So-net無料ブログ作成
検索選択

天皇皇后両陛下が御参拝、日高の高麗神社(2017年) [関東]

2017年9月20日、天皇皇后両陛下が高麗神社を御参拝されたとの事です。
両陛下、見頃のマンジュシャゲご鑑賞 埼玉・日高市
天皇、皇后両陛下は20日、私的旅行で埼玉県日高市の巾着田曼珠沙華(まんじゅしゃげ)公園を訪れ、見頃を迎えて真っ赤に咲き誇った約500万本のマンジュシャゲ(ヒガンバナ)を鑑賞された。
 私的旅行では四季折々の自然を楽しまれるのが恒例。両陛下は身体を寄せ合い、遊歩道を約20分間散策し、天皇陛下は「今の時期がいいんでしょうね」、皇后さまは「美しいですね」と笑顔で話されていた。
 これに先立ち、7世紀に滅亡した朝鮮半島の高句麗から同市を中心とした地域に移住した渡来人ゆかりの高麗神社も参拝された。
 今回の旅行は1泊2日の日程で同県内にご滞在。21日は深谷市で同市出身の実業家、渋沢栄一の記念館などを見て回られる。

産経ニュース 2017.09.20 (http://www.sankei.com/life/news/170920/lif1709200050-n1.html)より
上の記事を読んでも、巾着田ではなくて高麗神社への参拝がメインであることが分かりますね。

この高麗神社については、以前も紹介しましたので一部重複するのは御容赦下さい。
2016年は滅亡した高句麗からの移民(難民)がこの地に住んでちょうど1,300年となりました。高句麗からの移民(難民)たちは、関東の駿河(静岡県)、甲斐(山梨県)、相模(神奈川県)、上総・下総(千葉県)、常陸(茨城県)、下野(栃木県)の7カ国に住んでいたそうですが、716年に武蔵国に移されたとのことです。

その当時の日本と言えば、710年に奈良の平城京に遷都して奈良時代が始まった頃です。高句麗は、今の北朝鮮から南満州辺りまでの地域ですので、その頃から日本と朝鮮半島の繋がりは強かったのですね。

国連でトランプ大統領が北朝鮮を攻(口)撃しているときに、陛下が高麗神社を初めて参拝される意味は深いと思います。
常に日本国と日本人民の事をお考えになっていらっしゃる天皇陛下ですので、今回のこの時期のご参拝もさまざまなお考えがあっての事だと思います。

その高麗神社の由来を紹介します。
<高麗神社>
高麗神社は、高句麗国の王族高麗王若光を祀る社である。
高句麗人は中国大陸の松花江流域に住んだ騎馬民族で、朝鮮半島に進出して中国大陸東北部から朝鮮半島の北部を領有し、約700年君臨していた。その後、唐と新羅の連合軍の攻撃にあい668年に滅亡した。この時の乱を逃れた高句麗国の貴族や僧侶などが多数日本に渡り、主に東国に住んだが霊亀2年(716年)そのうちの1,799人が武蔵国にうつされ、新しく高麗群が設置された。
高麗王若光は、高麗郡の郡司に任命され、武蔵野の開発に尽くし、再び故国の土を踏むことなくこの地で没した。郡民はその遺徳をしのび、霊を祀って高麗明神とあがめ、以来現在に至るまで高麗王若光の直系によって社が護られており、今でも多勢の参拝者が訪れている。(日高市)

高麗神社の入り口です。
DSCF3949.JPG
一の鳥居です。
DSCF3948.JPG
これは二の鳥居です。
DSCF3955.JPG
手水舎の龍です。
DSCF3958.JPG
この龍頭は、極真会館の大山倍達氏が寄贈したものだそうです。
DSCF3957.JPG
参道です。
DSCF3965.JPG
祓所です。
DSCF3977.JPG
御神門です。
DSCF3971.JPG
御神門には「高句麗神社」と小さく「句」が入れられています。明治時代に朝鮮王朝の貴族が書いたそうですが、のちの高麗と区別するために高句麗としたそうです。
DSCF3972.JPG
御本殿です。
DSCF6130.JPG
高句麗の文化だそうです。ずっと後の李朝時代にも染色技術が無かったそうですが、こんな鮮やかな色の着物があったのでしょうか?
DSCF6134.JPG
出世明神の由来
(前略)近代に入り水野連太郎氏・若槻禮次郎氏・浜口雄幸氏・斎藤実氏・鳩山一郎氏等の著名な政治家が参拝し、その後相次いで総理大臣に就任したことから、出世開運の神として信仰されるようになった。(後略)
DSCF6119.JPG
若槻禮次郎氏の献木の碑です。以前は木製でしたが、新しくなっていますね。
DSCF3961.JPG
鳩山一郎氏の献木の碑です。こちらも新しくなっています。
DSCF3962.JPG
両側にある狛犬の迫力があります。
DSCF3966.JPG
こちらの狛犬も怖いです。(^^)
DSCF3980.JPG



























埼玉県の奥なので、皆さんあまり近くに来る機会はないと思いますが、川越や巾着田に来られる時にはぜひ来社されることをお勧めします。

近くにある巾着田の「曼珠沙華」に関しては、こちらをどうぞ。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2012-10-08

ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
nice!(3)  コメント(2) 

巾着田で500万本の曼珠沙華を見る(2017年) [関東]

今年も曼珠沙華の季節になってきました。

台風が心配された三連休の初日の9月16日に日高の巾着田に行ってきました。今年は、開花が連休とうまく合わない可能性がありますね。
今年は例年よりも少し早目に、5時半に家を出て、巾着田の駐車場が開く6時前に着きました。2番目でした。
車を置いて勢い込んで園内に入ると、すでに沢山のカメラを持った人たちが...。(あれ?) そうか! 自転車や歩いてくればもっと早く入園できるということですね。勉強になります。

HPを見ると、3分咲きということで、確かにまだ満開とは言えません。
DSCF3756.JPG
曇りなので少し暗いですね。
DSCF3754.JPG

DSCF3781.JPG
DSCF3776.JPG
真っ赤な花の中で白い花は目立ちます。
DSCF3768.JPG
DSCF3886.JPG
ここは広いので、川の上流の方から咲き始めて下流が咲いて行きます。下流の方は、ほとんど咲いていない場所もあります。
DSCF3864.JPG
下流の土手に咲いている白と赤の花がきれいでした。
DSCF3868.JPG
もう一度上流の方に戻って撮影です。
DSCF3915.JPG
DSCF3894.JPG
最後に白い花を一枚。
DSCF3907.JPG



























雨が振らなければ18日にも再度行く予定です。
日が照ってくれるとありがたいのですが...。

9月20日には、天皇皇后両陛下がいらっしゃるようですね。

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
nice!(4)  コメント(0) 

日光東照宮を訪れる (2017年) [関東]

