So-net無料ブログ作成
検索選択

甲府盆地で桃の花を楽しむ (2017年) [旅行]

松本から高遠城址の桜を見て帰る予定でしたが、今年は開花が遅くて17日(月)は七分咲きとの事。昨年、満開の高遠桜を見ているため、七分咲きでは行かない方が良いと判断しました。(高遠までの一本道は大渋滞となりますので...)

中央高速を東京方面に走ります。諏訪湖を左に見て更に走って甲府盆地に入ると、ピンク色の花がいたる所に咲いていますのが見えます。何かと思ったら桃の花だそうです。「釈迦堂PA」に入って周りの桃の花を見てみますが、上り方面からはあまりきれいに見えません。(‐‐;

反対側には、きれいな桃の花が咲いています。何とかあちらに行けないのかな~と思って、PAの人に聞くと、歩いて行けるとの事です。PAから外に出て、5分ほど歩いて高速道路を渡って縄文時代の土偶、土器などを展示している釈迦堂遺跡博物館の周辺にきれいな桃の花が広がっています。(下りのPAからはそのまま行けるようです)
DSCF1594.JPG
本当に桃色の桃の花が広がっています。
DSCF1607.JPG
博物館の駐車場の向う側に売店があり、そのお店の周りのに色々な色の桃の花が咲いています。これは白い花のアップです。
DSCF1618.JPG
紅白と言えば梅の花ですが、桃の花の方が大きくて色もメリハリがあって迫力がありますね。
DSCF1624.JPG
赤、白、桃色などの桃の花を楽しむことができます。
DSCF1625.JPG
DSCF1629.JPG
DSCF1634.JPG
DSCF1638.JPG
DSCF1642.JPG
DSCF1643.JPG
DSCF1652.JPG
DSCF1654.JPG
DSCF1655.JPG
DSCF1656.JPG
これで天気が良ければ最高だったのですけどね。
DSCF1659.JPG
やはり桃の花は桃色が良いですね。
DSCF1660.JPG
ここから甲府盆地を眺めると、桃色の花が斑状に点在しています。本来は観光目的でないのでしょうからしょうがないと思いますが、ある程度まとまって咲いているともっとすごいだろうなと思いました。
高遠の桜は残念でしたが、きれいな桃の花を楽しむことができました。

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

真田丸の上田城で桜を楽しむ (2017年) [旅行]

NHKの大河ドラマで一躍有名になった真田丸の上田城に花見に行ってきました。

今年は昨年よりも一週間桜が遅れていたため、4月16日に行ってきました。昨年よりもソメイヨシノの花がきれいでした。川越を6時半頃出て、関越道を走って8時半頃に上田城に着きましたが、駐車場が満車で15分くらい並びました。やはり日曜日は混んでいますね。

お堀の桜がきれいでした。
南櫓(左側)と北櫓(右側)です。
DSCF1380.JPG
東虎口櫓門です。
DSCF1388.JPG
北櫓のしだれ桜です。
DSCF1389.JPG

DSCF1376.JPG
お堀の桜も満開でした。
DSCF1396.JPG
南櫓前の桜です。
DSCF1399.JPG
DSCF1403.JPG
憩いの広場のお花と桜です。
DSCF1451.JPG
憩いの広場のピンクの桜です。
DSCF1452.JPG
桜のアップも撮ってみました。
DSCF1458.JPG
1.JPG
DSCF1460.JPG
上田から小布施に行きました。北斎館に隣接した栗庵 風味堂でお茶をしました。
DSCF1469.JPG
コーヒーと栗のパフェが美味しかったです。
DSCF1472.JPG
その後、今年も松本市内にある弘法山古墳の桜を楽しみました。まだ満開とは言えませんが、やはりきれいです。古墳の上に登るとこのようにきれいな桜を楽しむことができます。
DSCF1516.JPG
古墳の頂上に登る道は結構きついですが、絶対に登るべきです。
DSCF1520.JPG
この日は土屋太鳳さんも来ていたそうです。すれ違いだったようです。見たかったな~!(笑)
(太鳳さんのインスタです⇒ https://www.insgy.net/media/1494887440531160162_4922392476
DSCF1541.JPG
白とピンクの桜が本当にきれいでした。
DSCF1548.JPG
桜と松本市街と北アルプスを楽しむことができます。
DSCF1519.JPG


























今年も信州の桜を楽しむ事ができました。

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

徳川家康後鎮座400年の久能山東照宮へ行く (2016年) [旅行]

静岡にある久能山東照宮に行ってきました。
東照宮と言えば、私の住んでいる川越にある仙波東照宮のHPに、
日本各地数多くの東照宮があれど、川越は日本三大東照宮の一つで、仙波東照宮といい、喜多院の南側に隣接している。
元和2年(1616)駿府で徳川家康公が没し、その遺骸を静岡から日光山へ移葬する途中、天海僧正によって喜多院で四日間の法要が営まれたことから、寛永10年(1633)建立された。
とあったので、ずっと三大東照宮は、川越も入っていると思っていました。しかしWebで検索すると日光、久能山は確定ですが三つ目にはいろいろな説があるようですね。(笑)

久能山東照宮は、久能山の山下の鳥居をくぐり、1,159段の参道を登る必要があります。
DSCF7551.JPG
長い階段で有名な山形県の山寺の階段でも1,015段ですから、結構大変でした。山寺のように階段の途中の平坦な部分が少ないので、ずっとこのような階段を登りっぱなしという感じです。
DSCF7567.JPG
山の上からは海がきれに見えました。静岡方面の眺めです。
DSCF7573.JPG
東照宮の入り口から太平洋を一望できます。
DSCF7577.JPG
社務所の横を通って、ようやく入り口の楼門にたどり着きました。鳥居から登るのに、おおよそ30分くらいかかりました。
DSCF7597.JPG
立派な楼門ですね。
DSCF7599.JPG
東照宮の境内の全景です。
2.JPG
正面に拝殿が見えます。
DSCF7682.JPG
今回は、直接拝殿まで行く事ができず、横の方から入りました。
DSCF7680.JPG
末社の日枝神社です。
DSCF7616.JPG
御社殿に続く門も豪華です。
DSCF7619.JPG
国宝の御社殿です。
DSCF7620.JPG
「本殿」と参拝をするための「拝殿」を連結した「権現造(ごんげんづくり)」と言われる様式だそうです。
DSCF7621.JPG
装飾が豪華ですね。
DSCF7637.JPG
DSCF7646.JPG
DSCF7676.JPG
家康公の御遺体を埋葬した神廟です。
DSCF7651.JPG
今年が御鎮座400年祭だと思ったら、残念ながら昨年でした。(笑)
DSCF7686.JPG
久能山を逆側に降りると日本平です。遠くに富士山が見えますが、少し遠い感じがしますね。東照宮へのロープウエイは日本平から利用できます。
1.JPG
日本平ホテルのロビーからは、一幅の絵のように富士山を見る事ができます。
DSCF7740.JPG
ロビーで富士山を眺めながらゆったりとコーヒーを飲み、ケーキを食べます。(ちょっと高いです。笑)
DSCF7750.JPG
静岡に来たら、おいしい海鮮丼を食べなければいけません。(^^) マグロと釜上げしらすと桜エビ丼です。とても美味しかったです。もう少しマグロをたくさん食べたかったです...。
IMG_0925.JPG
初めて久能山の東照宮に来ましたが、天気が良かったので気持ちが良かったです。
みなさんもぜひ1,159段の参道を登ってみてください。

