So-net無料ブログ作成
検索選択
モータースポーツ ブログトップ

1993年WGP250 王者の原田哲也は最高だ! [モータースポーツ]

以前書きましたように、1980年代、私はモータースポーツにはまっていました。
生沢徹のi&i レーシングの中島悟が出場していた国内では最高峰のF2レースやGCを追いかけて、鈴鹿、富士までレースを見に行ったものです。鈴鹿に行く場合は、東京駅夜中の12時過ぎに出る大垣行きの夜行列車にのって行きましたが、夜中にもかかわらずかなり多くの人がホームに並んでいて驚いたものです。
F2レースで一番印象に残っているのが、1982年の鈴鹿の最終戦です。JPSの黒にゴールドの文字が最高にカッコよかった中島悟が、大雨の中、のちにF1ドライバーになるステファン・ヨハンソン、テイエリー・ブーツエンをぶっちぎって優勝した試合です。あの時の中島悟は本当にカッコよかったです。ちなみに、この最終戦の最終コーナーで大事故が起こったため、83年からシケインが作られました。今考えると、シケインがない時はかなりの下りである最終コーナーをスロットル全開で回っていたのですから、とても危険でしたね。

FS.JPGそして、そんな私がバイクのレースに目覚めたのは...1983年の秋に、フレディー・スペンサーが来日して鈴鹿の国内の最終戦に招待選手として出場し、その走りを見たことがきっかけです。(フレディーは、最年少(20歳)でその年の500CCクラスワールドチャンピオンになりました。)
フレディーの走りは強烈でした。長身の体をコーナー毎にバイクから大きくずらし、膝をこすりながらコーナリングしていました。しかも、立ち上がりはほとんどドリフト状態でブラックマークを残しながら立ちあがっていきます。聞くところによると、後輪がすべった場合でも、膝でマシンを起こして何事もなかったように走っていくこともあったとのことです。
私は、フレディーの走りを見て、素人ながら「何てナチュラルなライディングなんだろう」と思いました。コーナーでマシンを倒してコーナリングしている時に、後輪が滑ってもマシンがブレても力みのない上体と下半身で修正して頭は微動だにせずにまっすぐコーナーの先を見ているのです。私はフレディーのコーナリングを見ていて、忍者が裸馬にまたがり、相手の弓矢をかわすためにヒラリヒラリと馬の横腹にへばり付くの思いだしました。(笑)
これは、明らかに当時の日本の選手のコーナリングとは違った次元のものでした。

フレディーは、子供の頃から滑りやすいダートなどのトラックでバイクを乗り回していたそうです。それを何かの本で読んでフレディーのライディングのナチュラルさの理由は理解できましたが、「日本の選手が追いつくには10年以上かかるな~」と思ったものでした。当時、500CCクラスには、フレディー・スペンサー、ケニー・ロバーツと同等に走っていた選手に片山敬済(1983年ランキング5位、1977年350CCチャンピオン)がいましたが、ケガのためそれ以降の活躍はありませんでした。

それ以降、たくさんの日本人選手がWGPに挑戦しましたが、ワールドチャンピオンを狙える選手は現れませんでした。WGPで使用されているバイクはホンダ、ヤマハ、カワサキとほとんどが日本メーカーのバイクです。そのメーカーのワークスチームには最高のマシンが供給されているにもかかわらず、そのワークスチームに入っても日本人ライダーが活躍できない状況には、とても残念な気持ちになったものでした。(これは、当時F1でも同じでしたが...)

そんなあきらめムードの中、たまたま見ていたTVのGP250のレースにくぎ付けになりました。GP250参戦1年目の原田哲也が、「ケニー・ロバーツの秘蔵っ子」と言われていたジョン・コシンスキー(1990年GP250チャンピオン)、ロリス・カピロッシ(1990年、1991年の125CCチャンピオン)、マックス・ビアッジ(1994年から4年連続GP250CCチャンピオン)などと互角以上に戦い、そしてみごとに勝ってしまったのです。
そして、その原田哲也のライディングはとても「ナチュラル」なものでした。調べてみると原田選手は、青木三兄弟、ノリック(故阿部典史)、故加藤大治郎などと同じように、子供の頃からポケバイ、ミニバイクのレースをこなしてきた世代だったのです。奇しくもフレディーの衝撃から丁度10年です。
その意味でこのレースは、フレディー・スペンサーのような環境で育った日本人選手が世界にデビューした歴史的なレースと言えるかも知れません。(ちょっと大げさか?)
結局この年、原田選手は世界GPデビューイヤーで見事チャンピオンを決めました。