夏休みに日光の東照宮に行ってきました。
川越の自宅を日曜日の朝7時過ぎに家を出て、東照宮には9時過ぎに着きました。約110Kmの距離です。途中の道では天気が悪くて、時々雨がパラついていましたが東照宮では雨は止んでいました。

東照宮の参道の入口です。うっそうとして森の中を進む感じです。まだ人は少ないですね。
DSCF3097.JPG
入口すぐの右側に日光山輪王寺があります。輪王寺は、平成大修理中でした。
DSCF3098.JPG
葵の紋がひときわ光っています。
DSCF3107.JPG
五重塔は、入口の石鳥居をくぐってすぐ左側にあります。
DSCF3112.JPG

























境内を回った帰り(10時半頃)には、人が溢れていました。
DSCF3229.JPG
「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿の彫刻で有名な神厩舎・三猿です。
DSCF3126.JPG
想像していたよりも、小さいです。高い所にあるので見づらいです。
1.JPG
正面に見えるのが国宝の陽明門です。
DSCF3141.JPG
この陽明門は、500以上の彫刻がほどこされているそうです。
DSCF3158.JPG
坂下門にある左甚五郎作の「眠り猫」です。思った以上に小さいです。(^^)
2.JPG
奥宮に上がる急な階段です。
DSCF3165.JPG
奥宮の拝殿です。畏れ多いので正面から撮れませんでした。
DSCF3176.JPG
坂下門をくぐって家康の墓所である奥宮へ。奥宮の宝塔です。
DSCF3171.JPG
奥宮から境内の戻る時に見える黄金の屋根です。
DSCF3179.JPG
拝殿前の唐門(国宝)です。
DSCF3187.JPG
正面が鳴き龍で有名な本地堂です。右側に見える回廊は、見事な透かし彫りがほどこされていて国宝になっています。
DSCF3201.JPG
DSCF3191.JPG
陽明門の豪華で見事な飾りです。
DSCF3194.JPG
真っ白な獅子が見事でした。
DSCF3199.JPG
入口の五重塔のある広場に出ました。1時間半程度で回ることができます。
DSCF3228.JPG

日曜日でしたが9時頃に行ったので、それほど混んでいませんでした。
帰る頃には、かなり人が増えていまいした。行く場合には、早めに行く事をお勧めします。
川越、久能山の東照宮は見ていますが、やはり日光は別格ですね!

ちなみに、三大東照宮と言った場合、日光、久能山は決まりですが、残りの一つは地域によって違うようです。埼玉では、川越の仙波東照宮が三大東照宮の一つと言われています。仙波東照宮では、久能山から日光まで家康の遺体を運ぶ途中に川越で天海僧正が4日間丁重な法要を行ったと言われていますので、残りの候補としては一番妥当性があるように思います。(^^)

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
nice!(2)  コメント(0) 

佐野プレミアムアウトレットの近くのおしゃれなスポット! (2017年) [関東]

佐野と言えば、最近は「佐野プレミアムアウトレット」が有名ですよね。
私も奥さんに連れられてよく来ています。(笑) そのアウトレットモールの近くに最近、オシャレなスポットができています。 アウトレットモールから車で5分くらいの南に行った所にある馬門(まかど)957というスポットです。レストランや雑貨のショップが集まっています。
Map1.JPG(Google My Map より) 赤字の解説文字を追加

馬門957の付近は、今は川幅が狭くなっていますが秋山川が流れていて、江戸時代には江戸への水運の拠点になっていました。この辺りは、馬門河岸と越名河岸に分かれていて、最盛期はこの河岸に200隻以上の高瀬船が停泊し、夜通し荷物の積み下ろしを行っていたそうです。それによってその当時、この河岸には旅館、料理屋、菓子屋、雑貨屋など立ち並び人の往来も盛んだったそうです。

mapS2.JPG(Google My Map より) 赤字の解説文字を追加

秋山川です。今は川幅が狭くなっていますので、この河岸に200隻以上の船が並んでいたとはまったく想像できません。
DSCF2557.JPG
アウトレットモールの前の道が付き当る交差点に「馬門957」の看板が出ています。
2.JPG
馬門957にある駐車場の案内です。ここには、5軒のお店が並んでいますが、これからも増えそうな雰囲気ですね。
・海to大地(カフェ・レストラン)
・花鳥風月(蕎麦屋)、コノハナサクヤ (創作料理)
・ファブリックマジック (カーテン、雑貨、小物)
・エススリー (デザインルーム)
・里の司 (全国各地の商品を扱うギフトショップ)
DSCF2550.JPG
お蕎麦屋さんの花鳥風月です。
IMG_2247.JPG
ファブリックマジックとエススリーのお店です。
DSCF2548.JPG
手前左側が里の司です。
DSCF2646.JPG
レストランの「海to大地」の入口です。
DSCF2549.JPG
お蕎麦屋さん「花鳥風月」の「富士山」です。2.5人前の細切り蕎麦に大根の細切りがトッピングされています。佐野は蕎麦に大根をトッピングする大根蕎麦が名物のようです。
DSCF2543.JPG
これは十割そばです。
IMG_2258.JPG
ご主人お勧めの特別ブレンドの「極み蕎麦」です。
IMG_2254.JPG
天ぷらは、野菜が大きくて美味しいです。かき揚げも大きいです。(笑)
DSCF2540.JPG
豆乳蕎麦プリンです。きなこと黒蜜が美味しい私のお気に入りのデザートです。
IMG_2341.JPG
お蕎麦屋さんの隣にあるカフェレストラン「海to大地」から見た馬門の風景です。乾山も眺めたであろうのどかな風景です。
DSCF2656.JPG
ディナーメニューのベーシックコース、1,800円です。メモしてないので、出されたものははうろ覚えです。
冷製のコーンスープです。
DSCF2654.JPG
地元の野菜と使った色鮮やかな前菜です。
DSCF2657.JPG
パスタは2種類から選べます。オリーブオイルを使った何とかです。(^^)
DSCF2658.JPG
アイスだと思いましたが、ドルチェ?
DSCF2659.JPG
コーヒーの付け合わせの焼菓子です。あと、パンも付きますので、これだけで結構お腹一杯になりますね。プラス1,000円でメインディッシュにお肉、お魚を追加できます。
DSCF2660.JPG
馬門957の看板です。
IMG_2246.JPG

























佐野には良く行きますし、10年以上前から越名河岸の周辺には通っていました。しかし、そのすぐ近くにこのようなスポットができていたとは全然知りませんでした。周辺は普通の郊外の住宅地なのがまた面白いです。

アウトレットモールに行かれた時に、ちょっと寄ってみてはいかがでしょうか。

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

桜と菜の花のコラボレーション! (2017年) [関東]