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

軽井沢の紅葉を楽しむ (2016年) [旅行]

紅葉の季節になりましたので、軽井沢に行ってきました。

事前に軽井沢プリンスのスキー場が「紅葉営業」しているとの情報を得たので行ってきました。今年は明日30日までのようです。軽井沢駅のアウトレットモール側のスキー場のイーストの高速リフトを運行しています。一人1,800円です。高いと言えば高いですが、それだけの眺めを楽しめるかどうかですね。

リフトで頂上まで上りました。軽井沢駅と軽井沢の街が見えます。残念ながら左上の浅間山は雲がかかっていました。
DSCF6415.JPG
軽井沢駅とアウトレットモールが見えますね。
DSCF6427.JPG
これは軽井沢とは逆方向の眺めです。
DSCF6400.JPG
プリンスホテルの入り口の紅葉です。
DSCF6501.JPG
もうすでに結構落ち葉が多かったですね。
DSCF6504.JPG
軽井沢駅から旧軽井沢銀座に行く道の紅葉です。
DSCF6521.JPG
これは軽井沢銀座の終わりのクリークガーデン横の紅葉です。
DSCF6562.JPG
つるや旅館の向う側の紅葉が見事でした。
karuizawa1.JPG
ちょうど日が照ってきたので、赤と黄色が鮮やかでした!
DSCF6574.JPG
DSCF6596.JPG
軽井沢銀座を散策し、紅葉をを見回って疲れたのでいつもの茜屋珈琲店でお茶をします。
DSCF6603.JPG
ここのコーヒーは高いですが、美味しいです。コーヒーとジャム付きチーズケーキがそれぞれ800円です! 高っ! でもここに来ると寄ってしまうんですよね。コーヒーを淹れているのを見ていると、お湯を注ぐとコーヒーが山のように膨らみます。それは自分の家でコーヒーを淹れる時には見た事もないくらいの膨らみでしたので、「どうしてこんなに膨らむんですか?」とお店の人に聞いたことがあります。その時の答えは、「いいコーヒー豆を使っていますから...」とのことでした。なるほどという感じです。
DSCF6605.JPG
店内はこんな感じでカップが整然と並べられています。
DSCF6609.JPG
軽井沢と言えば、聖パウロカトリック教会ですね。ここもアジアの人たちの声がたくさん聞こえます。
DSCF6629.JPG
旧軽井沢銀座のアートショップで藤田嗣治展をやっていました。リトグラフが20~30万円くらいで販売していました。欲しいけど、ちょっと高い。(笑)
DSCF6645.JPG
イチョウの黄色もきれいでした。ここでも沢山の人が集まっていて撮影会でした。
DSCF6690.JPG
今年は昨年よりも寒い日が多かったので、紅葉がきれいでしたよ。
いよいよ紅葉の季節が始まりますね。

【過去の記事です】
【川越祭りに関してはこちらもどうぞ】
・ハロウィンの軽井沢を楽しむ(2015年)
・今日は軽井沢も暑かった! 久しぶりの旧軽を3Dカメラで楽しむ。

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

信州 小諸の懐古園の桜を楽しむ (2016年) [旅行]

信州、小諸の懐古園に行ってきました。
ここも桜の名所なのですが、前回上田城に行った時にはまだ桜が見頃では無かったためパスして、今回改めて行ってきました。川越を朝の6時半くらいに出て、関越道を通って小諸に行き、1時間半ほど桜を楽しんで11時頃に川越に戻ってきました。この時間帯であれば高速道路の渋滞はありません。

小諸城は、豊臣秀吉の時代小諸城主となった仙石秀久が作った城です。城下町より低い位置に城を築いた「穴城」と言われる形式の城で全国でも珍しいそうです。
重要文化財の三の門です。
1.JPG
駐車場の所にあったしだれ桜の色がきれいでした。
DSCF1844.JPG
開園は8時半なのですが、その前に行くと入場料は取られません。
DSCF1855.JPG
本丸跡にある懐古神社です。
DSCF1859.JPG
鳥居の桜がきれいでした。
DSCF1860.JPG
拝殿の脇にある桜です。
DSCF1862.JPG
DSCF2004.JPG
DSCF2007.JPG
本丸跡から見下ろす場所にある馬場にたくさんの桜の木が植えられています。
DSCF1876.JPG
DSCF1880.JPG
桜と石垣はとてもマッチしますね。
DSCF1889.JPG
DSCF1891.JPG
馬場に降りて、下からも桜を楽しむことができます。ピンク色のしだれ桜は数が少ないのでとても目立ちます。「小諸八重紅枝垂」というそうです。
DSCF1917.JPG
DSCF1921.JPG
こちらの枝垂れは少し色が薄いですね。
DSCF1946.JPG
桜の花をアップします
DSCF1962.JPG
DSCF1992.JPG
やはりピンク色は目立ちます。(^^)
DSCF1973.JPG
駐車場の入り口にある桜が満開でした。
DSCF2040.JPG
馬場の桜はきれいでしたが、高遠城の満開の桜を見た後なので少し物足りなく感じます。(笑)
城跡の石垣はきれいなので、桜の季節以外でも楽しめそうですね。

