会場の人たちはみんなその本を読んで投票しているのかと思っていましたが、プレゼンによる投票なんですよね。こんなんで本の内容が分かるのか疑問ですが、ワイワイ楽しんでいるだけですから良いんでしょうね。

また山本氏は、水道橋博士宮崎哲弥氏の「博士も知らないニッポンのウラ 」という番組で環境問題に関して武田邦彦先生と討論をしましたが、はっきり言ってボロ負けでした。それまで本でしか知らなかったと学会の会長である山本氏ですが、「こんなに論争に弱いんだ...。」というのが正直な感想です。武田先生に対して、「●●はトンデモです」と主張しますが、武田先生の理路整然とした反論を受けて、ことごとく粉砕されています。山本氏の主張の根拠に対して武田先生に反論や否定されるとその次の手が出てこないという状況が続きます。
そして最後には、武田先生に「二つの対立する意見がある時、自分と意見が違うからといって相手のことを『間違っている』というのは如何なものか」というようにたしなめられています。まったくその通りだと思います。と学会の人達の情報収集能力の凄さは私も認めています。ただし、世の中で収集できる情報が正しいものばかりではないことも確かなので、それを見極める能力も重要になると思います。
山本氏は、この討論で負けたのがよほど悔しかったのか、その後「”環境問題のウソ”のウソ」という本を出しています。この本を読むとそれなりに納得感はあるので、やはり文章はうまいですね。この際、山本氏は討論でもきちんと勝てるように、アメリカ仕込みのディベートの大家である苫米地先生に弟子入りしてはどうでしょうかね?(笑)



ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1


洗脳護身術―日常からの覚醒、二十一世紀のサトリ修行と自己解放と学会年鑑YELLOW英語は逆から学べ!~上級トレーニング編~超バイノーラル&超デュアルインダクションCD付「1日10分」で脳が生まれ変わる (East Press Business)大好き!今日からのわたし。 ~愛される心とからだををつくる秘密の呪文集~人の上に立つ超脳力―新ビジネスリーダー10の条件心の操縦術 真実のリーダーとマインドオペレーション英語は逆から学べ!実践トレーニング編 ‾聴くだけで英語脳ができるバイノーラルCD付‾

>








nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

スピリチュアリズム 苫米地英人著 を読む [苫米地英人]

オーム真理教の信者の脱洗脳で有名になった苫米地先生が、江原啓之氏をはじめとしたスピリチュアリズムの問題に関して書いた本です。

スピリチュアリズム


オーディオブックはこちら。

[オーディオブックCD] スピリチュアリズム








こちらの方がお安いです。

この本は、苫米地先生が江原啓之氏のスピリチュアリズムを徹底的に批判しています。
江原啓之氏は「自分探し君」である
・彼は霊媒体質であり、自己催眠にかかりやすい幻覚を見やすい人だ。
・現在は、人に語れるほど宗教的に成長していないが、彼の自分探しの旅は最終的に本物のチベット密教と出会うことで終わるだろう。 
・あと10年後にはオーム真理教の麻原と同じことを言っているだろう。

私はオーム真理教による地下鉄サリン事件は、宗教どうのこうのではなく単なるテロ集団の起こした事件だと思っていました。しかし、この本を読んで、チベット密教の「空観」思想を忠実に実践した行為であることを知りました。
「空観」の思想
・「あの世」が本当の世界でこの世はカルマを解消するための場である。
 ⇒ この世は幻である ⇒ アートマン(自我)も空であり他人も空であるので殺してもよい
 ⇒ 他人が悪い縁起を起こしているのであれば殺して生まれてくるチャンスを与えた方が良い
 ⇒ ポアの思想

つまり、江原啓之氏の「魂は永遠」、「生まれ変わる」、「だんだんステージが上がる」の思想を突き進めて行くとオーム真理教と同じようにチベット密教の「空観」思想に行き着く危険性を秘めているということです。
日本の仏教は中国経由で道教の影響を受けて伝わっているため、釈迦の「空観」思想が正確に伝わっていませんでした。日本にこの思想が伝わったのはチベットで大蔵経が発見された20世紀に入ってからだそうで、オーム真理教は、そのサンスクリット語やパーリ語の原典を入手し、翻訳して研究していたそうです。(オームはその研究のためにかなりの額を支払ったとのこと)