今年も菜の花と桜のコラボレーションが素晴らしい、埼玉県の幸手の権現堂公園に行ってきました。

今年の桜は昨年に比べて約1週間遅れでしたので、4月8日の朝7時30分頃に行きました。
7時から駐車場が開いているので、すでに駐車場はかなり埋まっていました。

昨年も雨模様でしたが、今年も同様でした。(涙) 土日と桜の満開と晴れは合わせて欲しいですね。(^^)
DSCF1052.JPG
菜の花も満開とは言えませんが、何とか遅れた桜の開花にシンクロしました。
DSCF1067.JPG
まだ花が咲いていない部分が緑色に見えます。
DSCF1154.JPG
DSCF1160.JPG
DSCF1227.JPG
このように、まだ咲いていない花が多かったです。
DSCF1112.JPG
しとしとと雨が降っていましたので、水滴がよいアクセントになりました。
DSCF1114.JPG
DSCF1165.JPG











































これは、桜の堤側から見た菜の花です。
DSCF1293.JPG
DSCF1276.JPG
桜の花のアップです。
DSCF1330.JPG
DSCF1034.JPG
DSCF1263.JPG
DSCF1260.JPG
混むのが嫌なので朝早く来ていますが、そのためほとんどの出店はまだ開いていません。(笑)
DSCF1360.JPG

今年も桜と菜の花のコラボレーションがきれいでした。
来年は快晴の下で撮影したいですね!

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

水戸の偕楽園で梅を見る (2017年) [関東]

水戸の偕楽園の梅を見てきました。
2017年の2月の末に圏央道がようやく繋がりましたので、鶴ヶ島から水戸まで圏央道で行きました。ところが、現状では途中に対面通行の区間が多いので、80Km走行を強いられることになり結局2時間くらいかかります。現状では、距離は短くなりますが、時間的には北関東道や外環道を使った場合とあまり変わらない状況ですね。ストレスが溜まる分良くないかも。(笑)

開化率は90%を越えていると聞きましたが、それほどでもないような...。
園内には百種、三千本の梅が植えられているそうです。
DSCF0054.JPG
まだつぼみの木も多かったです。
DSCF0068.JPG
DSCF0069.JPG
DSCF0081.JPG
DSCF0087.JPG
今回は好文亭の中も観覧してきました。徳川斉昭自らが設計したそうです。文人墨客と景観を楽しんだそうです。
DSCF0252.JPG
なかなか画になる建物です。
DSCF0111.JPG
庭園にも紅梅が植えられています。
DSCF0121.JPG
好文亭から園内を見るとこんな感じです。
DSCF0141.JPG
眼下に広がる千波湖を望む景観は素晴らしいですね。
DSCF0142.JPG
紅梅はやはりきれいですね。
DSCF0193.JPG
DSCF0198.JPG
DSCF0201.JPG
DSCF0224.JPG
黄門さんと記念写真を撮ることができます。撮影するために長い行列ができていました。良く見ると若い黄門様です。(笑)
DSCF0259.JPG

まだ咲いてない木もあるし、花が枯れている木もある。梅の木の本数が多いのでいつ頃来ればいいのか時期が難しいですね。(^^)

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

足利の紅葉と蕎麦と豆かんを楽しむ (2016年) [関東]

北関東の紅葉を楽しみに足利まで来ましたが、ちょっと遅かったようです。(11月26日)
足利と言えば織姫神社ですね。この日は、朝からボランティアの方々がたくさん来て境内の清掃を行っていました。お疲れ様です。
DSCF8496.JPG
竜宮城を思わせる美しい神社です。
DSCF8481.JPG
さて、今回の目的の1つはこのお蕎麦屋さん「蕎遊庵」です。足利と言えば全国の一茶庵系お蕎麦屋さんの総本山、一茶庵本店で有名ですが、食べログの足利の蕎麦ランキングではこの蕎遊庵の方が上です。
DSCF8492.JPG
織姫神社は、山の上に位置しているので下から登る場合には229段の長い階段を登る必要があります。東北の塩竃神社も長い階段で有名ですが、同じくらいの段数があります。その階段の220段目くらいにこの蕎遊庵はあります。お店の前のこの階段を登るとすぐ境内です。
DSCF8495.JPG
お蕎麦屋さんの前の階段の下を見るときれいな紅葉が見えました。
DSCF8493.JPG
さて、開店の30分前に並び、何にしようかと悩みます。(^^) どれも美味しそうです。このお店、テーブル席が2卓しかありません(あとは座敷席)が、Topで入ったので座ることができました。
DSCF8491.JPG
結局、「さらしなの生一本(きいっぽん)」のざる(私)とかけ(妻)、「石臼手挽き蕎麦」(私)を頂きました。
以前書いたように更科蕎麦はあまり得意ではありませんが、このお店のさらしなは、超細切りですがきちんと腰があり、のど越しが良く美味しかったです。
15242003_846764035465467_6316192457743154630_n.jpg
かけも少し頂きました。そうめんよりも細切りですが、薄味でこれもありだと思いました。
15202516_846764075465463_3528830880565944302_n.jpg
ただ更科そばだけだとちょっと物足りません。この「石臼手挽き蕎麦」は北海道産のキタワセを使っているそうで、表面がざらついていて、若干太めで切り口が明確な私の好みのお蕎麦です。腰と弾力があり噛むほどに甘味を感じる本当に美味しいお蕎麦でした。食後のデザートとして、そばがきぜんざいにも惹かれましたが、何とか我慢しました。
15267783_846764082132129_2903892616435337862_n.jpg
さて、織姫神社を後にして次は足利尊氏ゆかりの鑁阿寺(ばんなじ)です。
DSCF8533.JPG
ここは、樹齢550年と言われている大いちょうの大木で有名ですが、時期が遅かったので黄色い葉が落ちていました。
DSCF8524.JPG
ご覧のようにイチョウの周辺は黄色い絨毯で覆われていました。
DSCF8518.JPG
こんな光景は初めて見ました。感動です!
DSCF8529.JPG
紅葉には遅かったですが、これを見られただけでも大満足です!
DSCF8531.JPG

黄色い絨毯に赤い紅葉は合いますね。
DSCF8536.JPG
本格的にレフ板を使って着物の女性の撮影をしていました。
DSCF8563.JPG
大いちょうから差す日差しがきれいでした。
DSCF8596.JPG
鑁阿寺の楼門(山門)です。ここを出て、参道沿いにあるカフェ「あまからや」へ。
DSCF8556.JPG
このお店の豆かんを食べるのがこの日の2つ目の目的でした。 このためにそばがきぜんざいを我慢したのです。(^^) この豆かんは、豆そのものは甘くなくて、とても食べやすく、黒蜜とかんてんとの相性の抜群です。くせになる美味しさです。
DSCF8547.JPG
足利を後にして、車で50分くらいでお隣の群馬県の大田市の反町館跡に来ました。ここは、足利尊氏とともに鎌倉幕府を倒した忠臣新田義貞所縁の地です。足利尊氏、新田義貞ともに源義家の子孫で源氏の本流でしたが、最後は敵と味方に分かれてしまいました。
DSCF8613.JPG
反町館跡には反町薬師(照明寺)が建てられています。これは本堂です。
DSCF8605.JPG
本尊の薬師瑠璃光如来は秘仏で1月4日にだけ開帳されるそうです。
DSCF8612.JPG
弘法大師のお堂(大師堂)です。
DSCF8617.JPG
今回、足利の紅葉には遅かったですが、大いちょうの黄色い絨毯には感動しました。
お蕎麦も豆かんも美味しかったです!