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ


信州 上田城 - 小布施 - 松本城 を楽しむ (2016年) [旅行]

前回、高遠の桜を紹介しましたが、その前の日に上田城、小布施の北斎館、松本城を回って桜を楽しんできました。Webの情報では高遠の桜が遅れているようなので一日時間を稼ぎました。

NHKドラマ真田丸でもり上がっている上田城、小布施の北斎館、松本城でもらってきました。
3.JPG
上田城の南櫓(左側)と東虎口櫓門(右側)です。
DSCF1214.JPG
北櫓の桜がみごとでした。
DSCF1318.JPG
お堀の桜です。
DSCF1276.JPG
ここにだけピンクの桜がありました。
DSCF1268.JPG
お堀の桜と北櫓です。
DSCF1315.JPG
DSCF1278.JPG
城内にある 真田神社の拝殿です。御朱印をもらってきました。期間限定で見開きの御朱印を押してもらい500円でした。
2.JPG
真田丸の大河ドラマ館です。TV見ていないので、中には入りませんでしたが...。
DSCF1322.JPG
小布施と言えば北斎館です。80歳を越えた葛飾北斎が江戸から200Km以上離れた小布施を何度も訪れ、たくさんの肉筆画を残したと言われています。その肉筆画の保存の目的で建てられたのが北斎館です。小布施はこの北斎館を中心に竹風堂など栗菓子やお蕎麦のお店が集まっています。
DSCF1335.JPG
桜井甘精堂の北斎亭です。和食と栗菓子のお店です。
DSCF1336.JPG
栗菓子で有名な小布施堂です。
DSCF1339.JPG
高速道路の梓川SAから見える北アルプスです。(左:常念岳、右:横通岳)
DSCF1365.JPG
忽然と現れるピンク色の山は...。松本市にある弘法山古墳です。3世紀末に造られた東日本最古級の古墳だそうです。3世紀と言えば卑弥呼の時代ですよね。すごい! その古墳全体が桜の山となっています。2,000本の桜が植えられているそうです。頂上付近には人影が見えます。
DSCF1449.JPG
弘法山古墳の上から見るとこのように見えます。回りは白やピンクの桜の木々で埋まっており、その向うに松本市街が見え、その先には北アルプスの山々が見えます。
1.JPG
DSCF1403.JPG
ここの桜はすごいです。感動します。全然期待していなかったので、うれしい誤算です。
DSCF1411.JPG
この桜の濃密感がすごいですね。
DSCF1401.JPG
天気が良ければもっときれいだったでしょうね。
DSCF1420.JPG
ここは本当にお勧めの場所です。満開の時にずっと眺めていたいです。
DSCF1430.JPG
DSCF1437.JPG
さて、毎度の国宝、松本城です。お堀の回りに桜があればいいんですけどね。通路の外側に咲いているので、桜を楽しむにはいまいちですね。
DSCF1501.JPG
DSCF1515.JPG
松本城は、いつ来ても欧米の方々が多いように思います。
DSCF1519.JPG
お城の中の桜です。
DSCF1527.JPG
久しぶりに天守閣に登りました。松本城の中から見た景色です。
DSCF1547.JPG
夕暮れのダイヤモンド松本城です。(笑)
22.JPG
信州の桜、十分に堪能できました。
それにしても弘法山古墳の桜は驚きました。期待していなかったのですが、素晴らしかったです。
来年も満開の時期にぜひ来たいですね!

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ


信州、高遠の桜はすごい! 天下第一の桜を楽しむ (2016年) [旅行]

信州の天下一の桜と言われている高遠城址の桜を見てきました。
高遠の桜と言えば、吉野の桜、弘前の桜とともに「日本三大桜」と言われています。私は弘前の桜が大好きで30年以上前から何度も通っています。満開の時の弘前の桜は本当に素晴らしいです...。

さて、高遠の桜です。高遠には4月9日に行ってきましたが、とにかく桜の迫力に圧倒されました。高遠城は山城なので山全体が桜の木で埋まっているように見えます。弘前城に比べて狭いので、桜の密度が全然違います。とにかく「どこに行っても桜の花」、「どこもかしこも桜のトンネル」という感じです。

遠くから見るとお城の部分が桜の花で覆われています。
DSCF1818.JPG
車を高遠高校の駐車場に停めて、10分くらい歩いて、高遠美術館の方から入りました。
DSCF1661.JPG
タカトオコヒガンザクラが満開でした。
DSCF1664.JPG
ソメイヨシノより小ぶりの花ですが、見た目はシャープな印象を受けます。
DSCF1673.JPG
遠くに中央アルプスの白い頂が見えます。
DSCF1677.JPG
とにかく満開できれいでした。
DSCF1678.JPG
桜の花の下はどこもかしこも花見のお客さんで一杯でした。
DSCF1686.JPG
DSCF1687.JPG
入場料は500円です。
DSCF1690.JPG
どこもかしこも桜のトンネル状態です。
DSCF1708.JPG
本丸の横にある太鼓櫓と桜です。
DSCF1710.JPG
天気が良かったので、桜のピンク色が見事でした。
DSCF1711.JPG
桜の花のカーテン越しに見える太陽です。
DSCF1720.JPG
本丸跡から桜の間に中央アルプスが見えます。
DSCF1723.JPG
橋も桜と人で溢れています。
DSCF1736.JPG
まさに桜のトンネルです。
DSCF1747.JPG
DSCF1768.JPG
その桜のトンネルの下は、やはり花見をしている人たちで一杯です。
DSCF1740.JPG
DSCF1769.JPG
DSCF1785.JPG
お城の外にある桜も見事でした。
DSCF1794.JPG
ダムによってできた高遠湖と奥に南アルプスが見えています。
DSCF1805.JPG
帰りに寄った諏訪SAから見た諏訪湖です。天気が良かったので湖面がきれいな色でした。
DSCF1822.JPG
高遠の桜、本当に見事でした。弘前の桜もすごいですが、桜の密度、桜に囲まれているという雰囲気は高遠の方が上ですね。来年もぜひ来てみたいです。
ただし、桜の名所なので伊那からの一本道が渋滞します。私は9時半くらいに渋滞にはまり、車を停めるのに30分くらいかかりました。来年は、もっともっと朝早く来ようと思います。

本当にここはお勧めです! みなさんもぜひご覧になって下さい。

桜に関しては、以下もご覧ください。
・X-E2で日本一の弘前の桜を撮る (2014年)
・X-E2で角館の桜を撮る! (2014年)
・満開の弘前の桜を見るのは難しい! 

