So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

夭折の画家 佐伯祐三と妻・米子  稲葉有著 を読む [美術]


夭折の画家 佐伯祐三と妻・米子約80年前にパリで亡くなった画家の佐伯祐三とその妻米子に関して書かれた本です。
佐伯祐三というと朝日晃氏の本が有名で私も愛読していましたが、この本は朝日氏の本とは違う視点で書かれており、また妻の米子にスポットを当てていることに特徴があります。

この本は、匠秀夫氏の遺作である『未完 佐伯祐三の「巴里日記」』落合莞爾氏の『天才画家「佐伯祐三」真贋事件の真実』、Web上にある「天才画家佐伯祐三の真相」をベースにして書かれています。朝日氏などの他の本は、妻の米子や山田新一画伯、その他友人たちの証言をもとに書かれていますので、情報ソースが異なる本であると言えます。また、それゆえに妻の米子にスポットの当たった本があまり無かったのだと思いますので、2重の意味で画期的な著作であると思います。

天才画家「佐伯祐三」真贋事件の真実私は佐伯の画は好きですので、匠氏や落合氏の本を興味深く読んでいたのですが、美術界の中では両著とも無視されているように見えますし、10年ほど前に話題になった武生市での贋作事件などがあり、実際の所どうなんだろう?と思っていました。

しかし最近、川島芳子生存説のTV番組で落合氏が出演され、芳子の生存を記載した吉薗資料に関して説明していましたし、ナレーションでも吉薗周蔵に関して好意的に扱っていました。その影響なのか、『「バロン・サツマ」と呼ばれた男―薩摩治郎八とその時代』 村上紀史郎 (著) にも藤田嗣治佐伯祐三の関係に関して匠氏や落合氏の本を紹介していました。そしてこの本と続いており、吉薗資料に関しても何となく動きが出てきたように見えます。

「バロン・サツマ」と呼ばれた男―薩摩治郎八とその時代薩摩治朗八について書いた村上氏にしても、この本を書いた稲葉氏にしても美術の専門家ではありません。しかし、それゆえに美術界が匠氏や落合氏の著作を無視していることに対して疑問を投げかけているようにも見えます。また、利害関係がないことで自由に書くことができたのだと思います。

私は単なる美術愛好家ですのでこれに関して何も言うべきものを持っていませんが、どうか利害関係にとらわれずに「聖域なき」学術的な判断を切にお願いしたいと思います。

最後に、この本から浮かび上がってくる佐伯の画に対するひたむきな姿勢も、従来の説とは異なるものがあるものの、同様に私の心を強く打つものでした。

ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1

真贋事件に興味のある方は、
・藤田玲司と三田村館長が認めた「佐野乾山」、ギャラリーフェイク 006 「タブーの佐野乾山」
・マスコミの報道は疑ってかかれ! 「ドキュメント真贋」

佐伯祐三関連の本
佐伯祐三のパリ (とんぼの本)そして、佐伯祐三のパリ佐伯祐三 (新潮日本美術文庫)













nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

オリオン

私のHPを参考に書かれたのでしょうが、たとえば米子の人格障害など、これらはまったく間違いでした。
それで私のHPからすべて消去しました。

佐伯祐三はすばらしい画家でした。友人も多くその人柄は愛すべきものがありました。米子さんもそんな佐伯を懸命に支えていました。詐欺師は画商関係の人間です。吉薗明子はその表舞台に立っただけで後ろで糸を引いている人間がいるはずです。HPを調べればその人物は予想がつきます。元武生市のある情報では名前も知れているようです。
嘘八百を並べた話は信じてはいけまっせん。
by オリオン (2011-01-29 00:14) 

Simple

オリオンさん

コメントありがとうございます。
コメントを頂きましたが、オリオンさんのHPは存じあげません。
稲葉氏、匠氏の本と落合氏の本とHPを参考にしています。
それとも稲葉氏の本が、という意味でしょうか?
稲葉氏の本もそのように感じましたが...。

アドバイスはありがたいですが、私は自分でいろいろと情報を集めて判断をしたいと思います。
by Simple (2011-01-30 23:57) 

オリオン

佐伯祐三のパリ日記の編集者も後悔しています。すべての佐伯資料、裁判記録、新聞記事、何度ものパリ調査、落合氏の本すべて調べた結果です。吉薗明子が週刊誌の記「あはは、、今回はやられっぱなしで、、佐伯さんのことは知らないんです。」と自ら否定しているのです。
恥をかいた評論家、大家は今でもその名が残されています。いい加減なことを書くと
恥を後世に残すことになるのです。
by オリオン (2012-01-15 23:41) 

Simple

オリオンさん

書きこみありがとうございます。
私もオリオンさんご指摘の佐伯関連の資料は一通り読んで自分で判断しています。
今回の原発事故の報道を見てもマスコミ、週刊誌は真実を書かない、売るためにセンセーショナルな記事にするということを痛感しましたので、ほとんど信用していません。
Webで検索してみると、オリオンさんは2chや他の方のブログにもコメントをたくさん付けているようですね。2chでも指摘がありましたが、他の人のブログに書くのではなくご自分のブログあるいはホームページで意見を書かれた方が良いのではないでしょうか?
by Simple (2012-01-22 18:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0