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

今年一番の紅葉! 東郷公園の紅葉は最高だ! (2016年) [関東]

11月20日(日)に埼玉県の飯能にある東郷公園に紅葉を見に行ってきました。
この公園は、川越から行くと秩父に向かう道の丁度中間地点に位置しています。車でだいたい1時間弱の距離です。この公園には、日露戦争の日本海海戦での大勝利で世界的に有名な東郷平八郎元帥と乃木大将の銅像があることで有名です。昨年も来ましたが、紅葉の色付きが悪くて残念でした。(http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2015-12-23

この日は川越は朝から濃霧で、一つ先の信号が見えなくなるぐらいひどい霧でしたが、山道に入るにしたがって霧が晴れてきました。東郷公園の周りにはまだ霧が残っています。
DSCF8268.JPG
駐車場から見えた紅葉です。この色付きを見ると今年は楽しめそうです。
DSCF8269.JPG
この公園は、秩父御嶽神社の中にあります。神社の鳥居の回りも赤く色づいています。
DSCF8271.JPG
朝の9時前なので日が低く、まだ少し霧が残っていたので面白い画となりました。
DSCF8305.JPG
日の光で透けた紅葉は真っ赤です。
DSCF8341.JPG
狛犬の横を登るとその先に東郷元帥の銅像があります。
DSCF8344.JPG
今年は、東郷元帥の周辺は紅葉で真っ赤です!
DSCF8356.JPG
昨年の色とはまったく違うきれいな紅葉です。
DSCF8352.JPG
その鮮やかさに目を奪われます。
DSCF8364.JPG
上を見上げるとこんな感じです。
DSCF8376.JPG
東郷元帥の斜め後ろから見るとこのような感じです。
DSCF8385.JPG
これは、逆方向の後ろから見ました。
DSCF8398.JPG
これは元帥の銅像の左横から見た景色です。(中央下に銅像が見えます)
DSCF8402.JPG
御嶽神社の社の横を通って乃木大将の銅像への道へ行きます。
DSCF8405.JPG
山道を下って行くと、乃木大将の銅像の裏手に出ます。乃木大将の周りも真っ赤です。
DSCF8412.JPG
天気が良かったので、日の光で透けてきれいでした。
DSCF8424.JPG
こちら側から見ると少し寂しいですね。(^^)
DSCF8428.JPG
銅像と逆の方向を見上げるとこんな紅葉が広がっています。
DSCF8429.JPG
こちらの方向もきれいです。
DSCF8434.JPG
DSCF8437.JPG
今年の秋は朝の寒さが厳しかったので、紅葉の色付きが最高ですね!
前回の松島もこれまでで最高でしたが、今回の紅葉も素晴らしかったです。

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

麻布十番で更科総本家の蕎麦を食する [関東]

最近、お蕎麦がマイブームで週に3日、4日くらいはお蕎麦を食べに行くようになっています。そんな訳で、今回はお蕎麦の話です。

都営地下鉄の駅ができた頃から仕事の関係で麻布十番によく行くようになりました。この麻布十番は、いわゆる高いお店が多いエリアですが、更科蕎麦の本店が3軒もあることでも有名です。

①総本家 更科堀井 本店
②麻布永坂 更科本店
③永坂更科 布屋太兵衛 麻布総本店


なぜ、この狭いエリア(一番遠い店の間でも徒歩5分程度の距離)で3店舗が本店を名乗って競っているかについてはさておき、(興味がある方はググってみて下さい)問題はお店の蕎麦の味です。食べ物のお店を調べるには、やはり「食べログ」が便利なので、その評価を見て見ますと評価の高い順に 、

①更級堀井:3.60
②更級本店:3.57
③布屋太兵衛:3.08


となっています。
参考までに長年麻布十番に住んでいた知人に聞いてみたのですが、やはり①の堀井が一番美味しいとのことでした。ちなみに、私は10年くらい前にその知人に連れられて更科堀井に連れて行ってもらった記憶はあるのですが、何を食べたのかも味も全く覚えていません。(笑)

更級蕎麦とは、蕎麦の実の中心部分だけを使った蕎麦で、真っ白な高級感のある蕎麦で御前蕎麦とも言われます。一般的には更級蕎麦は蕎麦の香りよりものど越しのなめらかさを楽しむものと言われています。麻布十番にあるお店はその更級蕎麦の総本家と言われています。

最近、仕事で連続して麻布十番の近くに行く用事があったので、三軒のお店のせいろ蕎麦を食べ比べてみました。更級蕎麦で有名なお店の味を語るのに普通のせいろの味で評価するのはおかしいではないかとのご指摘もあるかと思います。しかし蕎麦屋の基本はせいろだと思いますし、何よりも私自身は、蕎麦の甘皮を一緒に挽いた普通の蕎麦や田舎蕎麦の方が好きなので更級蕎麦があまり得意ではないことも大きな理由です。「だったら、更科以外の蕎麦屋にしろよ!」という突っ込みは無しでお願いします。(笑)

①総本家 更科堀井 本店
まずは、堀井のお蕎麦です。ここは、更科本店で一番評価が高いお店ですので、普通のせいろと更科蕎麦をそれぞれ1枚ずつ頂きました。せいろは「から汁」で頂きます。ここのお蕎麦は、私がこれまで食べた事のないような食感の蕎麦で、蕎麦の切り口の角をまったく感じない不思議なものでした。美味しいとは思いましたが正直に言うと高評価の理由が分かりませんでした。
13921173_787639558044582_2380849620804324997_n (1).jpg























本家の更科蕎麦を食べてみれば自分の更科蕎麦に対する認識が変わるのでは、との期待もあり食べてみましたが、結論は変わりませんでした。確かに、のど越しは良いですが...。(^^) 更科蕎麦は青いとっくりの「あま汁」で頂きます。最初はその甘さに驚きますが、慣れてくると病み付きになります。
13903264_787639554711249_4825434931735657405_n (1).jpg























②麻布永坂 更科本店
このお店は、地下鉄の麻布十番駅から大きな通りを挟んだ向かいにあり、他の店のあるブロックとは少し離れています。
13882654_787638758044662_614057463542654576_n (1).jpg

















ここではせいろの大盛りを頂きましたが、ここのお蕎麦も切り口の角を感じない普通に美味しいお蕎麦という感じでした。確かに美味しいけど...。
13901520_787638804711324_1556402480892029696_n (1).jpg


