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ


ハロウィンの軽井沢を楽しむ(2015年) [旅行]

ハロウインの日に軽井沢に行ってきました。
飛び石で休みになるので、関越道が混むことを想定して朝6時に川越を出ました。その時間でも結構混んでいて車の流れは遅かったです。それでも軽井沢には8時前に到着したので、星野リゾートのハルニレテラスに行ってきました。今朝の軽井沢は2℃で、川越に較べると10℃くらい低かったです。

ハロウインのカボチャがお出迎えです。
harunire.JPG
ほとんどの店は当然開いていませんが紅葉がきれいでした。
DSCF5977.JPG
すぐそばに川が流れています。
DSCF5982.JPG
この時間でも開いているベーカリーレストランの沢村でリッチな朝食 (2,000円!) をとりました。お店は、ジモティーなのか観光客なのか分かりませんがお客さんでいっぱいでした。
DSCF6006.JPG
千ケ滝を見てきました。ここも結構なお客さんが来ていました。
DSCF6038.JPG
いつもより水量が多いように感じました。マイナスイオンで満ちている感じです。(^^)
DSCF6056.JPG
その後、旧軽井沢銀座へ。紅葉がきれいでした。
DSCF6098.JPG
DSCF6118.JPG
軽井沢銀座を更に奥に行くと、ショーハウス記念館があります。明治19年に宣教師のショーが、当時さびれていた軽井沢に立ち寄って気に入って訪れたことがその後の発展につながりました。
DSCF6107.JPG
そば団子は210円なり。お店で頂きました。
DSCF6124.JPG
軽井沢銀座のチャーチストリートもハロウインのカボチャが…。
DSCF6127.JPG
旧軽井沢の喫茶店と言えば茜屋珈琲店ですね。
DSCF6125.JPG
紅葉していない木も結構ありました。
DSCF6137.JPG
レイクニュータウンの紅葉です。
DSCF6149.JPG
浅間山が遠くに見えます。
DSCF6157.JPG
旧軽井沢の街も赤くなっています。
DSCF6164.JPG
DSCF6178.JPG
元ソニー会長の大賀さんが軽井沢に寄贈した大賀ホールです。今日も、講演会があったようで、たくさんの人が並んでいました。
DSCF6180.JPG

久しぶりの軽井沢でしたが、やはり気持ちがいいですね。
さて、それでは関越が混む前に帰ります。(笑)

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ


ライトアップされた松本城を見る(2015年) [旅行]

諏訪湖に行ったので、今年も松本に行ってきました。
今回は、松本城から徒歩2分の場所にある「丸の内ホテル」に泊り、ライトアップされた松本城を見ることを目的としました。

まずは、「ナワテ通り」にある「四柱神社」をお参りしてきました。ナワテ通りの途中に大きな鳥居があります。
DSCF3494.JPG
鳥居を抜けると真っすぐ拝殿が見えます。
DSCF3495.JPG
四柱神社は、「しはしら神社」ではなく「よはしら神社」と読みます。「し」は「死」に通じるので縁起が悪いので普通は使いません。神様は柱で数えますので、4柱の神様が祀られているということです。祭神は、天之御中主神(あめのみなかぬしかみ)、高皇産霊神(たかみむすびのかみ)、神皇産霊神(かみむすびのかみ)、天照大神(あまてらすおおみかみ)という豪華な神々です。
DSCF3497.JPG
ここでも「茅の輪くぐり」の神事をやっていました。諏訪大社でやってきましたし、1回500円だったので止めました。諏訪大社は無料でしたし...。(笑)
DSCF3498.JPG
拝殿は風格があります。
DSCF3499.JPG
ここに挙げられている四柱は、古事記の巻頭に登場する神々です。
DSCF3500.JPG
拝殿には彫りがほどこされており、立派な造りです。
DSCF3501.JPG
DSCF3503.JPG
DSCF3509.JPG
ナワテ通りの焼き鳥屋さんです。
DSCF3516.JPG
長野県なので、松本にもお蕎麦屋さんが多かったです。
DSCF3517.JPG
川越と同じように松本も城下町で「蔵の街」をアピールしていますね。
DSCF3520.JPG
DSCF3523.JPG
古本屋さんも蔵造りで風情があります。
DSCF3537.JPG
DSCF3542.JPG
丸の内ホテルの8階から見た松本城の天守閣です。本当にすぐ近くですね。
DSCF3491.JPG
日が暮れる直前の松本城です。夜はまた違った趣がありますね。
(XF56mm 1.2R F1.2 ISO640で撮影)
DSCF3567.JPG
日が落ちて真っ暗な中に浮かび上がる松本城はとても素敵ですが、公園の中はほとんど真っ暗で、女性一人で歩くのは躊躇するほど。その暗闇の中で、何組かの西洋人カップルや日本人グループが写真を撮っています。公園の中も、もう少し明るくした方が良いと思いました。
(XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS F2.8 ISO1600)
DSCF3585.JPG
帰りに諏訪湖SAから撮った諏訪湖です。
DSCF3613.JPG

松本の街は、健全なのか夜が早いです。観光地であるナワテ通りでさえ17時頃に行くと、まだ明るいのに店を閉め初めています。繁華街の中も、暗くなるにつれて店の明かりが消えていき、開いているお店を探すのに苦労します。観光客が多い街なのですから、もう少し何とかならないのでしょうか? どこに行くと食事ができるのか分からなくて苦労しました。

とは言え、個人的には松本はとても好きな街です。

松本城に関しては、こちらもどうぞ。
・松本城を見に松本に行きました。(2014年)

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ


諏訪大社を参拝する - 下社(2015年) [旅行]

諏訪大社巡りの続きです。
下社は春宮と秋宮の2社があり、ほぼ同じ建築様式の拝殿があり、半年ごとに神様が両社間を遷座するそうです。(春宮:2月~7月、秋宮:8月~1月)
そもそも上社と下社が分かれているのは...諏訪大社は、タケミナカタの神と妻のヤサカトメの神を祀っていますが、タケミナカタとヤサカトメがケンカをして、怒ったヤサカトメは下社に行ってしまったそうです。(つまり別居した)しかし、タケミナカタは夜にこっそり諏訪湖を渡って妻に会いに行くようになったそうです。諏訪湖の”御神渡り”は、タケミナカタが妻に会いにいった証という伝説があるそうです。