また、この本ではオーム真理教の教義を作ったのは、中沢新一氏だと名指しで批判しています。これは苫米地先生が信者から直接聞いた話だそうですので、説得力があります。

私の中では江原啓之氏の「輪廻転生」などの話から「ポアの思想」までは結びついていなかったのですが、江原氏が自分の思想を磨き上げていく上で、チベット密教に出会い、その思想を突き詰めていくとオームと同じことになるという可能性は確かに高いように思えてきます。

また、ナチスのハーケンクロイツ卍がチベット密教からきているということもこの本で初めて知りました。地図のお寺のマークと似ているなとは思っていましたが...。 私は宗教的なことにはかなり興味を持っていたつもりですが、この本を読んで基本的なことをほとんど知らなかったんだと反省しました。

オームになぜあれほどの高学歴の人間がはまったのか?という問いに対して苫米地先生は、LSDなどの違法薬物の使用による洗脳もありますが、加えて以下のような理由があると書いています。
・高学歴の人間は自分に自信を持っているので自分が論破されるような人間にはかなわないと思い入信するしかなくなる。 

・チベット密教やキリスト教、イスラム教などには数千年にわたって組み上げられた論理体系があり、どんなに賢い人が論争しても絶対にかなわない。(苫米地先生も上智大でキリスト教の教理であるカテキズムを学んだそうです)

・たとえば、法王の親衛隊であるイエズス会で神父になるためには最低3つの博士号(神学、哲学、自分の専門分野)が必要である。そのような人たちが作り上げる抽象度の高い論理体系を甘く見てはいけない。宗教を馬鹿にしてはいけない。

また、スピリチュアリズムでは、魂の位がどんどん上がると最終的には宇宙まで行ってしまいます。地球レベルではまだ低くて、太陽系、銀河系とどんどん上がって行きます。そういえば、近年の多くの宗教家に影響を与えたGLAの高橋信次氏の教えにも天上界のエル・ランティーが出てきましたね。
つまり、スピリチュアリズムとUFO信者は最終的につながる、根本は同じだと言うのです。苫米地先生は、言います。UFOが実際に地球にやって来たとしても別に驚くべきことではない、地球人がいるのだから宇宙人もいる。それを特別なものだと考えるからおかしなことになる。

苫米地先生のその他の本は、
・洗脳支配
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-03-28
・頭の回転が50倍速くなる脳の作り方
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-02-23
・ビジネス成功脳 スピード構築
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-01-31
・まずは親を超えなさい!
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-01-26
・苫米地英人 宇宙を語る
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-01-10
・夢をかなえる洗脳力
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-12-26
・IQ200になる習慣
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-25
・年収が10倍アップする超金持ち脳の作り方
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-17
・スピリチュアリズム 
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-09-23
・自伝ドクター苫米地 「脳の履歴書」
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-08-04
・自伝 ドクター苫米地「脳の履歴書」 を読む その2
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-09-10
・脳と心の洗い方
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-09-01
・営業は「洗脳」―一瞬でお客様を支配する禁断の営業術
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-08-15
・苫米地先生の「洗脳護身術」はトンデモ本か? それとも山本氏がドンデモか?
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-02









ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1


脳と心の洗い方(「なりたい自分」になれるプライミングの技術) (Forest 2545 Shinsyo)「洗脳」プロファイリング夢が勝手にかなう手帳2010 (講談社BIZ)すごいリーダーは「脳」がちがう年収が10倍アップする 超金持ち脳の作り方苫米地式コーチング
ゆほびかGOLD幸せなお金持ちになる本 (Vol.4) (マキノ出版ムック)







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

自伝 ドクター苫米地「脳の履歴書」 を読む その2 [苫米地英人]

前回、苫米地先生のこの本を紹介したのですが、読み直してみるとあまりに本の内容に関する情報がないことに気づきました。また、先生の歩んできた過去に興味のある方も多いと思います。そのため再度ご紹介します。
自伝ドクター苫米地 脳の履歴書