③永坂更科 布屋太兵衛 麻布総本店
最後は布屋太兵衛の総本店です。このお店は大宮のそごうに支店が入っているので、そこでは何度か食べていました。その感想は有名な更科のお店ではありますが、「まあ、こんなものか」と思って食べていました。
sarashina.JPG

















このお店は普通のせいろでも「あま汁」と「から汁」の2種類が付くのが特徴です。
さて、この麻布十番の総本店のお蕎麦ですが、最初に口に入れた瞬間に大宮店の蕎麦とは風味がまったく違うことが明確に分かりました。「う~ん、これはうまい蕎麦だ。さすが総本店だ!」と一人事を言いながら満足して食べました。あま汁、から汁の味は大宮店と大差ないように感じました。
13873001_787640968044441_5950698794453841714_n (1).jpg



さて、最終的な3店の私のお好みランキングは次の通りになりました。

③布屋太兵衛
②更級本店
①更級堀井


つまり、食べログの評価と全く逆の結果となりました。
まあ、これはあくまでも私のランキングですので他の人には参考にならないと思いますが...。
食べ物の好みは人それぞれ違いますからね!(^^)

食べログの蕎麦屋の口コミを見ると、料理を食べながら日本酒を飲み、最後の〆に蕎麦を食べるというような人が多いので、単に蕎麦の味だけで評価されているのではないようです。今回の麻布十番の3店も、場所がらもありそのようなお店の一つでしょうから、他の料理、お店の雰囲気、麻布十番という場所を含めた全体の評価なのだと思います。

今回、3つの更科のお店を食べてみて、仮にこのお店が自宅の近くにあったとして食べに行くかと考えると、一度は行くにしてもあまりリピートはないだろうなという感じです。だって、私の住んでいる埼玉県には、もっと私の好みに合うお美味しい蕎麦屋さんが沢山あるんですもの。(笑)

最近はどのお店も新そばを出す季節になりましたので、蕎麦を食べに行くのが楽しみです。

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

入間航空祭を楽しむ (2016年) [関東]

11月3日は、埼玉県入間基地の航空祭です。
昨年は、川越の自宅のベランダで撮影してストレスが溜まったことを書きました。(http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2015-11-04) そんな訳で、今年は絶対に入間基地に行って近くで撮影するんだ! と意気込んでいました。しかし、Web上の情報を見ると会場の混み具合はハンバでないようなので、渋滞と人ごみが嫌いな私としては、気持ちがかなりグラグラと揺れました。

1.JPG前日になってXF100-400㎜レンズと×2 のエクステンダーを借りることができたので、「400㎜あれば近くに行かなくてもいいだろう」と考えて、入間基地から入間川を挟んだ川沿いにある柏原の公園で撮影することにしました。この辺りの運動公園は、子供達の少年団の試合で何度も通っていたのホーム感覚で撮影できます 。

しかし、結論から言うと今年もストレスが溜まる撮影でした...。

T-4機のオープニングフライトです。
1.JPG
2.JPG
U-125という飛行点検機だそうです。
3.JPG
この後、T-4機が続きます。やはり戦闘機は速いです。400㎜で撮影するとフレームに入れるのも難しいです。しかもAFの食い付きが悪いため、なかなかキレの良い画像が撮れません。(- -;
4.JPG

























5.JPG

6.JPG

C-1 輸送機です。中型戦術輸送機だそうですが、見た目はかなり大きく見えます。
DSCF7035.JPG

30.JPG
ここからはブルーインパルスの飛行です。T-4機の撮影で、自分には近距離でブルーインパスルを撮るのは無理だと悟り、昨年同様に自宅のベランダから撮ることにしました。撮影は、400mmに×2 のエクステンダーを付けて、800㎜ (35㎜換算 1,200mm) で行いました。
16.JPG





14.JPG





13.JPG



















































12.JPG




18.JPG




DSCF7297.JPG




8.JPG




10.JPG





9.JPG
























































DSCF7341.JPG







21.JPG






































































終わり際に自宅の上を通ってくれました。
7.JPG
この日は、天気は良かったのですが、微妙にモヤっていて、距離があるためどうしてもクリアな画像が得られませんでした。また、エクステンダーを付けると2絞り暗くなり開放でもF11になってしまうため、今回のようにシャッタースピードが必要な場合はISO感度が上がってしまう事もクリアな画像とならない原因でした。

さらにクリアな画像を得るには、やはり近距離で300㎜くらいのレンズで撮影するしかありませんね。
来年こそ、入間基地に行くしかない!(笑)

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

夜の川越祭りを楽しむ (2016年) [関東]

さて、10月のこの時期と言えば「川越祭り」です!
川越祭りに関しては、このブログでも何度も紹介しているので、細かい説明は書きません。
写真で雰囲気を味わって下さい。

【2016.10.19 追記】
川越祭りの公式発表です。2日間で約100万人が訪れたようです。

平成28年川越まつり 観光客数をお知らせします。
15(土)=508,000人
16(日)=477,000人
合計=985,000人

お祭直前まで、耐震工事のため覆いを被っていましたが、お祭に合わせてきれいな姿を見せてくれました。
DSCF6174.JPG



























暗くなる前、午後5時頃の蔵の街です。人でいっぱいです。
DSCF6201.JPG
DSCF6208.JPG
だんだん暗くなってきました。山車の提灯にもあかりが灯っています。
DSCF6209.JPG
夜の川越祭りを撮るために、「そばきり悠々庵」で新そばを頂いて時間をつぶします。川越祭りの時でも、この辺りのお店はそれほど混んではいませんでした。
DSCF6230.JPG
入り口には、浮世絵と陶器が飾られています。
DSCF6222.JPG
今の時期だと夏蕎麦の新そばだと思いますが、風味があり美味しゅうございました。
DSCF6223.JPG
午後6時を過ぎて暗くなり夜の川越祭りになっています。
山車が向かい合って囃し合いが始まりました。蔵の街の道は人でいっぱいで動けなくなります。
6.JPG
DSCF6317.JPG











































DSCF6341.JPG
DSCF6352.JPG









































2.JPG
西武線の本川越駅前に二つの山車があり、すごい人でした。
DSCF6368.JPG
今年は、このお面を付けている人が目に付きました。お祭の雰囲気にピッタリです。
DSCF6328.JPG
DSCF6260.JPG
4.JPG
























































5.JPG



【過去の記事です】
【川越祭りに関してはこちらもどうぞ】
・NHKの朝ドラ「つばさ」で有名になった『川越祭り』を見る (2010年)
・3Dカメラで川越祭りを撮る!(2010年)
・2012年 今年も川越祭り! 市制90周年記念で29台の山車が勢ぞろい
・今年も川越祭りを見る! (2014年)
・今年も川越祭りを楽しむ (2015年)
このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

今年も曼珠沙華の季節に (2016年) [関東]