上社本宮から諏訪湖の反対側、約15Km離れた場所に下社春宮(しもしゃはるみや)があります。
鳥居の向うに神楽殿と幣拝殿が見えます。
DSCF3410.JPG
神楽殿の大きな注連縄(しめなわ)が見えます。「あやめ奉献奉告祭」ということで神楽殿のまわりにあやめの花が置かれていました。
DSCF3412.JPG
あやめの花が雨に濡れてきれいでした。
DSCF3419.JPG
境内は広々としています。
DSCF3414.JPG
拝殿の回りに御柱が立ててありますね。
DSCF3415.JPG
神楽殿と幣拝殿です。
DSCF3444.JPG
幣拝殿です。とても荘厳で風格のある建物で迫力があります。重要文化財とのことで、これだけでも見に来る価値があると思います。
DSCF3430.JPG
DSCF3433.JPG
左右片拝殿です。1780年に造営されたそうで、秋宮のものに較べて幅が短いそうです。
DSCF3431.JPG
幣拝殿のみごとな彫り物です。
DSCF3427.JPG
各社の本殿を囲んで、4本の御柱(おんばしら)が立ててあります。
DSCF3424.JPG



























さて、次は下社秋宮(しもしゃあきみや)です。春宮から1.4Kmですので歩いても来ることができます。建物の配置が春宮と似ていますが、神楽殿が春宮よりも豪華です。

神楽殿の大きな注連縄が見えますね。
DSCF3452.JPG
神楽殿もとても絵になります。
DSCF3453.JPG
この注連縄は重さが1トンもあるそうです。
DSCF3457.JPG
DSCF3454.JPG
神楽殿が立派ですね。
DSCF3458.JPG
秋宮の幣拝殿も春宮のものと同様に風格があります。これも重要文化財です。
DSCF3461.JPG
DSCF3474.JPG
彫り物もみごとです。
DSCF3466.JPG
DSCF3470.JPG
DSCF3475.JPG
狛犬と神楽殿です。この狛犬ですが、高さが1.7mもあり青銅製としては日本一の大きさだそうです。
DSCF3476.JPG
境内の中は、楓がきれいでした。秋にくると紅葉がきれいでしょうね。
DSCF3484.JPG
DSCF3486.JPG
御朱印をもらいに行きました。
DSCF3480.JPG
これで、4社分がそろいました。(右:春宮、左:秋宮)しかし、夫婦でそれぞれ御朱印を頂いたので、500円×4×2=4,000円です! やはり500円は高いなあ...(笑)
gosyiin2.JPG
諏訪大社4社全部で御朱印をもらうと記念に「しおり」と「らくがん」をもらえます。このらくがんは、そば粉で調製した「そばらくがん」で、御神前にお供えしたものだそうです。
DSCF3599.JPG
帰りに中央道の諏訪湖SAから見た諏訪湖です。
DSCF3603.JPG
SAにスタバがあるんですね! 諏訪湖を眺めながらコーヒーを頂きました。
DSCF3608.JPG

初めての諏訪大社でしたが、やはり一度は行くべき神社だと思いました。どの宮もそれぞれ魅力的ですが、個人的には春宮、秋宮の幣拝殿は何度でも見に行きたいと思いました。
天気が良い時にもう一度来たいと思いました。

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

諏訪大社を参拝する - 上社(2015年) [旅行]

7年ごとに行われる「御柱祭」で有名な信濃一之宮諏訪大社に行ってきました。

諏訪大社は、天照大神(アマテラスオオミカミ)への国譲りに反対し、武甕槌命(タケミカヅチ)に 戦いを挑み敗れて諏訪の国に封じ込められた、大国主命(オオクニヌシノミコト)の子である建御名方神(タケミナカタノカミ)が祭神です。諏訪大社は一つの神社ではなく、諏訪湖を挟んで上社と下社があり、上社:前宮・本宮、下社:春宮・秋宮 と4つの神社があります。今回は、4社を回って御朱印を頂いてきました。

梅雨ですからしょうがないですが、土砂降りの雨の中を川越を出て、圏央道 ⇒ 中央道 と進み、約2時間走り、諏訪湖で降りるころには雨が上がっていました。日ごろの行いが良いお陰でしょうか?(笑)

まずは、上社前宮(かみしゃまえみや)からお参りします。
DSCF3278.JPG
「官幣大社諏訪上社前宮」と書いてあります。
DSCF3279.JPG
この階段を上って行きます。
DSCF3315.JPG
立派な鳥居が現れました。
DSCF3281.JPG
十間廊という建物です。
DSCF3296.JPG
内御玉殿です。
DSCF3297.JPG
上の建物から100mほど参道(途中は普通の道になります)を上って行くと前宮の拝殿があります。諏訪大社の特徴は、本殿が無く代わりに御神木が御神体になっていることですが、この前宮だけは、一番古いため本殿を有しています。
DSCF3301.JPG
拝殿も風格がありますね。
DSCF3304.JPG
各社の本殿を囲んで、4本の御柱(おんばしら)が立ててあります。
DSCF3300.JPG



























さて、次は上社本宮(かみしゃほんみや)です。この大鳥居のある参道には、たくさんのお土産屋さんなどがあり、4社の中では一番賑やかな雰囲気です。境内も本宮と言うだけあって、広くて厳かな雰囲気があります。
諏訪大社は、この本宮以外は鳥居を通って参道の方向に拝殿がありますが、この本宮だけは参道から左方向に拝殿があります。これは何か意味があるのかも知れません。
DSCF3386.JPG
木々に囲まれて何とも言えない雰囲気があります。先に見えるのが参拝所です。
DSCF3362.JPG
これが拝殿です。中には入れませんが、屋根は葺き替えたばかりのようで、とてもきれいでした。拝殿は重要文化財とのことです。
DSCF3354.JPG
四脚門と書いてあります。
DSCF3342.JPG
拝殿にも素晴らしい彫り物がほどこされています。
DSCF3394.JPG
これは、横から入るような形になる東参道の鳥居です。
DSCF3318.JPG
布橋の入り口御門です。
DSCF3326.JPG
入口御門の上には素晴らしい彫り物が施されています。
DSCF3327.JPG
この長い布橋も良い雰囲気です。
DSCF3330.JPG
布橋の外には、御柱大祭の時に使われたものが飾られています。
DSCF3331.JPG
荘厳な雰囲気と木々の緑がマッチしています。
DSCF3335.JPG
灯篭の苔も雰囲気がありますね。
DSCF3337.JPG
この向う側が参拝所になります。
DSCF3348.JPG
神楽殿です。
DSCF3343.JPG
ちょうど「茅の輪くぐり」の神事を行っていましたので、私もくぐってきました。この「茅の輪くぐり」は、牛頭天王、蘇民将来にちなむ神事のはずですがその事は書かれていませんね。
DSCF3369.JPG
DSCF3380.JPG
本宮も本殿の回りを4本の御柱で囲んでいます。
DSCF3365.JPG



