1993年、最終戦の劇的勝利でチャンピオンを獲得した原田選手ですが、1994年はケガで振るわず、1995年、1996年はマシンの性能が良くなく、マックス・ビアッジの乗るアプリリアに3年連続チャンピオンを奪われてしまいます。原田選手の乗るヤマハのマシンはコーナーでは速くても、直線で圧倒的に速いアプリリアに勝てない状況が続きます。
そして、1997年に原田選手はヤマハからイタリアのアプリリアワークスに移籍します。イタリアのメーカーが3年連続チャンピオンの「イタリアの英雄」マックス・ビアッジを放出して原田選手を獲得したことには大きな意味があります。日本人ライダーは、ホンダやヤマハという日本メーカーのワークスライダーか、その影響下にあるプライベートチームに所属するのが当たり前でした。これまで実力が認められて日本メーカー以外のワークスチームからオファーされて移籍した日本人選手は原田選手だけだと思います。
原田選手のライディングは、ビアッジやドゥーハンのように先行逃げ切りではなく、相手の出かたを見て、最終のゴールまでの戦略を練るというタイプですので、ラスト3周くらいまではトップに立つことはあまりありません。ちょっとしたスキを見つけて最後の最後で勝つというスタイルが、見ている方にとってはたまらない面白さがあります。

1997年の象徴的なレースを見てください。4台のトップグループの中で最後の最後に勝利を獲得します。これは原田選手らしさが出ている面白いレースですので、ぜひ見て欲しいです。
http://www.youtube.com/watch?v=Ad1IjwkGKEQ&feature=related
原田選手のマシンの横に「レーシング」と日本語で書いてありますが、これはその前のレースで優勝した時にアプリリアの社長が大喜びして、原田選手へのプレゼントということで急きょ付けたそうです。原田選手は「カッコ悪いのでローマ字の方がいい」と言っていたそうですが...。(笑) しかも、「レーシング」ではなく「レーシン」となっていたそうで、「ゲ」の右側の線をカッターで削ったそうです。(^^)

これはあまり思い出したくもない1998年の映像ですが、カピロッシのダーティーさを忘れてはいけないと思います。最終コーナーを抜ければ原田選手が2回目のチャンピオンに輝いていたはずだったのですが...。
シリーズ最終戦の最終ラップ、原田選手とカピロッシの先にゴールした方がチャンピオンとなる緊迫した状況の最終コーナーで...。


今では、WGPの日本人チャンピオンも珍しくなくなりましたが、私にとって原田哲也は忘れることができない偉大なスターです!

ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。人気ブログランキングへ

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1


スカG神話を作った男、生沢徹! ポルシェのノーズは旅館の浴衣だった! [モータースポーツ]

1980年代、私はモータースポーツに熱中していました。
特に私は往年の名レーサーである生沢徹さんの大ファンでした。早くから海外志向の強かった生沢さんは、本場ヨーロッパに単身乗り込みF2、F3で活躍しました。F2での最高位は2位で、これは中嶋悟さんが1982年に生沢さんとともにヨーロッパ遠征した時に実現するまでは、誰もなし得なかった快挙でした。

しかし、結局F1には行けずに日本に戻ってきて、本人曰く「趣味」でGC(富士グランチャン)に出場し、型遅れのマシンでGCのタイトルを取るなど活躍しました。 当時生沢さんは、抜群にスタートダッシュが良く、必ずと言っていいほど第一コーナーには1番で飛び込んでいました。しかし、なにせ乗っている車は年式遅れの戦闘力のない車です。そのうちに他の車に追いつかれてしまうのですが、そこはテクニックのある生沢さんです。巧みなコーナーワークで、なかなか他の車に抜かせなかったため生沢さんの車のあとに長い集団ができてしまいました。当時、これは「生沢スクール」呼ばれていたものです。(笑)