今年も曼珠沙華の季節になりました。
9月18日と25日に行ってきました。今年は9月に入ってから台風が多くて雨ばかりでした。18日は、雨は降っていなかったものの朝から曇りで、まだ3分咲きでした。25日は、晴れ間が見えて、遅咲きの方も含めてほぼ見頃の状態でした。
2日間とも朝6時に川越を出て、6時半頃に巾着田に着きました。道は渋滞していませんでしたが、駐車場は半分くらいは埋まっていました。8時過ぎに帰りましたが、すでに駐車場は一杯で道は大渋滞でした。

●9月18日です。まだ3分咲きで花はまばらでした。
DSCF5759.JPG
まだつぼみの状態の花が多かったです。
DSCF5778.JPG
DSCF5782.JPG
●こちらから9月25日の撮影です。この日は晴れていて暑いくらいでした。
朝7時なのでまだ太陽が低いですね。
DSCF5891.JPG
DSCF5920.JPG
DSCF5966.JPG
DSCF5970.JPG
DSCF5973.JPG
ずっと雨が降っていたので、花びらに雨粒が残っています。
DSCF5994.JPG
ここからフィルムシミュレーションを「VELVIA」 ⇒ 「ASTIA」 に変えてみました。花の色がずいぶんと変わりますね。
DSCF6021.JPG
DSCF6025.JPG











































8時くらいにはもう、日差しが高くなり暑くなってきました。
DSCF6038.JPG
ここからまた「VELVIA」に戻しました。
DSCF6039.JPG
DSCF6058.JPG
こんなに沢山の曼珠沙華が咲いていますが、1,2本で咲いている花を探してしまいます。(笑)
DSCF6075.JPG
DSCF6081.JPG











































白い曼珠沙華は数が少ないので、みなさん撮影していました。
DSCF6084.JPG
川沿いの紅葉です。紅葉時期がたのしみですね。
DSCF6080.JPG
駐車場のそばにコスモス畑が広がっています。
DSCF5870.JPG

遅咲きの方はあともう少し楽しめそうですね。
車で行かれる方は、少し遅れると渋滞が始まりますので、とにかく7時過ぎには着けるように来た方が良いと思います。

【過去の記事です】
・100万本の曼珠沙華を見に高麗の巾着田に行く (2012年)(http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2012-10-08 )
・500万本の曼珠沙華を見に高麗川の巾着田に行く (2014年)(http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2014-09-22 )
・500万本の曼珠沙華を見に行く (2014年) その2)(http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2014-09-27 )
近くの高麗神社については、こちらをどうぞ。(http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2012-11-08

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

羽田から北海道へ (2016年) [関東]

今年も北海道に帰省してきました。羽田は天気が良くて暑かったです。

羽田空港第二ターミナルのレストランの席でモーニングを食べながら撮影できました。
DSCF4361.JPG
第二ターミナルなのでANA機が多いです。
DSCF4395.JPG
30分だけ展望デッキで離陸を撮影しました。
DSCF4490.JPG
haneda5.JPG
haneda2.JPG
haneda1.JPG
搭乗した飛行機から撮影しました。
DSCF4512.JPG
上空からみたディズニーランドです。右側がディズニーランドで、左側がディズニーシ―です。
dysney.JPG
東京の上空は厚い雲で覆われていました。
DSCF4542.JPG
北海道の女満別空港付近です。左側に見えるのが女満別湖(網走湖)です。
DSCF4921.JPG
女満別周辺の風景です。
DSCF4916.JPG
DSCF4912.JPG
DSCF4640.JPG
DSCF4638.JPG
女満別から羽田に帰る時の着陸寸前に撮影しました。離陸待ちをしている飛行機ですね。
1.JPG
東京はやはり暑いです。夏の雲がすごかったです。
2.JPG

今回は、行きも帰りも窓際に座れたので景色を楽しむことができました。

北海道旅行に関しては、
・夏の北海道 - 1 (流氷館 - 能取岬 - 美幌峠)(2015年)
・夏の北海道 - 2(摩周湖 - ちゃちゃワールド)(2015年)
・今年の北海道の夏は暑かった!(1) 旭川(雪の美術館) - 美瑛(青い池) 富良野 (2014年)
・今年の北海道の夏は暑かった! (2) 北見- 能取岬- 阿寒湖 オンネトー (2014年)
・3年ぶりの道東の旅 美幌峠 摩周湖 神の子池(2010年) 

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ


幸手の権現堂でアジサイを楽しむ (2016年) [関東]

4月に素晴らしい桜と菜の花を紹介した(http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2016-04-06埼玉県の幸手の権現堂は6月には100種16,000株のアジサイが咲き誇ります。ここは、アジサイも素晴らしいですね!

駐車場の入り口の所にある白いアジサイです。アナベルでしょうか。
DSCF3642.JPG
色とりどりのアジサイが咲き誇っています。
DSCF3668.JPG
ここのエリアが一番密集していて見ごたえがありました。
DSCF3679.JPG
DSCF3682.JPG
DSCF3688.JPG
額アジサイの真ん中の花はまだつぼみですが、この時期が一番みずみずしいような気がします。
DSCF3695.JPG
カラフルなアジサイが見事でした。
DSCF3704.JPG
DSCF3781.JPG
DSCF3782.JPG
おっと! 珍客がいらっしゃいました。(笑)
DSCF3802.JPG
DSCF3763.JPG
DSCF3815.JPG
DSCF3864.JPG
DSCF3893.JPG
1.JPG
4.JPG
5.JPG

これまで見て来たアジサイの中では、ここが一番見ごたえがありました。
7月3日まで「あじさいまつり」が開催されているそうです。

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ


秩父で1,500万本の天空のポピーを楽しむ (2016年) [関東]

埼玉県の秩父の皆野町にある「天空のポピー」を見に行ってきました。
ここは、標高500mの高原に1,500万本のシャーレ―ポピーが咲き誇ることで有名です。
Facebookなどで一面真っ赤な花の写真がUpされていたので行きたかったのですが、場所が秩父です。秩父への道は一本道なので渋滞するだろうな~。渋滞はやだな~と迷っていて行くのが1週間延びてしまいました。(笑)
そのため、満開は過ぎていたようですが、まだまだ見頃でした。

川越から皆野町までは50Km弱です。川越を7時に出発したところ、何とか渋滞もせず1時間10分で目的地に着きました。でも、驚いたことに駐車場はほとんど埋まっており、少し遅くきたら入れない所でした。みなさん何時から来ているのでしょうね。(^^)

さて、これが「天空のポピー」です。眺めが良いです。
DSCF2929.JPG
赤い花だけでなく、ピンクや白の花が混じっているので真っ赤ではありません。
DSCF2938.JPG
美瑛のように「◎◎の木」などの名前が付いているのか分かりませんが、アクセントになりますね。
DSCF2960.JPG
こちらの方が密度が濃いのですが、朝早いのでこの時間は逆光になります。
DSCF2973.JPG
花の名前はシャーレーポピー(別名:虞美人草)だそうです。知らなかったのですが、ケシ科の花だそうです。
DSCF3011.JPG
数は少ないですが、白い花もあります。
DSCF3014.JPG
ポピーの間の道を歩いて行きます。
DSCF3048.JPG