頂いた御朱印はこれです。(右:上社前宮、左:上社本宮)
通常は、御朱印代は300円が多いのですが、諏訪大社は500円と少し高めです。4社分頂くので、ちょっと痛いですね。(^^)
gosyuin1.JPG
さて、次は下社へ行きましょう。

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

松本城を見に松本に行きました。(2014年) [旅行]

松本に行ってきました。
2年前に子供のサッカーの試合があった時に行きましたが、駆け足だったので今回は少し余裕を持って周辺も回って来ました。

松本と言えば、国宝である松本城ですね。日本人よりも外国人の方の方が多いくらいでした。
DSCF8113.JPG
DSCF8129.JPG
10386277_440575016084373_3498748515065987291_n.jpg
























お昼は、能登半島の氷見が本店の「きときと寿司」で頂きました。回転寿司とは言え、レベルの高い美味しいお寿司を頂きました。
DSCF8094.JPG
DSCF8093.JPG
DSCF8089.JPG























松本IC近くにある、「日本浮世絵博物館」に行ってきました。あまり知られていませんが、この博物館は日本一の10万点の浮世絵の収蔵数を誇る博物館です。
DSCF8034.JPG


















館内にはレプリカを飾っています。
ukiyoe1.JPG
ukiyoe2.JPG





















「展示室の外は撮影してよろしいでしょうか?」と尋ねると、「中も撮影してOKですよ。」との驚きのお言葉。お言葉に甘えて撮影しました。浮世絵は光に弱いので展示室は暗かったですが、F1.4の明るいレンズを持っていたので、そこそこ撮影できました。
ukiyoe3.JPG


















松本の街の中です。雰囲気のある建物が多かったです。
DSCF8095.JPG


















松本城の近くにある「なわて通り」です。雰囲気のあるお店が並んでいます。
DSCF8099.JPG
DSCF8104.JPG



















なんだか、川越の街にありそうな店でした。(笑)
DSCF8108.JPG


















暑かったので、ホテルの近くにあるカフェで冷たい物を飲んで一息。お店の中にバイクが飾ってありました。
DSCF8170.JPG


















今回泊った「Hotel Buena Vista」です。部屋からの眺めもよく、食事も美味しいホテルでした。
DSCF8181.JPG


















松本の隣の安曇野へ。「大王わさび農場」です。黒沢監督の「夢」の舞台になったそうです。清流に囲まれて、広大なわさび畑が広がっています。
DSCF8221.JPG
DSCF8236.JPG






















私の住んでいる川越から松本までは、関越道-上信越道と圏央道-中央道という選択肢がありますが、どちらも約220Kmという距離です。国宝の松本城はもちろんですが、松本の城下町も散策すると楽しい街だと思いました。今回は天気に恵まれなかったので上高地には行きませんでしたが、次回はぜひ行きたいと思います。

X-E2での撮影に関しては、以下もご覧ください。
・ライトアップされた松本城を見る(2015年)
・X-E2で日本一の弘前の桜を撮る (2014年)
・X-E2で角館の桜を撮る! (2014年)

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1

ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

「北信越かがやき総体」で松本に行く! 松本城はいいですね。 [旅行]

今年のインターハイの埼玉予選は、武南 VS 西武台 で埼スタの「サブ」グラウンドで行われました。前日の準決勝は、NACK5スタジアムで行われたのに、なぜ埼玉スタジアムのメイングラウンドではないのか? 応援に来た人はみんなそう思ったはずです。 まったく不可解です。(^^)
試合は、2 - 0 で西武台が優勝しましたが、2校ともインターハイ出場です。 頑張れ、埼玉代表!

メインスタジアムを横目にサブグラウンドのスタンドから応援です。
final.JPG



















今年のインターハイは「北信越かがやき総体」というそうで、新潟富山、石川、福井長野の各県で各種目、分かれて行われました。
サッカーは松本が会場でしたので一回戦と二回戦をみてきました! 西武台は、一回戦は勝ちあがったものの、二 回戦で残念ながら敗退。ところが、埼玉代表残りの一校である武南があれよあれよと言う間に勝ちあがり、何と準優勝! 2年前の西武台のベスト4以来の快挙です。
武南スゴイぞ!

さてせっかく松本に行ってきたので、国宝の松本城に行ってきました。
matsumoto0.JPG




















日曜日だったので、人が多かったです。7月の末でしたが、暑かった!
matsumoto1.JPG




















国宝の松本城の天守閣です!
matsumoto2.JPG




















天守閣をさらにZoom Up!
matsumoto3.JPG




















お城にはお堀が必需品です。絵になりますね。
matsumoto4.JPG




















黒門枡形門というそうです。
matsumoto5.JPG




















黒門枡形門の二の門です。
matsumoto6.JPG




















天守閣を下から見たものです。天守閣を一番上の六層まで上ってきました。
matsumoto7.JPG




















別の角度からみた天守閣です。
matsumoto8.JPG




















ホテルブエナビスタ松本の14Fから松本城方面をみたものです。
ブエナビスタは高層階の眺めもいいし食事がとても美味しかったです。:http://www.buena-vista.co.jp/
matsumoto9.JPG




















さらにZoom Upしたものです。中央に松本城の天守閣が見えます。(分かりますか?)
matsumoto10.JPG



















ホテルから松本城まで15分くらい歩いたのですが、松本はとても雰囲気の良い街ですね。散策していて楽しくなりました。また訪れてみたいと思いました。

ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1

摩周湖と阿寒湖に三つ星が! 外国人が選ぶ日本の名所 Michelin Green Guide Japan 2012 を読む [旅行]