TeamIkuzawa.JPG

そんな生沢さんが選手を引退して「i&i」というチームを作る事になり、当時のTopチームであるヒーローズのNo.2ドライバーであった中島悟さんを引き抜きます。その時のNo.1ドライバーは「日本一早い男」星野一義さんでした。これは、ヨーロッパなどでは、ありふれた話ですが、当時の日本のレース界では大問題となりました。当時(確か1978年)のレース界は閉鎖的で仲間意識が強く、一匹狼であった生沢さんはアウトサイダー的な存在でした。しかも、その生沢さんが名門チームのNo.2ドライバーを引き抜いたのですから大変です。しかし、ヨーロッパ育ちの生沢さんにしてみれば、「何いってんのよ!」と言った所でどこ吹く風だったようです。そんな事もあり、生沢さんには「クール」、「ドライ」といった形容詞が付くようになりました。
1980年代後半、私は世田谷の深沢に住んでいましたが、桜新町駅に行く途中、246号線沿いのロイヤルホストの向かいに「Team Ikuzawa」のショップがあり、ちょくちょく通っていろいろなものを買ったりしていました。

JPSs.JPGさて、その生沢さんが、その昔日本グランプリに出て、ポルシェを抜いて「スカG神話」を作った時の話です。
現在はどうなのか良く知りませんが、私が車の運転を始めた頃「スカG」ことスカイラインGTの神話が確かにありました。その頃は、排ガスの50年規制という大きな技術的壁によって国産車は骨抜きの状態でした。その頃のスカGは、直6 2,000CC SOHCで確か120PS位しかありませんでした。その当時、国産車で唯一DOHCを搭載していたトヨタのセリカGTに「名ばかりのGTは道をあける」と馬鹿にされていたものでした。それにも関わらず、走り屋にとってスカGはある種のステイタスを有していました。

このスカG神話の始まりは、1964年の第2回日本GPまでさかのぼります。前年のGPで大敗を喫したプリンス(日産と合併前)は4気筒スカイラインに無理やり直6エンジンを搭載して必勝を期していました。ドライバーはエースの生沢さんでした。
当時、ドライバー達は生沢さんや式場氏のように画家や医者の息子達がほとんどでした。生沢さんや式場氏、ミッキー・カーチス氏、後の徳大寺有恒氏達は、毎日のようにホテルオークラの「カメリア」にたむろしていました。そこで式場氏がポルシェ904カレラGTSでGPに出る事が明らかになったから大変です。特に楽勝と考えていた生沢さんは、
「俺らが三菱ミニカで早いと威張っていたら、式場がマクラーレン・ホンダを持ち込んだ」
という位ショックを受けたそうです。その圧倒的な車の差を考えて、生沢さんは式場氏に
一周だけ、一周だけでいいから前を走らせてよ
と半分冗談で頼みました。
GPでは、トップに立った式場氏が2位の生沢さんを引き離しにかかる7周目、初心者マークを付けて欲しいほどのレベルの低い女性ドライバーを抜くのに手間取っていた式場ポルシェを横目に生沢スカイラインがヘアピンでインから抜き去りました。
ポルシェと違ってこっちは戦車みたいな車だからぶつかったって平気だからね
それから、生沢さんはバックミラーを一度も振り返らずに走りました。
「実はスプーンの立ち上がりで抜けた」 という式場氏ですが、生沢さんの「一周だけ」の言葉が頭にこびりついていたため、後に付いてメインスタンドに戻りました。その時、スタンドは全員総立ちで国産車(スカG)がポルシェを従えて走る姿を応援していました。ここに「スカG神話」が誕生したわけです。
ここで面白かったのが、予選でクラッシュした式場ポルシェを仲間達が徹夜で修理したそうですが、ミッキー・カーチス氏曰く
「カーボンファイバーが壊れた所に旅館の浴衣をギッてきてセメダインを塗って貼ったんだよ。当時はガムテープなんてなかったからね」
当時の最高峰のスポーツカーであったポルシェ904カレラGTSのノーズの部分が旅館の浴衣だったというのは最高ですね。(笑)

以下が、ソース画像です。(消されるかもしれませんので、文章として書いておきました)



ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。。人気ブログランキングへ

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
モータースポーツ ブログトップ
メッセージを送る