DSCF3049.JPG
きれいな青空に白い雲がきれいでした。
DSCF3056.JPG
こちらはやはり逆光です。
DSCF3058.JPG
DSCF3062.JPG
本当に天空のお花畑を歩いているという感じです。
DSCF3071.JPG
混んできたので、9時前に「天空のポピー」を後にしました。もうすでに駐車場に並ぶ車で長い渋滞ができていました。後でFacebookを見ると6Kmで3時間かかった人もいたようです。早く行って良かったです。

せっかくここまで来たので近くの長瀞の石畳を見てきました。
DSCF3087.JPG
東北の一関にある厳美渓のような奇岩がたくさんあります。
DSCF3091.JPG
川の水の色がきれいです。
DSCF3129.JPG
この船で川下りをします。一関で言うと厳美渓と猊鼻渓を合わせたような場所と言えますね。(^^)
DSCF3082.JPG
渓谷の中を船で進みます。絵になります。天気が良いので気持ちよさそうですね。
DSCF3095.JPG
その後、お土産屋を見ながら10時半頃にお蕎麦を食べてお昼としました。

長瀞と言えば、阿左美冷蔵の天然氷のかき氷が有名ですよね。20分くらい並んで、抹茶あずきのかき氷を食べました。何も付けていない状態です。食べきれるのか?と思うほど大きいです。左側にあるのがあずきで、右側にあるのが抹茶と黒蜜の容器です。
DSCF3140.JPG
もちろん見た目通りに美味しいですが、900円とかなり高いです...。さらにこの店の秘伝のみつを使ったものは、1,000円超えです。一番高い「秘伝みつスペシャル」なんて1,500円ですよ! まあ、美味しいんでしょうけどね。
DSCF3142.JPG
朝、7時に出て、いろいろと楽しんで12時半頃に家に帰ることができました。
渋滞もなく快適でした。やはり早起きは3文の得ですね。

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ


今年もあしかがフラワーパークの藤を楽しむ (2016年) [関東]

ことしも藤の季節になりました。今年は、5月1日に見に行きました。
朝6時に川越を出発して、7時頃にフラワーパークの入り口近くまで行きましたが、そこですでに駐車場待ちの渋滞が始まっていました。みなさん無料駐車場が空くのを待っているのでなかなか進みません。私は昨年停めた西ゲート近くの500円の有料駐車場に決めているのですが、西口ゲートにも無料駐車場があるようで、一本道のため有料駐車場に停めるにも10分以上待たざるを得ませんでした。この辺りは何とかして欲しいですね。

今年は桜の開花が例年以上に早かったですが、藤の開花も同様に早かったようです。昨年は、藤もツツジも満開で大感激だったので、今年は少し残念でした。やはり花を見るには時期が重要ですね。

大長藤の棚です。
DSCF2063.JPG
DSCF2088.JPG
白藤は見ごろでした。
DSCF2077.JPG
ツツジもきれいでしたが、枯れている花もありました。
DSCF2079.JPG
「奇跡の大藤」です。すべて一本の木から花が咲いています。
DSCF2116.JPG
DSCF2146.JPG
DSCF2149.JPG
大藤の所で人形さんを撮影している方がいて、他のお客さんがそれを撮影していたので私も参加しました。(笑) ⇒ 問題あれば、連絡下さい。
DSCF2157.JPG
こちらは八重黒龍という藤で、ブドウのような花です。この藤はちょうど満開で、この棚の回りによい香りが漂っています。
DSCF2167.JPG
DSCF2169.JPG
DSCF2175.JPG
白藤のトンネルです。まだ少し花が短い感じでした。
DSCF2193.JPG
色とりどりの花がきれいでした。特に青い花が目を惹きます。
DSCF2211.JPG
白藤の滝です。
DSCF2217.JPG
こちらも白藤です。
DSCF2240.JPG
DSCF2247.JPG
きばな藤が咲き始めでした。これが咲き揃うときれいでしょうね。
DSCF2251.JPG



























桜の場合もそうなのですが、一度満開の素晴らしい花を見てしまうと、どうしてもその時の花と比較してしまいます。今年の藤も素晴らしかったのですが、もう少し早く行けば良かったと思いました。
来年もぜひ見に来たいと思います。

昨年の藤の状況は、こちらを見て下さい。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2015-05-03

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ


幸手権現堂で桜と菜の花を楽しむ (2016年) [関東]

埼玉県の幸手(さって)にある権現堂桜堤の菜の花と桜を見てきました。
4/3に行ってきましたが、桜はまだ七分咲きという感じでした。でも菜の花が満開だったので、菜の花と桜のコントラスト楽しむことができました。

今回始めて来たのですが、菜の花の黄色が見事でした。菜の花畑の中を歩くことができる場所もありますので、黄色い菜の花を堪能することができます。今の時期は、菜の花が主役なので桜が満開でなくても菜の花で十分に楽しむことができました。

ここはお勧めですね!

DSCF0825.JPG
菜の花の間を散策することができます。
DSCF0855.JPG
しだれ桜が1本咲いていました。
DSCF0912.JPG
DSCF1003.JPG
菜の花のアップです。
DSCF0927.JPG
DSCF1056.JPG
DSCF1066.JPG
DSCF1072.JPG
DSCF1083.JPG
DSCF1086.JPG
DSCF1115.JPG
一応桜のアップも紹介します。(笑)
DSCF1118.JPG
DSCF0819.JPG
DSCF0820.JPG
桜の花のアップも一枚。
DSCF0974.JPG

今の時期、本当に菜の花と桜がきれいです。
お近くの方はぜひ行ってみてください! 駐車場に入る道が混むので9時前に行った方が良いですよ。

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ


大宮の鉄道博物館を楽しむ (2016年) [関東]

大宮に鉄道博物館があります。以前、秋葉原にあった交通博物館が2007年に大宮に移転したそうです。
子どもたちが小さい時は、秋葉原の交通博物館に行ったことがありますが大宮には行ったことがありませんでした。鉄道好きの人たちにとっては、大宮と言えば鉄道博物館だそうです。