Michelin Green Guide Japan前回、Michelin Green Guide Japan の2009年版を紹介しました。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2011-01-15
この時は、北海道の私の地元の評価が低くて残念でした。
私の好きな屈斜路湖や摩周湖などの阿寒国立公園は記載もありません。この道東の風景はどちらかと言えばヨーロッパ的ですので、フランス人としては見慣れたものなのかも知れませんね。
次の改訂の時にはぜひ星をつけてもらいたいです。
そして、2012年1月に2012年版が発売になりました。早速、買って2009年版と読み比べてみました。
2009年版と2012年版の北海道の★の比較です。ほとんど変わっていませんが、世界遺産の知床国立公園が二つ星から三つ星に星が増えています。
2009年版 2012年版
札幌
雪まつり ★★★ ★★★
北大植物園
北海道立近代美術館
北海道開拓の村
北海道開拓記念館
札幌コンサートホール大ホール ★★ ★★
モエレ沼公園
支笏湖
登別温泉
第一滝本館
アイヌ民族博物館
洞爺湖
洞爺湖火山科学館
大雪山国立公園 ★★ ★★
層雲峡 ★★ ★★
黒岳
黒岳(パノラマビュー) ★★ ★★
流星の滝、銀河の滝 ★★ ★★
旭岳 ★★ ★★
博物館網走監獄
オホーツク流氷館
知床国立公園 ★★ ★★★
知床五湖 ★★ ★★
カムイワッカの滝 ★★ ★★
フレぺの滝
オシンコシンの滝

北海道に関して今回の改訂で大きな変更点は、阿寒国立公園が追加されたことです。しかもいきなり摩周湖阿寒湖が三つ星を獲得です。

【阿寒湖】阿寒湖畔からの眺めです。阿寒湖と雄阿寒岳が絵になります。
akanko.JPG



















【摩周湖】第三展望台からの眺めです。まさに紺碧の湖ですね。
masyuu.JPG



















そして他のエリアとしては函館が追加されており、函館山からのパノラマビューも三つ星を獲得しました。
函館山からの夜景は香港、ナポリとともに「世界三大夜景」とも言われています。また、「100万ドルの夜景」とも言われています。100万ドルは1$=¥100円で1億円ですが、円高が進み8,000万円くらいに目減りしましたね。(笑)
hakodateyama.JPG



















2009年版 2012年版
阿寒国立公園 ★★
屈斜路湖 ★★
川湯温泉
和琴半島 ★★
硫黄山
摩周湖 ★★★
第一、第三展望台 ★★
阿寒湖 ★★★
阿寒湖畔 ★★
遊覧船(マリモ観賞) ★★
双湖台
アイヌコタン
オンネトー ★★
雌阿寒岳 ★★
函館
五稜郭跡
ベイエリア
元町坂 ★★
高龍寺
基坂
旧函館区立公会堂
八幡坂
函館山パノラマビュー ★★★
大三坂周辺の協会

阿寒湖、摩周湖の三つ星獲得は地元民からすれば当然の結果だと思いますが、じゃあ前回の記載無しは何だったの? と考えてしまいますね。レストランと違って、観光地の景色が大きく変わるとは思えませんので、これは、単純に調査員が見に行かなかっただけ、と判断するしかありません。(^^)
そういう意味で、今回の評価にも不満があります。私の大好きな美幌峠(下の写真)の記載がないのです。摩周湖、阿寒湖が三つ星なら美幌峠だって三つ星がついてもおかしくありません。
bihoroS.JPG










上の表で星を獲得しているポイントを見れば地元の人やこの辺の地理に詳しい人なら「ハハ~ン」と察しがつくと思います。そうです。調査員は、おそらく網走方面から来て、摩周湖周辺、屈斜路湖周辺を砂湯~和琴半島とまわってから阿寒湖に向かったので、美幌峠には行っていないのだと考えられます。(あるいは阿寒湖から逆コースだったのかも知れません)

私は断言します!
次回の改訂版では美幌峠は最低二つ星、場合によっては三つ星を獲得する

今回、北海道の他にも熊野古道が三つ星を獲得していますが、その視点でこの本を見直すと、調査員達は北海道に限らず、まだまだ行っていない良い所がたくさんあると思います。
例えば、下関の角島(下の写真)です。ここも美幌峠同様に最低二つ星以上は確実だと思いますが、下関を含めて記載がありません。
tsunoshimaPs1.jpg








まあ、いろいろと不満な点はありますが、フランス人から見たお勧めの観光スポットを英語で読めるので、なかなか楽しめる一冊です。


ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1

ミシュランガイド東京・横浜・湘南〈2012〉ミシュランガイド京都・大阪・神戸・奈良〈2012〉ミシュランガイド世界の3つ星レストラン―世界の美食をめぐる旅

今日は軽井沢も暑かった! 久しぶりの旧軽を3Dカメラで楽しむ。 [旅行]

連休の中日(17日)に軽井沢に行ってきました。
仙台に行く以前はよく通っていた軽井沢ですが、4年ほど足が遠のいていました。関越道から上信越道に入り、1時間半くらいで碓井軽井沢に着きます。昨日は、碓井軽井沢の出口手前3Kmから渋滞しており、高速を降りてからも43号がゴルフ場の手前から渋滞です。まだ、アウトレットがOpenする20分くらい前ですが、駐車場に入る車が延々と続いています。
私は、アウトレットを横目にみながら、旧軽井沢に向かいました。旧軽井沢銀座周辺を散策しましたが、暑かったですね。地元の人に聞くとここ数日は、連日30℃を超えているそうです。それでも、木陰に入ると涼しくて風が気持ちよく、東京とは違うことが実感できます。

以下の画像は、FUJI FILMのFinePix Real 3D で撮影しました。
3D画像は普通のPCでは見られないので、「交差法」で見てください。
(「交差法」の見かたは、検索サイトで検索してみてください。)