苫米地先生のこれまでの人生は、「自分がやろうとしたことでトップになることしか興味がない」とのことです。
・計算機の分野では、カーネギーメロン大学が世界一。当初、人工知能ではイエール大学が世界一だと思っていたが、実際にはカーネギーメロン大学がダントツだと分かり、カーネギーメロン大学に移る。
・ディベートの分野では上智が日本で一番だったので上智大学に入った。
・同時通訳の業界No.1のサイマル・インターナショナルに行った。

先生のお父さんは
日本興業銀行(現みずほ銀行)常務、その後和光証券の社長、会長を歴任。その後、東証の理事になる。

先生の履歴は、
・中学から駒場東邦に進み、中学1年の夏に父の転勤でアメリカに行く。
・アメリカに行って2、3カ月で普通に会話ができるようになる。
・夏の間はニューヨーク・ミリタリー・アカデミー(軍隊のサマースクール)に通う。レスリングの大会でも優勝し、レスリングで奨学金を貰う。
・中学1年のクラスに入り、飛び級で1年も通わずに高校3年生のクラスに入る。最後は、数学だけニューヨーク大学の過程で微分方程式などを学ぶ。(年齢は中学2年生)
・中学3年で駒場東邦に戻るが、三角関数や因数分解を忘れていて苦労する。
・中学3年か高校1年で英検1級を取り、3年生の時には予備校で受験英語講師をする。
・高校時代は地質学に興味を持つが、同時通訳、ディベート、言語学に興味が移り、推薦で上智大学に入学する。
・上智大学入学と同時にサイマル・インターナショナルに入り、村松増美氏、小松達也氏に師事する。サイマルので同時通訳の時間を大学の英語課の授業の単位として認めてもらう。(英語課の授業は、「ニューズウィーク」を読んでの勉強だが、サイマルでは「ニューズウィーク」に出てくるような人の同時通訳をやっていたので当然とのこと)
・ディベートのため、交換留学生でマサチューセッツ大学に行く。
・その後、日本に戻ってNAFA、JNDTという2つのディベートリーグの顧問になり、その頃、上祐史浩と知り合い何度かディベートを指導する。
・大学卒業後、父親のコネで当時、手元流動性が世界一だった三菱地所に入社する。
・入社後は、「大人のためのそろばん教室」に通う。(^^)
・人工知能の父であるロジャー・シャンクに学ぶため、フルブライト奨学生制度でイエール大学留学する。大学院は修士課程が2年間あるが、飛び級により1年で終え、2年目から博士論文に取り掛かる。この頃、最初の結婚をする。
・コンピューターサイエンスの世界ではカーネギーメロン大学が圧倒的であることが分かり、カーネギーメロン大学に籍を移す。すぐに世界初の音声通訳システムを開発する。
・カーネギーメロンの大学院生の頃、徳島大学で助教授をして博士論文を書く。
・徳島大で2年間教えた後、ジャストシステムに移り、東京の基礎研究所の所長となる。三菱地所を正式に退社する
・ジャストシステムでは、ハーバード大学と共同プログラムを立ち上げ、ハーバード大学の医学部に出入りして脳機能の研究を始める。この頃、ハーバード大学の医学部長に気に入られ、助教授のオファーを受けるが、オウム事件のため断る。
・公安警察にボランティアで協力してオーム信者の洗脳を解く。しかし、国松長官狙撃事件の犯人と言われるK巡査長の脱洗脳に関わり、公安に裏切られ、マスコミにも叩かれる。

これ以後の活動は、本書をご覧になって下さい。私には、簡単には説明できません。(笑)

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
苫米地先生のその他の本に関しても書いていますのでご覧ください。


ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

苫米地先生の本IQ200になる習慣夢をかなえる洗脳力英語は逆から学べ!実践トレーニング編 ‾聴くだけで英語脳ができるバイノーラルCD付‾大好き!今日からのわたし。 ~愛される心とからだををつくる秘密の呪文集~[オーディオブックCD] 洗脳護身術[オーディオブックCD] 洗脳[オーディオブックCD] スピリチュアリズムテレビは見てはいけない