入り口は、入場用のカードを買う必要があります。大人1,000円、子ども500円です。
DSCF0441.JPG
時間がなかったので車両展示スペースだけ見てきました。
1.JPG
歴史的な車両も展示されています。
DSCF0355.JPG
広いスペースにたくさんの車両が展示されています。ただし、この展示スペースですが、外光がほとんど入らず、照明も暗いので写真を撮影する場合は注意が必要です。F4以上に絞ると感度がISO6400になることも多かったです。子どもを連れたお母さん達はコンデジできれいに撮れているのでしょうか?
大和ミュージアムのようにもっと外光を入れて明るくして欲しいですね。
DSCF0380.JPG
やはりSLは人気のようですね。
DSCF0381.JPG
新幹線も展示されています。
DSCF0414.JPG
C57です。人気なので、人が居なくなるタイミングが難しかったです。
DSCF0424.JPG
二階からいろいろな角度で見ることができます。
DSCF0442.JPG
DSCF0453.JPG
中央線の電車です。以前、三鷹の隣の駅が最寄り駅だったので懐かしいです。
DSCF0463.JPG
初代の新幹線は別の棟に展示されています。
DSCF0467.JPG
昔の怪獣映画に出てくる型式ですね。(^^)
DSCF0470.JPG
DSCF0484.JPG
鉄道と言えば、日本食堂ですね。
DSCF0440.JPG
外のスペースにも電車が展示されています。中にも入ることができました。
DSCF0477.JPG
今回は、車両展示スペースだけでしたが、他にもいろいろな展示がされています。
結構外国人の方が多く来ていましたし、駐車場のナンバーを見ると、ほとんどが県外からの車でした。
鉄道好きの人にはお勧めですね。

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ


関東三大梅林 水戸偕楽園の梅林を楽しむ (2016年) [関東]

水戸の偕楽園の梅林を見てきました。
水戸の偕楽園は、関東三大梅林の一つと言われています。その三つとは、
①水戸偕楽園(茨城県水戸市)、②越生梅林(埼玉県越生町)
の二つは、ほぼ確定しているようですが三つ目は、いろいろと説があるようです。
・秋間梅林(群馬県安中市)
・熱海梅園(神奈川県熱海市)
・曽我梅林(神奈川県小田原市)

今回、水戸の偕楽園は初めて訪れたのですが、素晴らしい梅林ですね! 地元埼玉の越生の梅林は何度も行っていますが、三大梅林の一つとは言いますが、残念ながら偕楽園との差は大きいように思います。もともと偕楽園は、岡山の後楽園、金沢の兼六園と並んで日本三名園の一つに数えられている名園です。その中にある梅林ですから、梅林だけでなく庭園そのものの素晴らしさも楽しむことができます。
梅の木の本数も、偕楽園:3,000本、越生:1,000本と規模も偕楽園の方が上ですね。

偕楽園の入り口にある紅白の梅です。
DSCF0003.JPG
レストハウスもあり、梅まつりなので出店がたくさん出ていました。
DSCF0013.JPG
梅林の間の小路を歩いていきます。
DSCF0018.JPG
この木は同じ枝に白とピンクの花が咲いていました。
DSCF0028.JPG
白梅がちょうど見ごろでした。
DSCF0044.JPG
紅梅もきれいですね。
DSCF0046.JPG
ここの梅は古木が多いので、梅の花よりも梅の木の枝ぶりを楽しみたくなります。
DSCF0067.JPG
歌川広重の浮世絵にありそうな梅林の雰囲気ですね。
DSCF0103.JPG
大きな花びらが目に着いたので...。
DSCF0119.JPG
この木は迫力がありました。
DSCF0138.JPG
これも趣がありますね。
DSCF0140.JPG
大きな紅梅の木を見上げてみました。
DSCF0150.JPG
見晴広場にある「左近の桜」です。巨木です。
DSCF0152.JPG
見晴広場から左上の千波湖方面を見ました。手前にも梅林が広がっています。
DSCF0158.JPG
DSCF0164.JPG
見晴広場には、素晴らしい木がたくさん植えられていて眼を楽しませてくれます。
DSCF0172.JPG
DSCF0192.JPG
偕楽園に隣接して水戸光圀公と徳川斉昭公(烈公)をお祀りした常磐神社があります。最初にお参りしたのですが、誰を祀っているのかを知らずにお参りしてしまいました。(^^) しかも御朱印帳も忘れてきました...。
DSCF0228.JPG
常盤稲荷神社(末社)です。
DSCF0210.JPG
偕楽園は始めてですが、とても素晴らしい梅林でした。高台にありますので、庭園からの眺めもよく梅の季節以外でも楽しめると思います。

桜の時期にも再訪したいと思いました。

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ


大宮の梅林を楽しむ (2016年) [関東]

大宮の氷川神社の隣にある大宮第二公園にある梅林を見てきました。
ここは、埼玉県の梅の名所ですが、「梅まつり」は2月22日(土)~3月9日(日)なので、まだまだ見ごろとは言えませんが、すでに満開になっている木が何本もあり、それなりに楽しむことができました。

紅梅は見頃の木が多かったですね。
DSCF9204.JPG
DSCF9210.JPG
DSCF9211.JPG
白梅はまだこれからとい印象です。
DSCF9219.JPG
ご覧のように梅林のほとんどの木は、まだ咲いていません...。
DSCF9222.JPG
点在する咲いている木を見つけて楽しみました。
DSCF9225.JPG
DSCF9234.JPG
DSCF9242.JPG
DSCF9245.JPG
白梅と紅梅のコラボレーションです。
DSCF9252.JPG
DSCF9260.JPG
桃色の花もありました。
DSCF9275.JPG
DSCF9289.JPG
大宮第二公園から氷川神社に行く途中にある、「奥信州」で天麩羅せいろを頂きました。蕎麦が超大盛りで驚きました。私は蕎麦好きで通常のせいろは大盛りを頼むのですが、この店の普通の量でこれです。まあ、食べられるだろうと思っていましたが、食べても食べても減らず、勿体ない事に1/3くらい残してしまいました...。後で食べログを見たらお持ち帰りもできるようです。次回は、天麩羅なしでリベンジしたいと思います。(このお店は天麩羅もとても美味しいのですが)
7fd1192c-6913-40ff-8364-1952017693cd.jpg

せっかく大宮に来たので新幹線を撮影してみました。(私はぜんぜん撮り鉄ではありませんが...)
大宮は、東北・上越・北陸・山形・秋田新幹線が止まりますので、いろいろな種類の新幹線を楽しむことができます。

北陸新幹線のE7・W7系です。
DSCF9339.JPG
上越新幹線のE2系です。
DSCF9356.JPG
東北新幹線の「はやぶさ」で有名なE5系ですが、これは各駅停車の「やまびこ」です。仙台に居た頃は、「やまびこ」と言えば引退した古い車両でしたが、「はやぶさ」と同じ車両も使っているのですね。最高時速は320Km運転対応です。
DSCF9372.JPG
この15mのロングノーズが特徴です。
DSCF9379.JPG
秋田新幹線の「こまち」のE6系です。この車両も320Km運転対応です。
DSCF9414.JPG
大宮の梅林は、3月に入ってからが本当の見頃でしょうね。
私は撮り鉄ではありませんが、新幹線好きなので撮っているうちに乗りたくなりました。
次回はもう少し違ったアングルで撮って見ようと思いました。

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1
ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ


メッセージを送る