旧軽井沢銀座は今でも人気スポットの一つ。この日も人が多かったです。
kyukaru2.JPG









軽井沢っぽい風景です。いろいろ楽しいお店がそろっています。
kyukaru3.JPG









スタジオジブリのお店「どんぐり共和国」。ジブリグッズが揃っているようです。
kyukaru1.JPG








レトロな写真を撮ってもらえる「軽井沢写真館」です。
kyukaru6.JPG








旧軽銀座の終わり近くにある喫茶店です。ブラブラ歩いて疲れたら、ここのコーヒーを飲んで一休みして折り返します。
kyukaru5.JPG








軽井沢といえば、ここ「聖パウロ教会」。この日も沢山の人が来ていました。
charch.JPG









karusin.JPG私たちの世代だと、たがみよしひさの「軽井沢シンドローム」の影響を受けていると思います。私もこのマンガを読んで、絶対軽井沢に行くぞ! と思った一人です。(笑)
私は、この本で地元民は雲場池を「おみずばた」と呼んでいることを知りました。

軽井沢は、明治時代に東京の蒸し暑さに耐えられなかった宣教師たちが避暑地として利用したことが始まりと言われています。そして、70年代から80年までは、ジョン・レノン、ヨーコ夫妻が家族連れで滞在したことでも有名です。


その軽井沢ですが、最近、放射線量が高くなっていると話がWeb上でも話題になっています。私も気になったため、愛用のRD-1503を携えて測定してみました。関越道―上信越道を走っている時は、時々0.15μS/hを超える数値が出ることがありましたが、それほど数値は高くありませんでした。軽井沢に入ってもそれは同じでした。
車を降りて旧軽井沢銀座を歩いている時も時々、日陰で休んで数値を確認しましたが、0.08~0.13μS/hくらいです。(このRD-1503は、β線も測定してしまうため、低線量では数値が高く表示されます)
「何だ、全然埼玉と変わらないじゃない...」と思いましたが、聖パウロ教会辺りで急に数値が高く出ました。(0.18~0.20μS/h) 何度か測り直しましたが同様な結果でしたので、確かに高いようです。教会の前の道を南方向に別荘地の方まで歩いてみましたが、場所によっては同じような数値がでました。
木や草の多いところは放射性物質が溜まりやすいのだと思います。個人的には、0.2μS/hは、それほど高い数値ではないと思いますが、福島原発の影響がここまで来ているというのは、残念な気がしました。




nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

外国人が選ぶ日本の名所 Michelin Green Guide Japan (Michelin Travel Guide Japan) を読む [旅行]

ミシュランのガイドJapanの2009年版です。(英文) ミシュランが勧める日本の名所を知ることができます。

Michelin Green Guide Japan (Michelin Travel Guide Japan)
日本人が考えるお勧めの場所とフランス人がお勧めの場所が微妙に(かなり)違うところが面白いです。
三つ星でいうとやはり東京、京都が多いですね。例えば東京ですが、以下の通りです。
東京東京国立博物館★★★
東京都庁★★★
新宿御苑★★★
明治神宮★★★
青山プラダビル★★★
高尾山★★★

高尾山は、前回もこの本で三つ星がついて話題になりました。都心から電車一本で、気軽に日本の自然を味わえるところがポイントのようですね。この本は、美術館、博物館に多く星がついていますので、「東京国立博物館」も妥当なところです。でも「東京都庁」、「青山プラダビル」はどうして?と思いましたが、建築物として注目されたようです。「東京都庁」はゴシック大聖堂風建築と書いてあります。ナルホド...。
青山プラダビルに関しては知らなかったのですが、有名なデザイナーが設計した構造的にも珍しいビルのようです。
ココでみました⇒ http://www.archstructure.net/contents/prada/index.html

上記のようにこのミシュランガイドでは、各地の美術館が多く記載されていますが、河口湖のほとりの久保田一竹美術館三つ星を獲得していて驚きました。河口湖周辺はよく行きますが、聞いたことがありませんでした。機会があれば是非行ってみたいと思います。

うれしかったのは、仙台周辺に高い星がついていたことです。
仙台仙台瑞鳳殿★★ 仙台市博物館★★ 大崎八幡★★
仙台周辺瑞巌寺★★★ 松島湾クルーズ★★★
中尊寺金色堂
★★★
塩釜市場★★ 塩釜神社★★ 松島 円通院★★

仕事の関係で、2回ほど米国の弁護士を仙台~松島を案内したことがあります。日本三景とはいえ外国人でも松島を楽しんでもらえたのか不安でしたが、ちょっと安心しました。(^^)

日本三景といえば、松島(宮城県)、天橋立(京都)、宮島(広島)ですが、このうち松島と宮島はそれぞれ三つ星を獲得していますが、天橋立は記載がありませんでした。まあ、京都には他に沢山見るところがある、ということかもしれませんね。
ちなみに京都の三つ星、二つ星は以下の通りです。
京都三十三間堂★★★ 京都国立博物館★★★
銀閣寺
★★★ 清水寺★★★ 大徳寺★★★
金閣寺
★★★ 竜安寺★★★ 西芳寺(苔寺)★★★ Miho Museum★★★
東寺★★ 楽美術館★★ 二条城★★ 修学院離宮★★ 南禅寺★★ 高台寺★★ 広隆寺★★ 東福寺★★
伏見稲荷大社★★ 醍醐寺★★ 平等院★★

ここではMiho Museum が異色ですが、建築物的にも特色がありますが、尾形乾山のコレクションでも有名ですね。

でも、...一つだけ不満点があります。私の故郷である北海道の評価が低いのです。(‐‐;
札幌   
大雪山国立公園層雲峡★★ 旭岳★★ 姿見★★
知床国立公園知床五湖★★ カムイワッカの滝★★

私の好きな屈斜路湖や摩周湖などの阿寒国立公園は記載もありません。この道東の風景はどちらかと言えばヨーロッパ的ですので、フランス人としては見慣れたものなのかも知れませんね。
次の改訂の時にはぜひ星をつけてもらいたいです。

国内旅行が好きな方には、違った視点で楽しめる一冊だと思います。
2012年版はこちらをご覧ください。
・摩周湖と阿寒湖に三つ星が! 外国人が選ぶ日本の名所 Michelin Green Guide Japan 2012 を読む

ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1


ミシュランガイド東京・横浜・鎌倉〈2011〉ミシュランガイド京都・大阪・神戸〈2011〉ミシュランガイド東京 2010 日本語版 (MICHELIN GUIDE TOKYO 2010 Japanese)ミシュランガイド世界の3つ星レストラン―世界の美食をめぐる旅裏ミシュラン―ヴェールを剥がれた美食の権威東京最高のレストラン2011



nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る