脳と心の洗い方 苫米地英人著 を読む [苫米地英人]

この本は、3年前に発売された本なので苫米地先生の本としては初期の本の部類に入るでしょう。

脳と心の洗い方~「なりたい自分」になれるプライミングの技術~
この本は、私が苫米地先生の本で一番最初に読んだ本です。この本を読んで結構衝撃を受けたことを覚えています。特に、自分が感じている世界は「R:物理的現実世界」ではない、ということにショックを受けました。また、内部表現という概念も初めてこの本で知りました。
今回、改めて目を通してみましたが、ビックリしました。苫米地先生は最近ものすごい勢いで本を出していますが、最近の本に書かれていることはほとんどこの本の中に書かれていたのです。(笑)

自己洗脳 変性意識 内部表現 ホメオスタシス プライミング 煩悩のコントロール 我々はすでに知っているものしか認識できない なりたい自分になれる アンカー トリガー プライミング トランス状態 Rのゆらぎ 自己洗脳 臨場感世界 共感覚 サブリミナルが効く ラポール ストックホルム症候群

どうです? 最近の苫米地先生の本を開くと必ず出てくるキーワードが満載ですよね?(^^)
確かに最近は、同じような本が多いなと思っていましたが、これほどかぶっているとは思いませんでした。まあ、同じ人が書いているのですから、そんなにいろいろな事が沢山出てくるわけもないので致し方ないとは思います。
とは言え、それでも思わず先生の本を買ってしまうのは、本の作り方がうまいのか、先生の書き方がうまいのか、私が完全に洗脳されているのかのどれかだと思います。(笑)

この本の面白いところは、基本的には「なりたい自分になる方法」を紹介してあるのですが、最後の章で戦後のGHQによるWGIP(日本人に戦争の罪悪感を植え付けるプログラム)による洗脳に関して書いてあることです。これには初めて読んだ時は、かなり違和感がありました。
さらに、サンフランシスコ講和条約の最後の一文、
DONE at the city of San Francisco this eighth day of September 1951, in the English, French, and Spanish languages, all being equally authentic, and in the Japanese language.
を読んで「やられた!」と思ったと書かれています。
ここで、”all being equally authentic”=「すべてひとしく正文」であるのは、英語、フランス語、スペイン語版だ、というのです。つまり日本語版は正文ではないということです。
苫米地先生は、日本は日本語版を承認したが正文は承認していないので正式には国会はサンフランシスコ講和条約を批准していないと指摘しているのです。

初めて読んだ時は苫米地先生の英語力に疑問を持っていたので、「ホンマかいな?」と思っていましたが、サイマルで同時通訳をやっていたと知って、改めて読み直してみました。
サンフランシスコ講和条約の原文なんて日本人の何人が読んでいるのか分かりませんが、かなり驚きました。

苫米地先生のその他の本は、
・夢をかなえる洗脳力
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-12-26
・IQ200になる習慣
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-25
・年収が10倍アップする超金持ち脳の作り方
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-17
・スピリチュアリズム 
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-09-23
・自伝ドクター苫米地 「脳の履歴書」
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-08-04
・自伝 ドクター苫米地「脳の履歴書」 を読む その2
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-09-10
・営業は「洗脳」―一瞬でお客様を支配する禁断の営業術
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-08-15
・苫米地先生の「洗脳護身術」はトンデモ本か? それとも山本氏がドンデモか?
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-02

苫米地先生の本

まずは親を超えなさい!~最新の脳科学と認知心理学を基にした自己実現プログラムTPIE公式ブック~脳にいい勉強法~聴くだけで脳が活性化する次世代サブリミナル音源CD付~努力はいらない! 「夢」実現脳の作り方超「時間脳」で人生を10倍にするドクター苫米地の新・福音書――禁断の自己改造プログラム努力ゼロでやせる!「脳活性ダイエットCD」
すごいリーダーは「脳」がちがう


一瞬で相手をオトす洗脳術 禁断の「一目ぼれ」テクニック【特殊音源CD付】













ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1






前の20件 | - 苫米地英人 ブログトップ
メッセージを送る